Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

さて、ミニガーデンでお茶しましょぉ~♪

今日は晴れて風もないので、ミニガーデンでお茶は気持ちが良いのですぅ。
温室にしたのが大当たりで、まさかこんなに関わりの深い人達が集まってくるとは思いもしなかったのですが・・・
若いジェントルマンに気をとられて、お仕事が進まなくても困りますから、外でお茶にしました。

f:id:nyanteicafe:20150322112131j:plain

 

イリス*君はメガネがに似合うじゃぁないか!
エルダー*ここ数年目が疲れると思ったら、少し近視と乱視が入っていたんだよ。お爺さんが同じだったそうだから、隔世遺伝かもな。

イリス*まぁ目は酷使するしね。

エルダー*慣れるまでメガネは鬱陶しいんだけれど、コンタクトも試したけれど、イマイチ何で、必要な時に眼鏡使う事にしたんだ。
ポプリ*エルダーお腹が空いていない?良かったらお菓子もあるわよ。
ミント*そうそう、ポプリさんのお菓子は甘過ぎず、無農薬だから美味しいわよ。
エルダー*あっ!ありがとうございます。せっかくですが、今日は僕ランチが遅かったので、又今度いただきに来ます。

ポプリ*そう、それでは又気軽にいらしてね。

f:id:nyanteicafe:20150322112138j:plain

エルダー*あのぉー、ポプリさんは以前スエーデンで学校の先生していた事ありませんか?
ポプリ*あるわよ。姉妹校が何か所かある学校でしたけれど、スエーデンの高校に暫く行った事があったわ。
エルダー*僕その時にポプリさんの保健関係の授業、大教室で受けた事あるんです。選択科目でだったので、数回ですが・・・
ポプリ*あらそうだった?もしかして、アリストテレス君?
エルダー*そうです。わぁ~覚えていてくれました!今もですが、啓蒙しているのが、アリストテレスだったので、ニックネームになってしまったんですよ。
ポプリ*ずいぶん大人っぽくなっているから、ちょっと判らなかったけれど、女の子にモテモテボーィだったから、何となく覚えていたわ。
授業の前後、貴方の後を女子学生がついて歩いていたでしょう?席の周りも女子学生ばかり座っていて・・・
セージ*嘘ぉ、そうだったんだ。
イリス*そう言えば今だって、キャンパス内では、結構女の子が注目しているような話聞いた様な?
セージ*そうなんだぁ、俺が会う時はジムや図書館か、レガッタ部だから、女子が居ないはずだよな。君はプレーボーイなんだぁ・・・
MAMA、ミント*あらまぁ~そうだったの?そうよね、色が白くて、綺麗な髪しているし、女の子に好まれそうな、繊細な感じですものね。
ミント*生まれついてのジェントルマンと言う感じよね。

f:id:nyanteicafe:20150322112150j:plain

 

MAMA*そうね、ちょっと大人っぽい感じも魅力的だわねぇ~
エルダー*止めてくださいよポプリさん!昔は若気の至りで、女子と付き合いましたけれど、大学生になった今は同性の友達や、研究仲間と居るのが、楽しいですよ。気を使わなくて良いしね。
イリス*そうだよな、女の子は気を使う事多いからね。メィスやアンジェ達だけで十分さ!
セージ*俺達と同じ年だろう?
イリス*お前は月で考えたら一番若いんだよ。確かエルダーとは、ぎりぎり1歳違うんじゃぁなかったっけ!メィスと同じ歳って言ってたよな?

エルダー*そうだよ、初秋生まれだからね。

セージ*チッ!1年なんて大した違いじゃぁないさ。
ミント*セージ、チッ!なんて言うのじゃないの!下品だわよ。赤ちゃんの時は、1年は凄い違いだけれどね・笑
MAMA&ポプリ*私たち世代になると数歳の違いは全く関係ないわよね。AHAHAゝゝゝ
MAMA*そう言えば、他の人達もですけれど、日本だと両親等の国が違う子をハーフとかクォーターとか言うけれど、皆はあまり言わないのね。
ミント*そうね、大昔はゲルマン民族とか、色々言ったかもしれないけれど、こだわって考えないわよ。日本が特殊なのではないかしら?
MAMA*国によって徴兵制とかあるんじゃぁないの?
セージ*今はかなり廃止されてきているし、一定の成績をとっていたら、免除になる国が多いはずだよ。
ポプリ*Cafeのあるところは、自然に一定の成績保持者や、適合性を持っているものしか入ってきていないから、治安もよいし、親も安心して移住させるのよ。
結局はこの国に居続けられなくて、異分子は自然に出て行ってしまうようだわ・笑

 

            

         * * * * * * * *

新しいお客さんのエルダーを迎えて、お茶しながら雑談は、色々な国事情も聞けたりして、目からうろこですね。
この調子で行けば、ボケることはないと思うのですけれど・・・♪