Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

途中から読み始めてくださった方へ...物語は2012年にスタートしています。Hatenaブログさんと出逢って、Mrs.Sugarの物語を引き継ぎました。物語の始めは「小さな物語」にあらすじが書いてありますので、良かったら読んでみてください。にゃん亭CafeのHPは、プロフィールから入れますので宜しくお願いいたしますね♪

1泊バスツァーも終わり、帰国です。

泊まったホテルは何と涼しいはずが、一晩中暑くて寝苦しくて、私は完全に睡眠不足で何時もの時間に目が覚めました。起きると直ぐに、カーテンを開けて外の様子を見てみたら小雨が降っておりました。早起きのセージも直ぐに起きて来て・・・私はカフエオレを飲みビスケットをつまんでちょっとホテルの外に出ました。小雨模様ですが、出来たらお散歩くらいしたい気分で・・・

       ❤~~~~~~~~~~~~~~~~❤

 

f:id:nyanteicafe:20150726111351j:plain

セージ*MAMA外に行くの?

MAMA*うーん!ちょっとだけ空気吸いにね。行く?

セージ*もちろん。朝の空気は気持ちが良いもん。

MAMA*やっぱり散歩に出るには傘ささないと駄目みたいね! 今日は庇があるから、ここでちょっとだけ過ごしましょう。

セージ*良く眠れなかったんじゃぁないの?

MAMA*そこそこに寝たけれど、暑くてねぇ・・・暑くなかった?

セージ*暑かったぁ・・・

MAMA*涼しさを求めてきたのにね!むふふふ、、、さぁて、お部屋に戻りましょうか!
f:id:nyanteicafe:20150726111403j:plain
アンジェ*MAMAおはよぉー♪ 散歩に行ったの?

MAMA*おはよぉ~小雨が降っているから、散歩には行けなかったわ! 良く眠れた? 

アンジェ*暑かったけれど、よく眠れたわ。私って何処でも眠れるのよ。MAMAはちょっと睡眠不足って感じかしら?

MAMA*当たりぃ~御肌にわるいわぁ・・暑いのは苦手なのよねぇ。

イリス*アンジェは爆睡していたもんね。
f:id:nyanteicafe:20150726111417j:plain
アンジェ*そうだったぁ?イリスだって良く寝たって感じじゃぁないの!


イリス*途中で俺はお前の手でぶたれて目が覚めたんだよ。

ねぞう悪いんだなぁ~ 枕はずして腕を思い切りあげるから、顔をぶたれて目が覚めたんだよ。眠いから又寝ちゃったけれど・・・
f:id:nyanteicafe:20150726111433j:plain
アンジェ*あらそう? ポプリにねぞう悪いって聞いてたけれど、でも起きる時はちゃんとしているのよ。それは失礼
! AHAHAゝゝゝ 

イリス*今日はこれじゃぁ雨の1日になるのかもね。よく降っているよ。
f:id:nyanteicafe:20150726111446j:plain
MAMA*残念だわぁ・・・お天気なら素晴らしい景色が見られたのにねぇ・・・。
私は雨なら雨で写真撮ったり、眺めたり楽しいんだけれど、あなた達は初めてですものね! 

セージ*別にいいじゃないの! MAMAの言う通りに、雨だからこそ出会える良い事もあると思うから・・・

イリス&アンジェ*そうそう、気にしないで! MAMAのその考えを以前聞いてから、どんな日も楽しく過ごせるって気になったもの。

MAMA*そう?それなら良いんだけれどね・笑  さて、忙しないけれど、もう直ぐ出発時間になるから、行きましょうか! 忘れ物ないわよね。
f:id:nyanteicafe:20150726111501j:plain

 

アンジェ*此処が上高地なのね!雨にぬれて緑が綺麗だわぁ・・・別世界のようだわ♪

 

