Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

途中から読み始めてくださった方へ...物語は2012年にスタートしています。Hatenaブログさんと出逢って、Mrs.Sugarの物語を引き継ぎました。物語の始めは「小さな物語」にあらすじが書いてありますので、良かったら読んでみてください。にゃん亭CafeのHPは、プロフィールから入れますので宜しくお願いいたしますね♪

やっと研修は終了で~す♪

徹夜2日目ももう終わり夜が明けてきました。
結果は以前作りあげたリストバンド型の端末機は、今セージとMrs.Sugarが手首にはめているのですが、ほぼ完成品と言う結果になりました。

それはまだ充電器が要る物であり。もうセージは次の充電器の要らない物を作りかけて研究していたのですが、それは結局はまだ未完成と言う事で今後の課題になりました。セージは嬉しくてたまりません。早速Mrs.Sugarにメールをしたりしていました。でもまだもう少し帰るには時間がかかりそうです。
    💛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160123164616j:plain

エルダー*情けねぇ~・・・メカは俺の方がセージより先輩だし専門なのになぁ~。もう少し勉強しないとだめだね。

シュタイナー*まぁまぁ、君はまだプロジェクトに参加したばかりだしね。

f:id:nyanteicafe:20160123164854j:plain

フランツ*はぁ~やっぱり数日間では無理だね! 今後の課題だなぁ・・・

キール*確かに専門分野を研究もなんだけれど、他の事にも目を向けないとだめだって事よ。もう頭が固いね。

エルダー*俺も少し生き方を変えないとなぁ・・・セージのあの自由な発想と行動力は見習わなくちゃぁね。

f:id:nyanteicafe:20160123165008j:plain

フランツ*見ろよ!彼は疲れているだろうけれど、凄く楽しそうに見えるぜ。

エルダー*セージは何時もそうなんだよ。なんでも楽しそうにかつ誠実に取り組むやつだよ。

キール*ところで君は何歳なんだい?まだ若いだろう? 

エルダー*セージより、丸々2歳年上ですよ。

f:id:nyanteicafe:20160123165214j:plain

セージ*ターナー先輩、シュタイナーさん、今回はありがとうございました。後期が始まったら、色々聞いたりお願いして、出来上がりを確認したかったんですよね。
ここに来たら一気に色々が片付いちゃって。。。本当にうれしいです・笑

f:id:nyanteicafe:20160123165258j:plain

セージ*エルダーもありがとうね。

エルダー*それはさ、俺が君に言う言葉だよ。前回研修に誘ってくれたり、資料をプリントしてくれたりしてさ。

それが今回直ぐに出てくる気にさせてくれたし、今回は本当に勉強になったよ。

シュタイナー*でもお礼を言うならやっぱりるリヴェール教授だよね。
教授が「研修やるぞー!」って言ってくれなかったら実現しなかったからね。

f:id:nyanteicafe:20160123165424j:plain


エルダー*人生って解らないものだよね。プロジェクトが立ち上がらなかったら、俺は今頃リニアの研究していたんだもんね。

それがさ、こんなに小さな物の研究するとはね・・・考えたら、俺も母の事など考えたら、こちらの研究の方が、ずっと役に立つことだったよ。


シュタイナー*AHAHA、、、そうだね! サフランさんもこれが出来上がったら、希望すれば早くに権利有るから使えるよ。

f:id:nyanteicafe:20160123165601j:plain

エルダー*俺もセージみたいに良い妻になる人を見つけなくっちゃぁなぁ・・・愛の力が一番強いよ。

シュタイナー*君は結構女性と付き合っているだろう? 僕なんてガールフレンド見つける暇がないんだからね。こればかりは縁と言うか
タイミングと言うか・・・一番の難題だったりしてね。

f:id:nyanteicafe:20160123165817j:plain

リヴェール教授*そうだなぁ、ガールフレンドや結婚は、タイミングもあるけれど、まずは好きと思う人が現れないと何も始まらないでしょう。
一人で力んでいても、からまわりするだけだからね・笑 まだ焦る歳でもないし、凄く遅くに結婚する人もいるし・・・

f:id:nyanteicafe:20160123165930j:plain

セージ*もう少し待ってくださいね。後2個予備を作っておきますから・・・
ジュリアンさん、すっかり手馴れてしまって、あと引き継いでやってもらえそうですね・笑


ジュリアン*いやいや、僕はねここの管理人で十分なんですよ。色々な研究を見せてもらえるし、僕も良い妻がいるのでもう
十分満足しているんですよ。

f:id:nyanteicafe:20160123170027j:plain

セージ*そうかぁ、そういう手もあったんだぁ~。
ねぇジュリアンさん、ここの管理人になって、ミレーユ助教授と一緒に過ごす時間沢山ありますか?

エルダー*セージ何考えているんだい?


