Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

途中から読み始めてくださった方へ...物語は2012年にスタートしています。Hatenaブログさんと出逢って、Mrs.Sugarの物語を引き継ぎました。物語の始めは「小さな物語」にあらすじが書いてありますので、良かったら読んでみてください。にゃん亭CafeのHPは、プロフィールから入れますので宜しくお願いいたしますね♪

1っ歩前進しました(^^♪

今日は又MAMAは超特急で退院準備も忙しくです・・・
Drローソンの話を聴き終わって、セージの病室に向かいました。ガラス戸越しに見た彼は、今まで見た事がないくらい、元気がありません。
だから入院しているのですが、病状を聞いていなかったら、物凄く心配になってしまう様子です。
でもそこは年の功の MAMAですし、実は介護経験もありの仕事もしていました。
何時も” C'est la vie”(人生とはそんなものさ)と生きてきた人ですから、まっ
たく動揺はしていません。本当に重病だったら又違いますけれどね。いやいや、セージ君の心は重病だったんですね。

     💕~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20150913131843j:plain

(コンコンコンコン)
MAMA*セージ、起きているかなぁ?入るわよン。

セージ*何で俺の部屋に入るのに、そうやってことわるの?俺達って他人なの?

f:id:nyanteicafe:20150913131903j:plain


MAMA*あっ!ごめんつい今までの癖なのよね。
Dr.ローソンに話聞くまでは本当にびっくりしたわよ!でもDr.ローソンから様子聞いて、なんて
おバカさんって思ったわ! 
ゆっくり話す暇なく今まできちゃって、セージも突然の色々で気疲れしたん
でしょう?


セージ*俺は家族の事知ってるから、突然にには慣れているから・・・でも、ごめんね。心配してくれたんだぁ・・・(ニコッ)

f:id:nyanteicafe:20150913131929j:plain


MAMA*私に気を使ってくれたから、疲れちゃったのよ。学校も今までになく忙しくて、ずっと
走りっぱなしみたいだったものね。
私が気が付かないといけない事だったのよ。でもまぁ、私の事はセージはある程度解っているとは思うけれど、ってこれが良くないのよね。
これからはもっと何でも言い合わないとね。


セージ*。。。。。。Now loves you more than yesterday❤

f:id:nyanteicafe:20150913132026j:plain


MAMA*むふっ!私もよ。これからは、朝の挨拶にNow loves you more than yesterday❤って言うわ♪
今日は1日ここにお泊りだけれど、明日は帰ろうね。私ね、セージに相談しなかったけれど
サプライズを用意しているのよ。
悪くないと思うんだけれど、まぁ見てみて良くなかったら、後から2人で変えれ
ば良いかと思って!
もう少ししたら、着替えも取りに行きたいし、一回Cafeに帰るけれど、今夜は私もここにお泊りしたいんだけれど良いかしら?
今まで一人でいたのに、セージが来てからは、不思議と一人でいるのは、何となく心細しぃ。でも一人で寝ていたいなら、Cafeに帰るけれど・・・

 

セージ*凄い意地悪な事言うんだね。決まっているでしょう?ここにSugaが居た方が心配じゃぁないしぃ。
ただ今みたいに頭がボンヤリしているのが残念だけれど、でも側に居てほしい。

 

MAMA*じゃぁ後でちょっとCafeに戻ってくるわね。本当にgrannyのおっしゃったとおりに、突然ってあるものよね。 
そうだそんなわけで、イリスとも話したけれど、ミントさん達には入院したこと言ってないのよ。

 

セージ*言わないでいいよ。面倒くさいんだ。

 

MAMA*うふっ!そうよね。でもまぁ、セージもこれからは一人で我慢ばかりしないで、なんでも話してよね。セージにに何かあったら、私の老後はどうなるの? 見てもらえなくなるわ・笑 出来れば未亡人にはなりたくないわぁ・・・

f:id:nyanteicafe:20150913132105j:plain

セージ*本当にそうだよね。絶対に死ぬまで一緒だよ。俺が死ぬときはSugaをちゃんと最後まで看てからにするから!