イリス*日本は雨の国って言うからね。でも雨がだんだん凄くなってきて、本当に煙っていて遠景は見えなくてミステリアスな感じだなぁ。。。

f:id:nyanteicafe:20150726111527j:plain

アンジェ*本当に、物語の中の世界に居るようだわ。

セージ*落ちてくる雨を見ていると、変な気分になるよ。本当に上高地に居る自分が不思議なような・・・こんな土砂降りの雨にも、余り出あった事ないと思うなぁ~

 

MAMA*台風が来ているから、その影響もあるのかもしれないわ。

f:id:nyanteicafe:20150726111515j:plain

セージ*雨の音も何だか心に残るような音楽だよね! まるで何かが始まるBGMみたいにも感じるなぁ。。。

MAMA*皆ロマンチストなのね・笑 私も雨音って好きだけれどね♪

f:id:nyanteicafe:20150726111541j:plain
イリス*アンジェ、今回は俺ちょっとその気になってきたような気がするよ。アンジェの事今までの中で、一番好きだって感じたもの。

アンジェ*そう?良かったわ。私はイリスがその気になってくるまで、ゆっくり待っているから・・・この緑の世界が、とてもロマンチックな気分にさせてくれるわ!でも、イリス此処は日本だから、私も今貴方にチュッってしたいけれど、辞めて置くわ!日本人が見たら吃驚しちゃうでしょうからね。
f:id:nyanteicafe:20150726111555j:plain
イリス*うーんチャンスなのになぁ・・・でも本当に、カップルが沢山いるのに、肩を抱いている人さえほとんどいないもんなぁ~。なんてぇ国なんだろう。

アンジェ*AHAHAHAゝゝゝ これからは、幾らでもチャンスがあるようになるわ!でも、世界には色々な習慣の国があるからね。 きっとここの国の人の愛情表現は、別の方法があるんじゃぁないの?  私も今回は、イリスとずっと一緒に居たい気分よ。早く帰ってきて欲しいなぁー。

イリス*俺も同じ気分だよ。大学回ってちゃんと手続きして、外にばかり出ていかなくても良いような手続きをとってくるから・・・セージから、色々教わったからね。セージもCafeを離れたくない気分みたいだしぃ・・・

アンジェ*そんな感じよね。幸せな様な、ずっと黙って過ごすのは苦しいでしょうし、ちょっと可愛そうね。良い方法があるといいんだけれど・・・
f:id:nyanteicafe:20150726111609j:plain
MAMA*セージ、雨にぬれた緑って、又とってもファンタスティックだと思わない? このウインドウの中が又もう一つの世界みたいだわ♪  綺麗な山を見せてあげられなかったけれど、素晴らしい雨の景色を見たわぁ・・・

セージ*うん、月並みなことばだけれど、俺は今凄く満たされた気分になっているよ。 このまま時が止まればいいのにって気分がするよ。

f:id:nyanteicafe:20150726111624j:plain

MAMA*でも、きっと時は止まらないから良いのよ。今の事は今だけだから、その時が大事なんじゃぁないかと思うんじゃないかしら! アメリカに行ったら、今出来る事を楽しんでくると良いわ♪同じ瞬間はもう無いんだからね!

せっかくだけれど、もう出発の時間が近くなってきたから、バスに戻りましょう。
そして、明日の為に現実に戻って! レッツゴーよ! 
若い人みたいに、年寄りは何時までも今の時間にはとどまれないのよ!

       ❤~~~~~~~~~~~~~~~~❤   

と言う事で、又あわただしくバスに乗って、飛行場に向かって戻ってきましたら、途中から天気も、嘘のように出発した時に逆戻りしたかのように晴れて来て、飛行場についたら、暑くてムシムシした夜に戻ったのでした。

出発時間も直ぐにでしたので、バタバタと現実的な元の世界にもどり、2人の若いジェントルマンはアメリカに飛び立ち、私とアンジェはCafeに戻ってきたのでした。後暫くしたら、Cafeも夏休みです。

実は今日はセージ君の19歳の誕生日です。

アメリカに向かう飛行機の中で、偶然だったけれど、今年の誕生日は素晴らしいプレゼントもらったと言う感じで、一人ニンマリしたのです。セージ君はスキップしてイリスたちと同級ですが、一番年下なのです。