Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

💑物語は2012年にスタート!です。HP『にゃん亭Cafe』の「小さな物語」に2017年までのあらすじが纏め終わりました。昔のCafeの話が1年間ずつのページが出来上がりましたので宜しく。入口はプロフィールからです🎶

徹夜明けの日も又徹夜に・・・

今日の午前中は仮眠をとったり、ちょっと昨日のピリッとした雰囲気とは違った日になりました。
でも、今日で仕上がるとは思えません。
焦ってやっても、いい結果は出ないので、今日はちょっとペースを落として昨日の続きです。

ここまで来たら、途中で止めたくはないのが皆の気持ちですから、もう1日延長にしました。今まで通りの物ももう一日
端末機の様子を見たいとターナー達も思っています。

教授も時間は明日まで何とか取れるというので、相談した結果明日の午前中に終了と言う事にしました。

セージ君はと言うと、もう朝から昼間は時々とる休憩中にはMrs.Sugarにメールでやり取りしているようです。

仮眠も少し取りましたので、とりあえず元気に取り組んでいますが、Mrs.Sugarのラブパワーがないと、ちょっとパワー不足になりがちのようです。

彼にとっては徹夜で研究する事より、Mrs.Sugarと離れているストレスが大きいのですから、自分でも情けないと思いながらも電話やメールをせずにいられないようです。

    💛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160122163702j:plain

リヴェール教授/さぁて、今日もう1日頑張って明日の午前中には実験出来るようにしような! まだ不完全であっても3日間頭使って、手も使えば様子がよく解っただろうからね。今日はリラックスしながら、取り組みましょう。


セージ/シュタイナーさんこれでもう大丈夫ですよ。何処か押しちゃったんじゃぁないですか?明日まで見て問題なく作動していれば、この事態はOKと言う事ですよね。

f:id:nyanteicafe:20160122163928j:plain

リヴェール教授/どうだね、ジョルジュ君。

ジュルジュ/これで、明日まで10本完成させたら、後は皆がそれぞれ使ってみられますからね。色々なデーターが取れると思いますよ。 
教授も付けてみますか?

リヴェール教授/もちろんだよ。まずはそれを楽しみに待っているんだからね。

f:id:nyanteicafe:20160122164051j:plain

フランツ/う~ん、何とかエネルギー関係はを考えたいよなぁ.....。

エルダー/気長に取り組んでみれば、きっといい考えも出てきますよ。焦らずにとりあえずは、ここには入用な物が全部
揃っているから、時間いっぱいみましょう。


キール/これは今回だけじゃぁまだ無理だね。 でもスタッフは揃っているんだから、いる間に聞けることは聞いたり見たりしておかないとな!

f:id:nyanteicafe:20160122164144j:plain

リヴェール教授/ふんふんふん、そういう事ね。 これは固定観念が出来上がってしまう歳が行くほど思いつかないプランだよね。
やっぱり若いっていいなぁ。セージ君よぉ・・・これは君だからこそ思いついたことだね。
僕が君くらいの時は、まだ生意気盛りだったから、つっぱって派手な事をやりたいとしか思っていなかったものなぁ~

f:id:nyanteicafe:20160122164223j:plain

ミレーユ助教授/みなさん今日も8時ころまでは、何時でも食堂の方に来てもらえば、淹れたてのお茶もありますし、軽食なら用意できますからね。
セージ君、君は若いんだからもっと食べなくちゃぁ駄目よ。


セージ/あっ、はい。あまりお腹に入れちゃうとやる気がなくなって眠くなるんで・笑

f:id:nyanteicafe:20160122164327j:plain

シュタイナー/そうだよね。寝ていないから馬鹿食いすると、胃腸を傷めるから、ちょこちょこ摘まむ程度がいいよね。


ミレーユ助教授/君の奥さんみたいに巧くお茶を淹れられないし、私ね料理はイマイチ自信がないんだけれどね。

姉のマリアンヌはあれでも、料理はうまいのよ。
 

セージ/へぇ~そうだったんですか! じゃぁ教授はいつも美味しい物食べられるんですね・笑

f:id:nyanteicafe:20160122164520j:plain

ターナー/セージよぉ、これは結構性能がいいんじゃぁないか・・・心配しなくてもMrs.Sugarは結構今日はアクティブに暮らしているようだよ。

f:id:nyanteicafe:20160122164557j:plain

セージ/別に俺は心配なんてしていませんよ。彼女は早寝早起きで自然に規則正しいライフスタイルですから・・・風邪ももうよくなっているはずですし。

f:id:nyanteicafe:20160122164639j:plain

リヴェール教授/いいねぇ、うちはちょっと夜更かしなんだよね。妻は元気が良すぎるのが問題なんだよ。


シュタイナー/そういえば教授は今回みたいにチョクチョク泊まり込みもなさるんでしょう? 夫人は何も言われないんですか?


