Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

Mrs. Sugar の雑記帳です。大部分がハンドメイドファッションを着ていますので、新しく出来たら着替えます🎶

本日いよいよロッジに引越しです🎶

今朝は雲が垂れ込めたちょっとひんやりした日ですが、雨は夜から降るそうで、夕方は大丈夫な様です。

片付けは終わっていますし、後はすべて運送屋がやってくれますので、終わるのを待っていればよいだけです。何といっても、セージ君がすごくうれしそうです。その一つは今度のロッジは、彼が借りた家で、まぁ早い話所帯主はセージ君なのです。

彼はできるだけ自分の力で、2人の暮らしを賄っていきたかったのですね。男とはそうするものと思っていましたから・・・

       💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160311163808j:plain

セージ*じゃぁ行ってくるから、もう何もしないで、引っ越し屋にやってもらえばいいだけだからね。

Mrs.Sugar*わかったわ。お店を普通通りにしたら、ただ見ているだけにするから!

f:id:nyanteicafe:20160311163844j:plain


セージ*OK、Cafeでお茶でも飲んでいればいいよ・笑


Mrs.Sugar*そうね、ポプリさんとおしゃべりでもしているわ。

f:id:nyanteicafe:20160311163909j:plain


セージ*To the world’s best wife!I treasure you.


Mrs.Sugar*Ever moment with you.


マルベリー*これからは、これが見られなくなるから、店を開ける時間は気にかけないとね。

     💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160311164014j:plain


セージ*ターナー先輩、じゃぁ俺今日も早く帰りますからよろしくお願いします。


ターナー*おうっ!今日は引っ越しだったな。今のうちになんでもやっておけよ!

f:id:nyanteicafe:20160311164052j:plain


セージ*メィスもエルダーも今日は悪いね。


メィス*大丈夫よ、今ちょっと余裕の時だから、私もやることやったら、本借りて早く帰るわ。


エルダー*そうだよ。何か手伝いがあれば何時でも連絡してくれよ。

f:id:nyanteicafe:20160311164131j:plain


セージ*じゃぁ俺は研究室に行っていますから・・・


ターナー*はいよ!

f:id:nyanteicafe:20160311164159j:plain


セージ*
(さてっと!万が一ってこともあるから、出来るところまで進めておこうかな!そしたら、ちょっとの間、
早く帰るような事があっても大丈夫だからね)

f:id:nyanteicafe:20160311164246j:plain


セージ*
(えーとそれには、後はどうすればいいんだっけ? できるところまで、試作品を作っちゃっておいて・・・)

f:id:nyanteicafe:20160311164338j:plain


セージ*
(ほぼ出来ているんだよね? ン?あといくつか作って仕上げれば、急に必要って言われても、大丈夫ってこと
だよね!突然が好きな人多いからなぁ・・・)

f:id:nyanteicafe:20160311164510j:plain


セージ*
(むふっ!実際は、俺とSugarの分は、ちょっと装飾的なブレスレットにしちゃって、家のコンピューターに
入力されているんだけれどね。同じものだとは気が付かないようだけれど!)

f:id:nyanteicafe:20160311164623j:plain


エルダー*セージ昨日はどうだったんだい?


セージ*イリスはまだ来ないの? どうだったもこうだったもさ、マリアンヌ夫人が来て、もうテキパキと! すでに
かなり色々な人も知っているようで、これ以上品格を落としたくないからって、おかんむりだったよ。
Mrs.アンジェがまたさぁ、あまり反省の色なしで、今回はイリスもいつもと違って、きっぱり男らしく振る舞て、もう一度話し合って、ちゃんと話が出来なかったら、彼女と別れるし、自分もみんなに迷惑かけたので、退学するって言ってたよ。

f:id:nyanteicafe:20160311164824j:plain


エルダー*それはまた、思い切った決断だね。 俺も今週末には、付き合ってる子たちとは別れる事にしたよ。

確かに学業だけ良ければいい学校とは言われないものな・・・今ヨーロッパでは注目されていて、彼方此方の国からの補助も得られているところだしな。


セージ*エルダーも何人かの娘と付き合っていた様子だけれど、何もトラブルは無し?それが不思議だしぃ、まぁ男は
女性とは違うっていえば違うのはわかるけれどさ。

f:id:nyanteicafe:20160311165023j:plain


エルダー*俺だってこの数日は真面目に考えてみたよ。でももちろん嫌いじゃぁないから、会った時は”愛している”
っていうけれど、社交辞令みたいなもんでさ!ただ、絶対に傷つけあうことないように、他の誰かがだれかわからない同士で付きあっていたのさ。 それは俺としてはマナーだと思ってね。それにみんなに小うるさい母親が一緒に居るって言ってあるしね・笑

