Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

途中から読み始めてくださった方へ...物語は2012年にスタートしています。Hatenaブログさんと出逢って、Mrs.Sugarの物語を引き継ぎました。物語の始めは「小さな物語」にあらすじが書いてありますので、良かったら読んでみてください。にゃん亭CafeのHPは、プロフィールから入れますので宜しくお願いいたしますね♪

仲良し姉妹が揃うと話も弾むようで・・・♪

仲良し姉妹と一番下の長男の会話は、ちょっと耳ダンボで聞いていると、とっても楽しいのですが、お姉さん達の思いと、弟と言うのは、又思いが別なようですね。

けして仲が悪い訳ではないのですが、大人になりかかっている男の子にとっては、世話をやかれることが多くなって、ちょっと迷惑な気分もあるようです・笑

f:id:nyanteicafe:20150504072753j:plain

ミント*で、仕事は何時からなの? 

マルベリー*ご挨拶は1週間くらいしてから行って、準備してから出勤だから、10日位してからだと思うのよ。そうそうイリス、久しぶりね。元気かしら?

イリス*はい元気ですよ。

マルベリー*えーと!メィだったかしら?双子ちゃんの本の虫のお姉さんもお元気?

イリス*いえ僕たちは年子なんですよ。メィはもうの凄く元気そうですよ。本の虫は相変わらずですし・・・

マルベリー*AHAHAHA、、、学者御一家ですから、ご両親自慢の姉弟さんですものね。

イリス*そんなことないですよ。今の学校は吃驚するくらい、頭の良い奴が沢山いて、、、

f:id:nyanteicafe:20150504072801j:plain

 

セージ*ところでマルは何処の学校に転勤になったの? 

ミント*そうそう、聞いていなかったわよね。

マルベリー*あらっ!ミントに言ったじゃぁない。アートカレッジの舞台美術を教えるのよ。

セージ*じゃぁマルも覚えているかもしれないけれど、幼稚園から一緒の友達のアニーが舞台専攻しているんだよ。

ミント*そうよね!赤毛のアンみたいな、赤毛の女の子よ。

マル*うーん、会ったら判るかもだけれど、どうかしらねぇ・・・まぁ、今は明日くらいから、部屋探しもしなくちゃぁですし、近所をちょっと散策してみないとね・笑暮らしやすそうで良いわぁ・・・ところで、あなた達がこちらでお世話になっているMAMAさんにご挨拶したいんだけれど?

ミント*それがこの所忙しくて、今日は留守なのよ。マルの事話してあるから、タイミング良い時に会えば良いと思うわ。

f:id:nyanteicafe:20150504072810j:plain

 

          * * * * * * * *

と言う事で、流石ミントさん達のお姉さんはとても賢くて美人さんだし、素敵な先生と言う感じの方ですね。
上品な感じですが、性格は明るくて仲良出来そうな方で良かったわぁ♪