Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

途中から読み始めてくださった方へ...物語は2012年にスタートしています。Hatenaブログさんと出逢って、Mrs.Sugarの物語を引き継ぎました。物語の始めは「小さな物語」にあらすじが書いてありますので、良かったら読んでみてください。にゃん亭CafeのHPは、プロフィールから入れますので宜しくお願いいたしますね♪

又々突然ハネムーンという事で、予約されていたホテルに一泊

こういう出来事に関しては、まだまだ若いセージ君ですから、珍しく一人ブツブツ言っております。なにしろ、やっと両親のラブラブシーンの後に、勢いで初kissをしたのですから! 
相手が相手なので、若いの同士のようには事が運べなかったのですね・笑

そして相手のSUGARMAMAは結構暢気に構えて、気まぐれですし出たとこ勝負OKなところもあるのです。負けずに穏やかで明るいセージ君ですが、今回に関してはちょっと神経質になっています。

f:id:nyanteicafe:20150831104758j:plain

セージ*さぁ行こうね。Suga本当に次々に想定外でごめんね! なんて言ったら許してもらえるのか・・・。

不快だったら本気で殴っても良いから、これに懲りて嫌いにならないで欲しいんだ。うちの家族はちょっと変わってるから・・・


SUGARMAMA*セージったら意外と心配性なのね。 あなたが選んだ相手はそんな事で心変わりする相手だったの? 第一私が一番好きになったのはセージであって、その家族は大事だけれど、その次よ。せっかくなんですから、今日はゆっくりホテルで過ごしましょう♪ 私達突然だけれど夫婦になったんでしょう?私はセージに任せたのよ。 もし別れるなら今の内よ!

f:id:nyanteicafe:20150831094844j:plain

セージ*別れるなんて冗談じゃぁないよ。Sugaそう思ってくれて凄く嬉しいよ。俺は結婚したいって言ったんだから! じゃぁ予定外だけれど、ホテルに行ってゆっくり話などしようか・・・考えたらまだ、そんなにゆっくりと話だって、していないものね。

 

SUGARMAMA*そうよ、まだカップルとしてはスタートしたばかりですものね。お互いになんとなく忙しかったしね。

f:id:nyanteicafe:20150831105318j:plain

セージ*うちは昔から、何かというとこのホテルを利用していたんだよ。でも俺は子供だったからそう何度も来ていないけれど・・・落ち着いたホテルだよね。凄い古いホテルなんだよ。

 
SUGARMAMA*有名ホテルですものね。 私も旅行で来たときは、違うホテルだったわ!名前は忘れちゃったけれど、コヴェントガーデンが楽しかったから、その近くのホテルだったわ。その時にねコン◎ンショップで買ったバックはまだ使っているし、マ◎ベリーのバッグも未だ健在で使ってるわよ。 セージより年上のバッグだわ・笑 AHAHAHAゝゝ考えたら、本当にセージって若かったのよね!

 

f:id:nyanteicafe:20150831105953j:plain

セージ*バッグと比較するのはやめてくれる? レースの手袋も取ってよ。Sugaの温かい手は直に触れたいから・・・

 

SUGARMAMA*バッグと比較するわけじゃぁないけれど、UKの物は手入れさえちゃんとすれば、物凄く丈夫で長持ちするのよね・笑 セージの事もせいぜい手入れして使わないとね。

 

f:id:nyanteicafe:20150831110319j:plain

セージ*何だかその言い方、考えたらうちの家族になるべくしてなったみたいな・・・恐ろしい血筋だったりして! でもNow loves you more than yesterday.


SUGARMAMA*私もよ。本当に優しくて、何時も支えてくれて、ありがとう。皆さんの前で誓った通りよ。


セージ*今日はここでゆっくり過ごすけれど、俺たちの本当のハネムーンはもう少し先に、俺が想う時にしたいんだ。予定外のお仕着せハネムーンは嫌なんだよ。その時は式もちゃんと挙げてね。でもまだそれはもうちょっと先になるけれど・・・それまで、お預けになるけれどね。


SUGARMAMA*まったく問題ないわよ。


セージ*じゃぁ、今日は早めにシャワー浴びたら、何時ものようにゆっくり、マッサージして、疲れを取って早く寝よう! 明日は仕事だからね。勝手に急に来ちゃったから、イリス達きっと心配しているよ。

 

