Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

若いって、手早くもあるのよねぇ・・・

色々音が聞こえてきましたが、あえて私は顔を出さずに、部屋で音楽聞きながら過ごしました。
出て行っても、足手まといにしかなりませんしね。
お任せが宜しい様で・・・彼らもその方が創意工夫して、やってくれるでしょうしぃ。
私は最近とってもお気に入りバンドの音楽をネットで見ながら、一人エキサイトしています。これがめっちゃ魅力的ロックバンドで♪考えたら、私世代が一番ロックしている人生を送っているかもですね。

f:id:nyanteicafe:20150805075028j:plain

セージ*何のんびり座ってるんだよ! はい立ち上がれ、イリス君。レッツスタート!

イリス*まぁよくそうシャーシャーとした顔で言えるよ。俺が先に誘いに来たんだぜ!まったくお前って何時も調子良いんだからなぁ・・・
f:id:nyanteicafe:20150805075059j:plain
セージ*ところでさぁ、イリス夏休み中はどうするつもりなんだい? 帰国して家族と過ごさなくても良いの?

イリス*メィスが夏休みで研究室が空いている間に、やりたい事があるからって言うから、俺もこちらに居る予定だよ。
メィスが、セージもそうだって言ってたから、ちょっと詰めてやりたい事があるんだって!
f:id:nyanteicafe:20150805075120j:plain
セージ*当たりぃ~・・・夏休み中に荷物を研究室に運んでも良いって言われたから、ここの雑用が済んだら早速教室は引っ越しして、やりたい事を始めるよ。
近いうちにメィスとミーティングする予定だから、お前も出来れば一緒に来て欲しいんだよ。

イリス*そうだったんだぁ、もちろんだよ!

セージ*デートは合間にだね。

イリス*ほっといてくれ!アンジェは理解があるんだから・・・
f:id:nyanteicafe:20150805075131j:plain
セージ*あらっ、そうなの!OHOHOHOゝゝゝ、、、、さぁ行くよイリス君。

イリス*判りましたセージ君。

セージ*俺は材料チェックするから、お前そこらへんを片付けてよ。
f:id:nyanteicafe:20150805075147j:plain
イリス*OK、図面は此処に置くからね。

セージ*
昼までには塗装も終わらせたい予定なんだ。

イリス*材料さえ完璧に揃っていたら、組み立てだけだから、大丈夫だろう。
あの業者はきちんと仕事してくれるから、大丈夫だと思うよ。

セージ*俺達の研究もそう言われるようになりたいもんだよな!
メィスやお前はさ、アスタマニアーナの血が入っているから、心配だったけれど、人に寄りけりだったね。

 

イリス*それはさ、多分ヒスパニック達の事だと思うけれどなぁ・・・言語が同じだから誤解されるようだけれど、、、

セージ*それでも、やっぱり俺達から見たら、一般的には情熱的言動が多いし、何処か違う様にみえるけれど、メィスとお前は例外かもね・笑

イリス*メィスは結構惚れっぽいんだよ。でもね、男は飽きるけれど勉強は飽きない恋人なんだってさ!
自分の想いをきちんと受け取って返してくれる相手なんだって!でも、まだ判らないけれどね・笑

セージ*運命の人に出会ったら、凄かったりして!
AHAHAHAゝゝゝ、、、、ちょっとした見ものだね。

イリス*お前だから許すけれど、一応俺の姉なんだぜ。お前の国はシニカルな事を言う奴が多いんだよな・・・

セージ*それも偏見ですね。MAMAなんて、日本人だけれど、簡単明瞭じゃないの?

イリス*AHAHAHAゝゝ、、、確かにぃ。

f:id:nyanteicafe:20150805075218j:plain

 

            * * * * * * * *

いよいよ本格的作業が始まったようですが、ボソボソとした話声ですが、和やかで楽しそうな雰囲気です。学校では機械やコンピューター相手に、なにやらロボット?だとかエンジンとかを使って医療機器を作る研究をしているらしいのですが・・・

その研究が高く評価されて、大学院生になったようなので、学校としても期待の星だと人づてに聞きました。
でも私にとっては、それも嬉しい事ですが、可愛い良い子達で家族みたいなものですから、健康第一でお勉強程ほどで、今しか楽しめない事も学生のうちに体験して欲しいなぁ・・・て思うのですが、これは多分狭い世界での考え方かもですね。
暮らしを楽しむのは皆上手なようです♪