Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

Mrs. Sugar の雑記帳です。大部分がハンドメイドファッションを着ていますので、新しく出来たら着替えます🎶

アンジェの言動が問題に。。。

今日はCafeはお休みです。引越しも決まったし、今日は鍵の付け替え工事も来るというのでMrs.Sugarはちょっと忙しい休日です。
でも、違う場所へのお引越しは、ウキウキします。
これからはセージがずっと一緒ですから、仕事場と住まいはやっぱり離れていたほうが気楽です。
きっとミントさん達アトリエのほうもそうでしょう。
人の出入りが多いのですから、パティオを挟んではいますが、やっぱり同じ敷地内ですからね。

    💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160309141804j:plain

セージ*ねぇSugar、そんなに張り切ったスタイルでいるけれど、程々にして、ちゃんと休むんだよ。鍵の工事は午前中に来るようになっているからね。
午後はちゃんと昼寝して・・・

Mrs.Sugar*大丈夫よぉ!私は引っ越し慣れているから、無茶はしないわよ。

f:id:nyanteicafe:20160309141850j:plain


セージ*それなら良いけれどね。


Mrs.Sugar*本当にセージは心配症なんだから! 歳はとっても、元気なんだから(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160309141948j:plain


セージ*You are the love of my life!To the world’s best wife!


Mrs.Sugar*I'll save my life only for you.

f:id:nyanteicafe:20160309142022j:plain

セージ*今日は帰りは夕方になるかもしれないけれど、そんなに遅くはないよ。

Mrs.Sugar*判ったわ! セージも、なんでも頑張りすぎないでね。やたらに忙しいようだけれど・・・

f:id:nyanteicafe:20160309142130j:plain


セージ*大丈夫だよ。皆が判ってくれているから、適当に気分転換もしているしね。


Mrs.Sugar*それなら良いけれどね。いくら若くたって、疲れがたまったら、体を壊すのよ。

f:id:nyanteicafe:20160309142159j:plain


セージ*その点は責任者のターナー先輩が医学部の人だから、ちゃんと気を付けてくれているしね。

とてもいい人なんだよ。ぶっきらぼうだけれど、やさしい人なんだよ。


Mrs.Sugar*そんな感じの人ね。それだけでもホッとするわね。それじゃぁね。

f:id:nyanteicafe:20160309142232j:plain


マダムシャノアール*引越しが決まったんだね? よかったじゃぁないか。職場と住まいは別が
気が楽だよ。一人でやっているならまた別だけれど、人を使っていたりしたらね。煩わしいもんだよ。

Mrs.Sugar*そうね。一人の時はまだ、気にならなかったんだけれど、家族が出来たら離れているほうが
良いと分かったのよ。

f:id:nyanteicafe:20160309142350j:plain


マダムシャノアール*そういえば大学のほうから店の事などで連絡があったかい?


Mrs.Sugar*何もないわよ。どうかしたの?

f:id:nyanteicafe:20160309142423j:plain


マダムシャノアール*あの土地も家もアンタの物だろう?うちもそうなんだけれどね。

大学が出来上がって来たから、今までの大学病院が使っていた建物を、商業施設に変えたいんだってさ。
それでね、この店を大学に売って、大学内に土地分のショップを作って、そこに引っ越して欲しい
ってことなんだよ。今は適当にバラバラで商売をしているだろう?


Mrs.Sugar*へぇ~私の所は関係ないんじゃぁないの? 一応お店だけれどね。

でも商業地区って纏めたいなら、何か言ってくるかもだけれどね。

      

               💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160309142541j:plain

セージ*おはようございま~す。あれ!フランツさんやジョルジュさんも集まってどうしたんですか?

フランツ*おはよぉ~セージ君。研究所を見に来たんだよ。完全に出来上がったそうだからね。


メイス*私も後で又見に行こうと思っているのよ。一度見ただけじゃぁ、覚えきれなかったからね・笑

f:id:nyanteicafe:20160309142726j:plain


ターナー*うぃっす! お前は引っ越しの準備だろう? 昼過ぎには帰ってもいいぞ。今日はここも雑用が
あるから、半日にするよ。後は研究所見たいものは、午後フランツたちとザっと見学ツァーに行っても良いよ。

ジョルジュ*それでねセージ君、君に相談があるんだけれどねぇ・・・

f:id:nyanteicafe:20160309143018j:plain


セージ*来た来たぁ!この間ターナー先輩が言ってた頼み事でしょう? 冗談じゃぁなかったんだ!