MAMA*当てにしちゃうわよ。そんな日はなるべく先にして、長く楽しく暮らしましょう。辛い時は一緒に方法を
考えてね。私ちょっと暗くなる前に戻って、大至急戻ってくるから、待っていてね。

セージ*うん、気をつけてね。

f:id:nyanteicafe:20150913132238j:plain


イリス*あっ!MAMAおかえりぃ。もうとっくに終わったよ。アンジェとメィスも手伝いに来たから。。。

 

アンジェ&メィス*セージの様子はどう?

 

MAMA*本当に助かったわ! ずいぶん早くに終わったのね。

f:id:nyanteicafe:20150913132259j:plain

アンジェ*うちを手伝いに来たとき、こんな風がいいなぁ~って言ってたから!後は相談して手直ししてね。

 

イリス*それでドクターはなんだって言ったの?

f:id:nyanteicafe:20150913132318j:plain

MAMA*うんあのね。lovesickness なんですって!

 

アンジェ&メィス*Oh, My Gosh !

 

イリス*やっぱりぃ、普通の病気とは思えなかったもの。でもさ、あいつはその他にも忙しくて疲れてもいたんだよ。

 

メィス*それでどうすれば良いんですって?

f:id:nyanteicafe:20150913132416j:plain

MAMA*今日は一応お泊りして、今は薬で落ち着いているから、明日帰ってくるわ。結局は若いのに彼はあれこれ我慢しすぎでストイックになっていたんじゃぁないかですって!
私が気が付いてあげればよかったんだけれど、忙しさにかまかけて今まで通りで過ごしちゃったのよ。


アンジェ*そうよぉ、私達からしたら今のセージは異常だわ!どこか故障していなかったら、こういうのが普通よ。

f:id:nyanteicafe:20150913132446j:plain


イリス*ンッ、、、、く、苦しい。。。


メィス*又やってるわ! って親しい間柄ではどうってことないのよ
。
国によって多少の差はあるけれどね・笑


アンジェ*だってイリスって最近凄く男らしくて、素敵になってきたんだもの。

f:id:nyanteicafe:20150913132519j:plain


メィス*MAMAだって、結構見慣れているでしょう?


MAMA*そう他人事なら視覚的には慣れているわ! でもこの歳になっても、私は経験不足でして。。。
高齢者のご夫婦見るとね、あらまぁ大変ねぇ・・・って思ったりしてね。


イリス*それはちぃとセージが可哀そうかもぉ。。。ホルモン欠乏症じゃないの?

f:id:nyanteicafe:20150913132804j:plain


メィス*でもこうしてお部屋も変えて、何時も一緒に過ごしたら、大丈夫よ。セージは本当にジェントルマンだし、MAMA
に合わせようと一生懸命ですもの。沢山沢山愛してもらったら、女性は若返るし、ホルモンバランスが良くなるのよ。ちょっと私それも研究し始めているのよ。子の2人は又節操がないところがあるけれどね。


MAMA*ありがとうね。じゃぁ私も着替えて、セージの着替えをもって今夜は一緒に病院へ付き添うわ。


イリス*ン、ンーンアンジェ苦しいって! 
MAMAそうしてあげて! 俺セージの気持ちがセツナイくらいに凄くよくわかるんだよ。いくらでもヘルプ出来ることはするしぃ・・・

f:id:nyanteicafe:20150913132839j:plain


MAMA*分かったわ! 深く考えるほどの事じゃぁないのよね・笑 
さぁ、私は今からセージと同じ家のアダムスファミリーになるわぁ~


イリス*それも怖そうな話だなぁ・・・笑

        💕~~~~~~~~~~~~~~~❤

と若者たちに励まされヘルプしてもらいながらも、大きく1っ歩前進でしょうか・・・

何かドラマチックな事がないと、前には進みにくい歳の差カップルですね。

イリスカップルのように、どちらかが強引な方が話はスムーズに進んでいくのかもですが、結果的にはどうなんでしょうね。