セージ*結局はお互いが本命がいないってことなんだね。

f:id:nyanteicafe:20160311165138j:plain


エルダー*そういう事。お互いがちょっとした暇つぶしと、楽しみましょうってことだけだったんだよ。


セージ*そうだよね。俺も若いころはちょこちょこっと、でも同時に何人かは嫌だから、一人だけに決めてたけれど、数か月で
別れちゃって、その時は愛しているのかな?って思ったけれど、全然そうじゃぁなかった。
嫌いじゃぁなかったけれど。。。誰かと別れてしばらくしたらまあ次って、恋愛ごっこみたいなもんでさ!何故か最初から、もう別れる時のバリケード張ってたよ・笑

f:id:nyanteicafe:20160311165303j:plain


エルダー*セージは寮生活なら、会う時間もあまりなかっただろう?厳しくて!


セージ*それはね、先輩たちがいくらでも悪い事教えてくれたから・・・AHAHAHAHAゝゝ、、、家では年頃の
男は寮に入れちゃえば、面倒は起こさないって思っているのが可笑しいんだよね。 家にいた方が、よっぽど品行方正かもね。

f:id:nyanteicafe:20160311165403j:plain


セージ*でもさ、限度があるけれど人って悪い事もやって、それは悪い事なんだって判るもんじゃぁないの? 
15~6歳までの頃って!


エルダー*まぁそうだよね。おれはやっぱり開放的な国でもあるから、家にいても自由にしていたよ。母親は北欧人じゃぁないから、かなり気をもんでいたみたいだけれどね。多少は若いうちは遊ばないとだけれど、Mrs.アンジェはもう十分大人だしなぁ~

イリスと同棲していてその親友の、新婚のセージを誘うなんて言うから問題にされちゃうんだよ。 それも嫌だっていうのにシツコクしたら、俺の国だって犯罪だぜ。

f:id:nyanteicafe:20160311165620j:plain


エルダー*結婚したくなるっていうのは、もうかなり好きにならないとだよな?俺そんな思い
まだしていないものなぁ・・・でも、変に思われても困るから今週中に、整理整頓して、来週からは試験の事も考えてもう真面目に落ち着かなきゃならないとな!


セージ*そうだよ。俺も引っ越したら又落ち着くだろうから、ちょっと締めていかないとって思っているんだ。 なんたって、脳みその質はいま1つだからね。

Sugarとも色々話したいしさ!話していると本当に楽しいんだよ(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160311165904j:plain


エルダー*夫婦での会話が楽しいって言うのが良いよなぁ~。そうでなくちゃぁね。でもさ、凄いジェネレーションの違いで楽しい
話ってあるのかい?


セージ*アニメの話とかさ、TV番組だって、読んだ本の話もあるし、自然界の話とか、遺伝の話とか、限がないくらいあるよ。

f:id:nyanteicafe:20160311165952j:plain


セージ*Sugarの話は本当に傑作なんだよ。人間工学的検証やサスペンスやミステリーの話とかも・・・


エルダー*それはまた幅広くて、楽しそうだなぁ~。でも彼女は変わっているんだよ。普通女はあんまりそんな話しないだろう? 年齢的にもさ、俺もそんな話ができるガールフレンドをそのうちに
見つけるよ。

f:id:nyanteicafe:20160311170142j:plain


イリス*おはよぉ~って言うにはもう遅い時間か!セージ昨日は手間取らせて、悪かったな!

セージ*やぁ、ちゃんと話しできたのかい?


エルダー*イリスもとんだ事だったなぁ・・・

f:id:nyanteicafe:20160311170302j:plain


イリス*うん、明け方近くまで寝かせないで、徹底的に話し合ったよ。俺ももう別れるつもりでいたしね。


エルダー*聞いたけれど、それはまたイリスも思い切った事言ったなぁ。


セージ*それで、話はついたの?

f:id:nyanteicafe:20160311170400j:plain


イリス*アンジェからも頼まれたんだけれど、彼女もミントさんの助手として仕事やる気満々でいたし、
もう絶対に、セージには余計な事言わないって約束したよ。
Sugarの夫以外の考えは持たないってね。 だから、Cafeでこのまま働かせてほしいってMrs.Sugarにお願いするからって!