ジョルジュ*うん、君が適任なんだよ。直ぐじゃぁないけれど、試験を受けて資格を取って欲しいんだよ。


ターナー*な?だから、冗談じゃぁないって言っただろうが! それをこのバカたれがジョーダンだって
ぬかしやがって、聞こえないふりしたんだぞ!だから内容は教えていないよ。

f:id:nyanteicafe:20160309143126j:plain


ジュルジュ*AHAHAHAゝ、、実はね、研究所の管理人資格の試験を受けてほしいんだよ。 
試験は夏休み頃にあるんだけれど、此処の研究所は他の所とは比べ物にならないくらいの最新機器などもあるから、管理人は決まっているんだけれど、万が一の時の補佐の管理人が欲しいんだよ。
資格を持っていないと、触れない機器などもあるからね。
管理人資格のない管理人補助もいるんだけれど、資格のある人は2名ほしいんだよ。


セージ*それを俺が試験受けるんですか?

f:id:nyanteicafe:20160309143439j:plain


ジョルジュ*うん、君は器用になんでもこなせるし、ある意味プロでもあるから、新大学病院などが
落ち着いたら、時々僕は来なくてはならないので、その時に色々教えるから・・・君なら、それほど大変な事ではなくて、結構好きな分野だと思うよ。

f:id:nyanteicafe:20160309143545j:plain


ターナー*まぁまずは1つずつ問題解決を済ませて、来月からもう一つお勉強してみてよ。 
若いんだから大丈夫‼ きっと悪い話ではないと思うよ。

f:id:nyanteicafe:20160309143743j:plain

 

セージ*ターナー先輩は俺が向いているって思いますか?

ターナー*うんジョルジュから話が合ったときに、真っ先に思い浮かんだのはセージの事だったよ。


ジョルジュ*僕もこの間から一緒にチェックを手伝ってくれた時に、君ならって思ったんだよ。君は無意識かもしれないけれど、説明受けながら、手はちゃんと次の指示の場所に行っているからね。

f:id:nyanteicafe:20160309144015j:plain


セージ*あの時はジョルジュさんがいてくれたからだし、一緒にやってみてわかったんですよ。 
これは面白そうだけれど、オールマイティでないとやれる仕事ではないなって思いましたよ。ジョルジュさんは只者じゃぁないって・笑


ジュルジュ*だからこそ、セージ君が向いているんだよ、医工学の学生は一通りいろいロな勉強している
からね。 勉強範囲が広いから、学生がまだなかなか集まらないんだよ。特にこの大学は試験が難しい条件がいるからね。

f:id:nyanteicafe:20160309144316j:plain


セージ*魅力的だけれど、暫く考えさせてもらってもいいですか?


ジョルジュ*もちろんだよ。今はまだ忙しいから、落ち着いたらの話だからね。

まずは引っ越しだろう?笑

f:id:nyanteicafe:20160309144351j:plain


フランツ*セージ、凄いじゃぁないか! なかなか受けさせてくれない資格試験だぞ。

駄目もとで受けてみろよ。

メィス*そうよ、資格は持っていたほうがないより良いって、いつもセージは言っていたじゃぁないの。

f:id:nyanteicafe:20160309144427j:plain


セージ*落ちるかもしれなくてもいいならね。だって、もう俺暫くゆっくりしたいんだも~ン! 
なんだか、色んなことがあり過ぎてさぁ・・・


メィス*イリスのプライベートの話は、私がかたをつけるから、皆で集まりはするけれど、気にしないで
良いからね。

f:id:nyanteicafe:20160309144540j:plain


ターナー*イリスのプライベートな事に関しては、又アートの学校のほうから話があってね。


セージ*へっ!俺誰にも言ってないですよ。


ジョルジュ*マリアンヌ夫人から、話があったんだよ。上層部はみな知っている話なんだ。Mrs.アンジェが
友達としゃべっているのを聞いたそうで、えらくおかんむりでね。

Dr.ローソンは穏やかに収めようと
したようだけれど、マリアンヌ夫人は納得しないで、上層部でいっそのことアートは別校扱いにしようかって話も出たんだよ。
前にも退学者が出たりしているからね。異性問題が度々起こるんじゃぁ、高位に関わるって話になったんだよ。

f:id:nyanteicafe:20160309144726j:plain


セージ*そんな大事になったんですか? Mrs.アンジェがどう言おうと、絶対に俺たちはバカな事には
関わらないって言おうと思っていたんですけれど・・・


ジョルジュ*だけれどね北欧の学生はMrs.アンジェみたいな事は基本的には何ともない事だと思っているよう
だと今後又トラブルの元だからね。
君たちだけで話し合っても、きっと又繰り返されても困るからね。ふしだらなイメージになってもらっては困るわけよ。

f:id:nyanteicafe:20160309145551j:plain


メイス*イリスから聞いた話以上にひどい事しゃべっていたんですって! マリアンヌ夫人はカンカンになって
怒っていたそうよ。

フランツ*そりゃぁそうだよ。俺たちが聞いても、何やっているんだよ!って感じだぜ。浮気したい奴なら
Mrs.アンジェは金髪美人だから、いいかもしれないけれどさ、セージは彼女と浮気する気はないんだろう?


セージ*えっ!なんで俺がMrs.アンジェと浮気しなくちゃぁならないんだよ。嫌なこった!メィスそんな話だったの? 
ジョーダンじゃぁないよ。気分悪くなってきたよ。あっ!今日は午後早く帰らせてもらうんで、研究室に行ってきます。

f:id:nyanteicafe:20160309150254j:plain


セージ*やぁおはよぉ~。悪いね、今日は夕方引っ越しの準備するから早く帰りたいん
だよね!