SUGARMAMA*そうね!マッサージの途中で寝ちゃうかも・・・

セージ*うん、今日はずっと一緒だからいつでも寝ちゃっていいよ! 今日は両親の濃厚なラヴシーンのお陰でリアルkissしちゃったんだから

        ❤Chu!(^▽^(^▽^*・ LOVE❤❤

(と言う事で超健全で健康的な歳の差カップルの一応ハネムーンとなり!いつも通りの2人とも早寝早起きとなりました。あえて言えば毎夜交わされるじゃぁ又明日ね!と言う別れ言葉がなく、同じベッドで眠って、朝一便でCafeに戻っていったのです)

 

 

f:id:nyanteicafe:20150831112721j:plain

SUGARMAMA*やっぱりCafeに帰ってくると落ち着くわぁ~


セージ*はい、お疲れさまでした。これでもうややこしい事は、俺が連絡したら、やってくれるから、もう戻る事はめったにないよ。

f:id:nyanteicafe:20150831113757j:plain

ポプリ*あらっ!!!帰ってきたわ♪ 結果どうだったかしらね。

 

アンジェ*もちろん悪くなかったでしょう!

 

イリス*なんで見ただけでわかるんだよ。

 

アンジェ*だって2人とも凄く幸せそうじゃぁない?

 

f:id:nyanteicafe:20150831114113j:plain

イリス*本当にそうだといいんだけれどなぁ~セージの家のお婆さん怖いんだぜ!何たって自由で良いんだって言っても、あいつは長男だしなぁ~。

メィス*イリスったら心配性なんだから。そうだったとしても、とりあえずの結果は悪くはないんじゃぁないの。

f:id:nyanteicafe:20150831114500j:plain

ポプリ*そんな感じね!本当によかったわ。


イリス*そうかぁ、よかったそんな感じだね。ほっ! 一件落着だね。

f:id:nyanteicafe:20150831114810j:plain

SUGARMAMA*皆ごめんねぇ~。ただいまぁ・・・


皆*おかえりぃ・・・


ポプリ*疲れたでしょう。さぁ早く座って!

f:id:nyanteicafe:20150831115037j:plain

SUGARMAMA*イリス悪かったわね! 大変だったでしょう。

セージ*サンキューイリス。


イリス*大丈夫だよ。心配はしてたけれど・・・

 

f:id:nyanteicafe:20150831115312j:plainポプリ*もうね、イリスが凄く心配しちゃって、落ち着かなくて大変だったのよ。

 

メィス*電話もらってから、動物園の熊みたいに、部屋を行ったり来たりで・・・

 

アンジェ*今朝も早くに家に来て、また行ったり来たりしっぱなしでね。

 

セージ*連絡しなくて悪かったね。まさか一泊することになるとは思わなかったしね。でも万が一って事もあるから「帰ったよ」って連絡がなかったらって頼んでおいたんだよ。

 

f:id:nyanteicafe:20150831115842j:plain

イリス*そういうところお前って、何時も必ず万が一対策するよな。


ポプリ*でも大事なことだわ! 見習わないとよ。おかげで今朝はいつも通りにスムーズに開店できたしね。

f:id:nyanteicafe:20150831120144j:plain

ポプリ*それで、お付き合いの事は皆さん認めてくださったの?


SUGARMAMA*えぇ、お陰様で、お婆様ともお話しできたし、ご両親ともお会いできて!


メィス*MAMAが一緒にそのドレスで行ったってことは、セージの希望通りに婚約とかになったのね。

f:id:nyanteicafe:20150831120551j:plainセージ*もう結婚したんだよ。3ヶ月俺が捨てられなかったら、連絡したら、直ぐに入籍手続きを取るからってことになったんだよ!


皆*えぇーーー! それは又スピーディに話が飛んだんだぁ・・・

 

f:id:nyanteicafe:20150831120821j:plain

セージ*で、帰りが今日になったのは、話の後はリ◎ツでハネムーンが待っていて、泊まってきたから帰りが今になったんだよ。

 

皆*わぁ~もう目がテン!!!.☆.+:^ヽ(∇ ̄*)o♪Congratulations♪o(* ̄∇)ノ^;+.☆.なんだぁ・・・
めでたいことだけれどヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ !

f:id:nyanteicafe:20150831121420j:plain

セージ*まってよ!誤解しても別に良いんだけれど、俺たちは今まで通りだから、変に気を回すなよ。 イリス嫌な目つきでみるなよな。いやらしい。
さぁて、それよりSuga着替えて楽な服になろう。

SUGARMAMA*そうね。たまには良いけれど、ずっとこの服って言うのは疲れるわ・笑

       ❤~~~~~~~~~~~~~~~~❤

と2人は皆に微妙中途半端な気持ちを残して、着替えに各部屋に戻っていきました。

それにしても、イリスは本当にセージの事を心配していたようで・・・持つべきものは良い友ですね。