セージには、俺から伝えておいて欲しいって言われたんだ。

Mrs.Sugarにはたくさん無理を聞いてもらったのに、とても失礼な事を言ってしまったって、反省していたよ。 セージから宜しく言ってくれないか?

セージ*わかったよ。じゃぁイリスは今のままで一緒にやれるんだね?

f:id:nyanteicafe:20160311170516j:plain


イリス*うん、エルダーもよろしくお願いします。


エルダー*俺も偉そうなこと言えないけれどさ、イリスもしっかり彼女を監督しなくちゃぁな! 
セージが一番嫌な思いしただろうしさ。

f:id:nyanteicafe:20160311170557j:plain


セージ*まぁイリスとは長い付き合いだからね、お互いさまで!
じゃぁさ、イリス俺今日早く帰るから、これをもうちょっと完全仕上げしてくれよ。

多分来週辺りに、いくつか試作品を見たいって言ってくるような気がするんだ。今のうちに作っておけば試験だって言われても、焦って作る事ないと思うんだよ。
今月中旬って言ってたけれど、来週は今月中旬なんだよね。

 

イリス*俺の仕上げはなんだか綺麗じゃぁないよなぁ?粗雑なのかなぁ・・・

f:id:nyanteicafe:20160311170855j:plain


セージ*丁寧にやすり掛けするには、途中までは機械で良いけれど、手でやるといいんだよ。こうして少しずつ回しながら・・・

同じ場所を何度か重ねてかけるくらいにね。

イリス*そうか、1回ずつずらすからいけないんだね。


エルダー*セージの作ったのは、物凄くきれいだよなぁ・・・完成品みたいに磨かれているからね。

f:id:nyanteicafe:20160311170959j:plain


セージ*これはねSugarに教わったんだよ。最後の方はペーパーに水を含ませて、やすりを掛けるものを反対の手にもって、掛ける方を動かすといいんだって!

撫でるように掛けるときれいに仕上がるし、そうしたら塗装も綺麗に出来るそうだよ。
塗装も薄くして、乾いたら塗りを5回くらい繰り返すと光沢も出るんだよ。


エルダー*こうかぁ?うんうん、凄いなんとなくわかってきたよ!匠の世界だね。


イリス*本当だ!うんと優しくなんだね?

f:id:nyanteicafe:20160311171141j:plain


セージ*エルダー、女を扱うようにだってさ・笑 じゃぁさ、俺今日は帰るから、後頼むよね。


イリス&エルダー*生意気な事いっちゃって、判ったよOK任せてよ!

f:id:nyanteicafe:20160311171258j:plain


ターナー*おぉ~気を付けて引っ越せよ! Sugarによろしくな!愛してるってな!


セージ*又先輩はすぐそれだからなぁ~それじゃぁ、俺帰りますから・・・

f:id:nyanteicafe:20160311171447j:plain


メィス*セージ、昨日はありがとうね。何とか収まったようだから・・・後はイリスがどこまで
彼女をリードできるかよね。


エルダー*そうそうセージ、母が月曜日とか早く行って、ポプリさんの手伝いするから、Mrs.Sugarはゆっくり
するようにって言付かってきていたんだよ。


セージ*うん、ありがとう。そうさせてもらうかもしれないよ。

      💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛  

f:id:nyanteicafe:20160311171554j:plain


(新居の玄関です。今度の家は玄関から中は覗けません。運送屋がすっかり指示通りに配置してくれてあったので
細かい片付け物だけです)

セージ*Sugar大丈夫かい・笑 色々と疲れただろう?

Mrs.Sugar*大丈夫よぉ~ 外で立っているのに足が疲れただけよ。この家は前の家のプランとほとんど変わらないわね。

完全に独立してロッジになっているだけで、此処はちょっと広いくらいじゃぁないの?
工務店が私の内装プランをリフォームに使わせてほしいって言ってた家の一軒みたいね。

        💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

という事で、玄関辺りが少々違うのと2回の浴室などが少し違うだけで、とても快適そうな家なのでした。

さぁて、いよいよ本当に2人だけの暮らしが始まったようです。
用心のために、彼らが一番お気に入りのワンを1匹連れてきました。入り口で番をするように仕込まれているので、ちゃんとお役目を守っているようです。