エルダー*あぁ、残りの仕上げなどやっているから気にするなよ。


イリス*でも、ちょっと見てくれよな! 

f:id:nyanteicafe:20160309150557j:plain


セージ**イリス、Mrs.アンジェの事、話を聞いただろう?


イリス*うん、俺も吃驚しちゃったよ。 本当に俺も一緒に話していて、ちょっとついていけないときもあるんだけれどさぁ~ 
でも本気で話し合ってみるよ。 
決して嫌いな相手ではないからね。
悪いな!いつもセージに迷惑かけちゃってさ!


エルダー*事が大きくなっちゃったけれど、マリアンヌ夫人が聞いていたんじゃぁね。

Mrs.アンジェも、他人がいる時には他所の国なんだから、考えないとなぁ~
俺も益々身辺整理しなくちゃぁ、皆に迷惑かけちまうからな。

f:id:nyanteicafe:20160309150810j:plain


セージ*いったい本当の所はどんな話になっているんだい? 訳わからないよ。


イリス*それがさぁ、アニーと2人でシャノアールの所で久しぶりにお茶飲んで、2人でしゃべっていたんだって!

その時に、マリアンヌ夫人とDr.ローソンもお茶飲んでいて、でかい声で話しているので、まるで聞こえちゃったそうなんだよ。

で、アニーは一生懸命に止めていたらしいけれど・・・そのう、アンジェは俺とは結婚はするつもりだって言ってたそうなんだけれど、結婚したら習慣が違うし、自由に遊べなくなるから、その前に楽しんで置こうって話をしていたそうなんだよ。
で、誘ってみていけそうなら、セージを誘いたいって言ってたんだってさ!

f:id:nyanteicafe:20160309151053j:plain


イリス*・Dr.ローソンは穏やかに諭してくれたらしいけれど、マリアンヌ夫人は、後になっても怒り心頭だったようでさ。


エルダー*益々俺も早急に、身の回りの整理しないとだな・・・誤解されちゃうもんなぁ~。それって、そのう感覚の違いだと思うんだけれどさぁ。ここら辺りでは不味いよなぁ・・・

f:id:nyanteicafe:20160309151236j:plain


セージ*でもさ、どうしてなのかなぁ~。せっかくの幼馴染が、変な関係になってしまうのは嫌な事だよなぁ~。

これはさ、イリスがしっかり押さえておかないと、彼女はふしだらな人ってことになってしまうよ。


イリス*うん、皆で話し合う時に、きちんと言うから・・・俺も嫌だしね。

男はさ結構浮気っぽいのがいるけれど女性でもなんだね。知らなかったよ。


エルダー*女だっているんだよ。割り切って付き合うのでいいっていう人は!でも周囲に迷惑かけるのは良くないよ。

f:id:nyanteicafe:20160309151351j:plain


セージ*結局はさ、Mrs.アンジェは、今のままのイリスでは好きだけれど物足りない何かがあるんだろうか?

だって、まだカップルになったばかりなのに、そんなこと言うなんてさ・・・元はやっぱりイリスなりにもっと一生懸命愛してあげないといけないんじゃぁないの?
我慢する事も必要だしね。

うちと同じって言ったら、俺の勉強時間が家では多いから、あれもこれも我慢させちゃってる気がするよ。 今回の事もだけれど、学校関係の事でも協力ばかりさせちゃっているしさ・・・


イリス*うちはそんな役目は何もないから、自由に暮らしているはずだぜ。愛しているって言っているしさ。


エルダー*言わされてるんじゃぁ駄目なんだぜ・・・女は絶えず愛しているって意思表示していないと
気持ちが離れていくんじゃぁないかなぁ~。


イリス*俺も何か考えて努力してみるよ。真似事じゃぁなくてね。

f:id:nyanteicafe:20160309152326j:plain


エルダー*思いつかなかったら、辞典でも図書館で借りて読んだら?俺は昔劇のセリフみたいに愛の言葉を練習した時期があったよ・笑


セージ*そんなのは愛して居たら、その気持ちをそのままいえば良いんじゃぁないの?自分の言葉でさ。
イリスにはイリスにしか言えない言葉があるはずだよ。

この国は色々な国の人がいるから、やっぱり外や他人には相手の立場になったり、気づかいは必要だって判らせないとね。

フェンにしても、今回もその気なんて全くなくてゴメンナサイなのに、俺の所に・・・なんだろう?昔宣言したように、俺の近く3m以上近づかないでくれ‼だよ。
じゃぁ、俺は今日は適当に帰るから、戻ったらジョルジュさんのお伴で、またチェックと試験稼働に行くから・・・

       💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛
あの我儘な誇り高いマリアンヌ夫人は、やっぱりおとなしく黙っていることはできなかったのですね。
でもセー君達にとっては良かったでしょうね。 それにしても、夏のトラブルにしても、今回にしても災難ですね。でもきっと明るく穏やかなセージ君には、声をかけやすいというのもあるのでしょうね。
イリス君はとてもハンサムですが、生真面目で無口で面白みはないから、皆誘う事が出来ないのでしょう。
憧れている女子学生はいるのですが、声をかける事が出来ない雰囲気なのでしょう。