ターナー*おいおい、お前はまさか研究所が出来たら管理人になりたいなんて言うんじゃぁないだろうね?

f:id:nyanteicafe:20160123170156j:plain

セージ?あれ解っちゃった?あたりぃ・・・どうなんですかジュリアンさん。


ジュリアン*まぁ出張とかないし、普通はあんまり徹夜を付き合うことはないし、基本は時間から時間で帰れますからねぇ。
色々な研究が身近でみられるし、妻とは彼女さえ早く帰ってくれば、何時も一緒に居られますよ。

f:id:nyanteicafe:20160123170246j:plain

セージ*そういうのも好いなぁ~俺そういうの憧れの暮らしなんですよねぇ・・・。

エルダー*何を馬鹿な事言ってるんだよ。君は研究員の暮らしが目的だろう?

f:id:nyanteicafe:20160123170405j:plain

セージ*そうだけれどさぁ・・・

シュタイナー*全くねぇ、セージ君は本当にMrs.Sugarの事だけは、どうにもならないんだよね。


ターナー*まぁまぁ、まだ結婚半年だからね。年も若いし、その内ほどほどになるだろうさ。

f:id:nyanteicafe:20160123170548j:plain

シュタイナー*エルダー君。君は何時も研究室でセージ君と一緒なんだから、何かの時は巧く丸め込んで、彼がまじめに研究に身を入れるように、アドバイスしてくれよ。

エルダー*まぁ場合によっては言いますけれど、セージは元々の目的がMrs.Sugarのそばに居たいから、大学に入ったんだし、
研究員になったら、側にいる時間も多く取れると思っていたんだからねぇ。。。管理人がもっとそばに居られるってことで希望したら仕方がないでしょう?

f:id:nyanteicafe:20160123170750j:plain

セージ*ターナー先輩、俺先輩の事愛しているよぉ~。本当に大好きだよ♪今回は本当にありがとう(^^♪

ターナー*おいおい、お前に愛されても結婚相手にならないしなぁ~。

f:id:nyanteicafe:20160123170912j:plain

セージ*あぁ~。俺本当にうれしいんですよ。 成功はまだまだ先と思っていたのに、思いのほか早くに目途がついて。。。


ターナー*まぁこれで終わったわけじゃぁないんだからな! 勘違いするなよ。今から始まったようなもんだからな。

f:id:nyanteicafe:20160123171038j:plain

 

エルダー*ほら、ジュリアンご夫婦ですよ。


シュタイナー*今はあまり夫婦で仲良く並んでいてほしく無い気分だね。セージ君が見ないといいんだけれどね。何言いだすかわからないからね。

エルダー*彼女はなかなか魅力的でクールな女性ですよね。

シュタイナー*君、セージと話して、こちらに気がつかないようにして、そして早く帰る準備をしなさい。

f:id:nyanteicafe:20160123171240j:plain

シュタイナー*ターナーボチボチ帰る用意して帰ろうか!
ターナー*そうだね。エルダー達に言ったかい?

エルダー*セージ、帰る用意して、早く帰ろうよ。
セージ*うん、帰ろう。帰ろう(^^♪
            💛~~~~~~~~~~~~~~~~~💛
と言う事で4人は一緒に帰る事にしました。
しかし、WANNYAN空港は積雪だとかのニュースに、またまたリヴェール教授のお世話になって、教授の大学の自家用飛行機で送ってもらえることになりました。
スイスにある大学なので、雪に強い小型機なので、無事に午後に着陸して帰って来られました。
飛行場から直ぐにセージはMrs.Sugarにメールを出し、大学院までリムジンバスで到着。
皆と挨拶もそこそこに、セージは家に向かってまっしぐらです。
すると、なんと雪の中で待っているMrs.Sugarを見つけました。
        💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160123171539j:plain

Mrs.Sugar*は~い!セージ。 お帰りぃ・・・

f:id:nyanteicafe:20160123171607j:plain

Mrs.Sugar*お疲れさまでしたぁ(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160123171709j:plain

セージ*SugarI miss you...Well, me—I fall in love with you every single days.

 

Mrs.Sugar*You're so fine. You're my sweet.

f:id:nyanteicafe:20160123171820j:plain

セージ*寒いのに来てくれて、ありがとう。さぁはやくかえろうね。

 

Mrs.Sugar*セージ凄く大変だったでしょう? ずっと元気だった?飛行機は送ってもらえてよかったわね。普通のは欠航しているのでしょう?

f:id:nyanteicafe:20160123172922j:plain

セージ*うん、出なければ今日は又帰れなかったよ。でもね、大成功だったよ。Sugarの言う通りに、出て行って良かった研修だったんだよ♪

Mrs.Sugar*本当にぃ? 良かったわねぇ・・・。

f:id:nyanteicafe:20160123173128j:plain


セージ*ほら横によって、車が通るから危ないよ。

f:id:nyanteicafe:20160123173156j:plain

Mrs.Sugar*あら珍しいわね。こんなところに車が来るなんて・・・病院の車だわ。

f:id:nyanteicafe:20160123173232j:plain

セージ*さぁ帰ろう。滑らないように気を付けて・・・

f:id:nyanteicafe:20160123173302j:plain

Mrs.Sugar*元気に帰ってきてよかったわぁ。でも眠いでしょう?完徹2日間はきつかったでしょう?

セージ*う~ん、Sugarの言う事聞いてよかったんだ。凄く素敵な体験だったんだよ♪ でも、Sugarが居なかったのが俺は辛かったよ。ほぼ完徹だから、気が紛れたけれどね。
さぁ家に帰ったら、シャワー浴びてゆっくりするよ。

        💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛
と言う事で、家についてシャワーを浴びたら、今日はMrs.Sugarのお手製の野菜とチーズの消化の良いリゾットを食べて
流石に早々と爆睡しそうな感じです。 きっと今夜は幸せな夢を見る事でしょうね。