Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

途中から読み始めてくださった方へ...物語は2012年にスタートしています。Hatenaブログさんと出逢って、Mrs.Sugarの物語を引き継ぎました。物語の始めは「小さな物語」にあらすじが書いてありますので、良かったら読んでみてください。にゃん亭CafeのHPは、プロフィールから入れますので宜しくお願いいたしますね♪

又々、皆の話が面白いわ。。。笑

順調に毎日決まってアルバイトに来てくれているようです。
試験とか、学校都合優先で、アルバイトもは大変でしょうが、まぁ各自の調整は自分でやってもらってですね。日に日に腕が上がっていくようで、若い人は良いですね!のみこみも早いし、スピードも速くなってきましたよ。

f:id:nyanteicafe:20150305084609j:plain

 

ミント*焦らなくても良いから、丁寧にはずっと忘れないでね。

ポプリ*そうよ、そして時々他の人の針目を見て、揃うようにね。

アンジェ*そうやって後ろから見ていられると、プレッシャーなんだけれどぉ・・・
ポプリ*貴女が一番お調子ものだし、慣れている分気をつけてね。
アンジェ*はーい!先生。
フエン*アンジェは本当に見かけに寄らず何でも出来る~凄いわ!女性の仕事も、男性的な仕事もなんだから・・・
アニー*そうそう、昔からカエルとか触るの平気だったし、木登りも上手いしね。
アンジェ*それって誉めているとは思えないわよ。

ミント*そう言えばスカート穿いているって言うだけで、セージ達と小さい頃から良く走り回っていたわよね。それも泥んこになって・笑

f:id:nyanteicafe:20150305084635j:plain

 

アニー*そう言えば可愛いドレス着ているのに、男らしくもあったわね。イリスとフエンが2人小奇麗で大人しい遊びしているのよね。
フエン*でもね、イリスはセージがいたら一緒に遊びたかったのよ。でもメースとかが居ないと、私一人になるから、傍に居てくれたのよ。

アニー*あらそうだったの?
フェン*そうよ!イリスは何でも考えてから行動派だから・・・
アンジェ*そうね、答えに困る事問い詰めると、返事に困って、嘘もつけないから、涙ポロポロ~♪ AHAHAゝゝゝ思い出したわ。
奴は涙でごまかし、セージは逃げ足の速さと笑ってごまかすって、正反対の解決方法。

アニー*メースは出会ったときはもういつも本を持ち歩いて、公園で遊んでいても誰かと話したりもするけれど、本読んでいるのよね。イリスを時々慰める時も、本を読みながら手だけで、イリスに良い子良い子してね・笑 
皆*そうだったぁ~イリスがムッとした顔するのよね・大爆

f:id:nyanteicafe:20150305084656j:plain

MAMA*あらぁ、皆さん盛り上がっているわね♪
ミント*皆の昔話をしているのよ。
ポプリ*昔話と言っても、ほんのひと昔前ですけれどね・笑
MAMA*若いとひと昔って言ったら、子供だった時ね?
ミント*私は今のこの子たちに近い年の高校生だったわよ。
全員*そうだけれど、怖いくらいに綺麗だったわぁ。。。
ミント*又々そんな事言っても何も出ないし、仕事の手加減はしないわよ。
アンジェ・アニー・フェン*よーく判っていまーす。
MAMA*あらっ!どなたかいらしたかしら?外で音が・・・
皆*シーーーツ!

 

              * * * * * * * *
どうやら、日に日に順調に和やかにアルバイトさん達は、お仕事してくれいるようですし、本当にCafeは活気づいてきましたね。
若い人の参加は将来的にもOKな結果になりそうです。
外注さん達にも、お仕事を安定してお願いするようになり、主婦で子育て中の外注さん達にも喜ばれて、良かったわぁ・・・