リヴェール教授/それはね、お互いに仕事を持っているから、調整してうまく合わせられるようにはしているよ。

でないと、よくあるようにすれ違い夫婦になってしまうからね。

男がいい仕事出来るかどうかは、僕は家庭にあると思っているんだよ。自分の妻を幸せに出来ない男は仕事もそれなりだよ。

f:id:nyanteicafe:20160122164839j:plain

ミレーユ助教授/姉はああ見えても、家に帰ると結構女性的なのよ・笑
家庭をとても大事にしているわ。

本当に仲の良い夫婦ですからね。もう熱々だわよ。目のやり場に困るくらいよ。私も見習わなくちゃぁって思うんだけれど、うちは夫が何でも出来る人ですから、お任せで巧くいっているのよね。ジョルジュ~💛


セージ/えっ!2人はご夫婦ですか?

ジョルジュ/あはっ!一応ね。俺が妻でミレーユ助教授は夫って感じかな・笑

f:id:nyanteicafe:20160122165038j:plain

ミレーユ助教授/リヴェール教授、少しお休みになるようでしたら、寒かったら毛布を仮眠室にもっと置いておきましょうか?

リヴェール教授/あぁ、そうだね。好きに使えるように、多い目に置いておいてください。

f:id:nyanteicafe:20160122165118j:plain

ミレーユ助教授/じゃぁ、みなさんも適当に仮眠とったりもしてくださいね。


ターナー/ありがとうございます。適当に使わせてもらいますよ。


セージ/あのぉ、ここはシャワーは使えないんですか? 


ミレーユ助教授/あぁそうね、スッキリするかもね。用意しておきますからみなさん自由に使ってください。食堂の奥に職員用のが
ありますから、シャワーだけならそこが近いですからね。

f:id:nyanteicafe:20160122165222j:plain

ジョルジュ/じゃぁシャワールームにタオルと、仮眠室には毛布をたくさん用意しておきますから・・・・

ミレーユ助教授/今日はお料理は私がやるわ・笑 凄い久しぶりに調理するんで楽しみだわぁ(^^♪

シュタイナー/助教授の手料理なんて、滅多に食べられませんね。記念日になるでしょう。

f:id:nyanteicafe:20160122165338j:plain

ジョルジュ/あまり期待しないでくださいね。料理。当たり外れがあるから・・

シュタイナー/えっ!そうなの? なんだか怖いなぁ・・・

f:id:nyanteicafe:20160122165413j:plain

シュタイナー/まぁこう言う時に美味しい物期待しない方がいいんだけれどね。
WanNyan研究所が出来たら、何かの時はMrs.Sugarの手料理が食べれたりしちゃって・・・美味しいて評判だからね。

f:id:nyanteicafe:20160122165448j:plain

リヴェール教授/ふぅむ、これはなかなか使い勝手がよさそうだな。患者が希望したら、手首に着けてもらうと非常に役に立ちそうだ。
すでにばらばらの測定器は出回っているんだからね。 これはSugar0(ラブ)と言う名前にでもしようかね・笑

f:id:nyanteicafe:20160122165557j:plain

エルダー/セージここに出来ているの1つちょっと良いかなぁ?

セージ/いいよぉ、ちょっと多い目に作るから、使ってなにかやるならやってみてくれよ。

俺のしていたリストバンドは、一応今の所まだちゃんと計測出来ているようだし、その新しく作りかけているのは、中を見てみてくれよ。途中までやっているんだよ。
ソーラと振動発電を組み合わせたものでやろうと思ってね。


振動発電を使えば色々な動作をするだけで発電出来るだろう?
まだ途中なんだけれどね。

f:id:nyanteicafe:20160122165718j:plain

セージ/えーと!これはもうOKかなぁ~?もうちょっとなんだけれどって言う気分ではあるんだけれどね。
巧く行くと、俺は又ちょっとやりたい事に取り掛かれるんだけれどさぁ。とりあえずは一つ一つ限が良いところまでやらないとね。

f:id:nyanteicafe:20160122165815j:plain

セージ/はぁ~、俺ちょっとこちらをやるから、ジョルジュさん又見ていてくれますか?

ジョルジュ/いいですよ。それに休んでください。

f:id:nyanteicafe:20160122165913j:plain

セージ/うんありがとう。ちょっと計算しなくちゃぁいけない事があるからね。・・・・・mutter.mutter。。。。。

f:id:nyanteicafe:20160122170001j:plain

フランツ/なぁキール、この今まであるものばかりにこだわらずに、何か目新しいその辺りにあるものが使えるってこともあるよなぁ?

キール/そうだね。目の前にあるものや、すでに知っている物ばかりにとらわれないで、考えると何か出てくるかもなぁ。。。
エルダーはもう何か試しているみたいだけれど・・・

f:id:nyanteicafe:20160122170042j:plain

エルダー/やっぱりまだこれじゃぁ駄目だね。もう少し考えなくちゃぁね。こうなんか、気になること頭の中にモヤモヤ有るんだけれどさぁ、スカッと出てこないんだよねぇ。。。


セージ/もうさ、焦る事はないよ。せっかくここに居るんだから、この時にしか出来ない事をやるといいよ。聞きたいことを聞いてさ。これだけのスタッフが集まるなんてなかなかないからね。

f:id:nyanteicafe:20160122170219j:plain

セージ/ふぅ~。ちょっと俺シャワーを浴びてこようかな。頭の中が固まって来ちゃったよ。

f:id:nyanteicafe:20160122170318j:plain

エルダー/セージシャワー浴びてくるかい?

セージ/うん、これさ、俺は勝手にこの位置にはめ込んじゃったけれど、違う方は良いかもしれないしね。
エルダーの良いように組み替えてくれてもいいからね。

f:id:nyanteicafe:20160122170407j:plain

ジョルジュ/ここにある型全部作ってしまっていいんだよね?

 

セージ/うん、皆にはめてもらいたいし、分解して考えるように持って行ってもらってもいいから、多くていいんですよ。
じゃぁ俺、ちょっとシャワー浴びてお茶飲んでくるので宜しくね。

f:id:nyanteicafe:20160122170452j:plain

エルダー/ふぅ~ん。何かもう少しでって言う気もするんだけれどなぁ~。

 

フランツ/研究者はね、何時もそういう風に思う作品を幾つも抱えているんだよ。

 

キール/もう少しって思うところまで行くのさえなかなかね。産みの苦しみですかね。

f:id:nyanteicafe:20160122170523j:plain

ターナー/教授、どうですか、これ結構いいでしょう?って俺が作ったわけじゃぁないけれど。これはこれでかなりの完成度ですよね。

 

リヴェール教授/そうだよね。彼はよくここまでやったよね。基本形としては良い仕上がりじゃぁないかな。

新しい研究所が出来る頃には、これはそこでもっと商品開発出来るだろうからね。いい研究所になると思うよ。

大概の事は、その研究所で出来る規模だからね。そこが出来たらセージ君も家から通勤出来るからいいだろうよ。彼のアキレス腱はMrs.Sugarだけなんだろう・笑

f:id:nyanteicafe:20160122170636j:plain

リヴェール教授/僕にも覚えがあるからなぁ~妻と出会った頃は、まだ若かったしと言ってもセージ君より何歳も歳上になっていたけれど、それでも理性的にはなかなかなれなかったもんだよ。

f:id:nyanteicafe:20160122170731j:plain

リヴェール教授/何十年か経っても、やっぱり僕の妻はマリアンヌしか考えられないしね。 セージ君はかなりの歳の差だから、色々悩んだり考える所があるんだろうね。

それがきっとこの作品を思いついたんだろうね。研究対象が妻と言うのは、研究者にとってはありがたいよね。

f:id:nyanteicafe:20160122170830j:plain

エルダー/シャワー浴びてスッキリしたかい?俺もいってこようかな!


セージ/うん、凄くさっぱりしたよ。エルダーも行って来たら!熱いシャワーは眠気もすっとんで、気持ち良いよ。

ターナー/みんな順番でシャワー浴びてくるといいから、エルダー言って来いよ。俺も後から行くからさ!

ジョルジュ/タオルはまだまだありますから、何度でも浴びて下さい。

食堂はもう皆帰りましたけれど、解る様に色々用意してありましたでしょう? もう一息ですよ。


        💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛
本日も仮眠のみで、徹夜となりましたが、かなりいい感じで、以前作ったリストバンド型の端末機はほぼ完成のようです。
更に新しいものにかんしては、長期戦で開発途中と言う事ですね。
今回もセージ君は、かなりいい手ごたえの研究をしてくれて、自分でも納得いくまでの研究が出来ましたし、結果も教授たちにしっかり見届けて貰えましたので、大満足のいく結果になりました。

明日一番新しい作りかけのウエアラブルデバイスを、装着して実験してみたらそれをじっくり完成に向かって研究すれば良いと言う事になります。

一気にここまでは進んだのが、とてもありがたい今回の研修になったのです。
2晩ほぼ徹夜となりましたが、明日の午前中には終了です。