Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

試験前の静かな1日

楽しく過ごした休日もあっという間に終わり・・・
今日からMrs.Sugar はCafeに出勤ですし、セージは又研究所のプロジェクトQの部屋に通学です。
休んでいる間にもうCafeは研究室横の商業地区に引っ越しましたし、昨日はもう壁紙とか内装も終わって掃除が済んでいます。今日は初仕事日でもあるのです。
よく考えたら、朝はMrs.Sugarと セージは一緒に仕事場になどに出ていけばよいだけだったんですね。
それで、結局は今日はB1にある、マダムシャノアールの店まで一緒に行くことにしたのです。
      💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160315181707j:plain


Mrs.Sugar* 周りの景色は違ったけれど、前とあんまり変わらない雰囲気よね?


セージ*うん、そうだね!そういえばさ、今日だか何時だかに契約書を持って店の方に誰か来るって言ってたよ。Sugarは店にいるでしょう?

f:id:nyanteicafe:20160315181932j:plain


Mrs.Sugar*あらそうなの?まぁ来てくれるなら、いつだっていいのよね。


セージ*一緒に出てきたけれど、考えたら前よりずっと近くだから、家出るのを少し遅くしても良かったね。

f:id:nyanteicafe:20160315182029j:plain


セージ*昼間は一緒に居られないけれど、すぐ近くに居るようになったしね・笑


Mrs.Sugar*むふっ!考んがえたらそうよね。商業地区はドアで隔たっているけれど、前の研究所の建物の
中にあるんですものね。じゃぁ、又後でねっていう感じだわ(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160315182219j:plain


マダムシャノアール*又そこんところがお別れの場所って事になるのかね?2人共すぐ上の階に居るって
事だけでさ!ものすごく遠くに別れるみたいだね。

セージ*来てみたら、凄く近いって判ったんだよ。でも、夕方までお別れだものね。


Mrs.Sugar*前よりもすぐ側にいるけれど、やっぱりお別れねって言ってたのよ。

f:id:nyanteicafe:20160315182438j:plain


マダムシャノアール*そうそう、あんた達は家が近くなってよかったじゃぁないか!


Mrs.Sugar*そうなのよね。偶然にもね!


セージ*ほんと!俺たち偶然が多いよね。じゃぁ、俺は研究所の新しい入り口からしか入れないから行くね!またねSugar。

       💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160315182555j:plain


セージ*おはよぉ~。昨日は休ませてくれてありがとう。


イリス*少しは疲れがとれたかい?


メィス*セージはねまだ若いから!Sugarがゆっくりできたのかしら?

f:id:nyanteicafe:20160315182720j:plain


セージ*出来たはずだよ。それで昨日休んで、今日1日出たら明日又休みになるからね。ちょっとは楽なんじゃぁないかと思うんだ。

イリス*今度はCafeはすぐ側だし良いんじゃぁないの?

メィス*それもさ、見てびっくりよ。ちゃんと庭まで出来ちゃってて大サービスよね。

f:id:nyanteicafe:20160315182901j:plain

 

イリス*えっ!そうなの?じゃぁ庭でもお茶飲めるんだ。すぐに会いに行けるしね!

セージ*まさか!いくら俺がバカでもけじめはつけるよ。仕事時間中には合わないよ。


メィス*そうね、セージならそこはきっちりしているでしょうね。内心はどうでも!

f:id:nyanteicafe:20160315183152j:plain


セージ*メィスって嫌な言い方。


メィス*AHAHAHAHAゝゝ、、、だって、セージってそうじゃぁないの。

イリスはすぐに顔に出たり態度に出るけれど。アンタってポーカーフエースだもんね。


イリス*そうだよ。だからセージは怒った時が怖いんだよね。さんざん我慢したあげく切れるからさ。でも怒った事、見た事ないくらいだよね。我慢強いもんなぁ~

f:id:nyanteicafe:20160315183346j:plain


セージ*そういえばエルダーは研究室なの?あのさ、昨日ねネットであれこれ見ていたんだけれどさ、
MRS1の材料に炭素繊維でって話していたじゃない? ファイルには書いて提出しておいたんだけれどさ!
で、「グラフ〇ン」っていうのがいま注目されてきているの知っていた?


イリス*炭素原子がなんたら言うやつじゃぁなかったっけ?よくはしらないよ。


メィス*私も聞いたような気がするような・・・

f:id:nyanteicafe:20160315183645j:plain


セージ*ポーランドで何年か前に開発されて、ケンブリッジでは液状化したインクを開発して、プリンター
で紙の上にも電子回路をプリントすることができる。って言うんだよ。
まぁ色々今開発中だと思うものなんだけれどさぁ・・・

メィス*だから?

f:id:nyanteicafe:20160315183734j:plain


イリス*だからもっと知りたい、見たいんだろう?何か役に立ちそうだとか・・・


セージ*あたりぃ~。気にならない?


メィス*あいにくうちに家系は、思考があちこち飛び回る翼は持っていない家系なのよ。

f:id:nyanteicafe:20160315183851j:plain


セージ*なんとなく気になっているんだけれど、まずは今週は試験だよね。


イリス*そうそう、もう何日もないよね。

f:id:nyanteicafe:20160315183923j:plain


メィス*多分木曜日だと思うわ。今忙しいとはいえ、彼方此方の大学教授や助教授たちが、豊富に来ているから!
直ぐに採点できるしね。
セージはまた突然、凄い点数取るんじゃぁないの? 最近びっくりするような事するからね。

イリス*本当にさ、お前って突然でも前から判っていても、まったく関係ないみたいだもんな?


セージ*今回は俺、特に凄い点とろうなんて思っていないしぃ、ラッキー運も使い果たしただろうしぃ・・・何時までもラッキーは続くもんじゃぁないからね。

f:id:nyanteicafe:20160315184326j:plain


イリス*で、もうMRS1は10個は作ったけれど、あれでいいのかい?

セージ*あれはさ、一応男物だから、女物も作らないとって思っているんだよ。

イリスはさ、もう少し細かい作業をとりあえずは時間がかかても良いから、綺麗に作るようにしてくれよな。

f:id:nyanteicafe:20160315184451j:plain


メィス*そういえば、人の事言えないけれど、イリスは私以上に不器用なのよね。変なところせっかちで早く仕上げたがりやだしね。


イリス*お前は良いよなぁ~裁縫まで上手いからなぁ。

セージ*そう言うけれど、誰でも最初から上手くできるわけじゃぁないんだぜ。

f:id:nyanteicafe:20160315184636j:plain


セージ*俺はさ小さい時から、ミントが裁縫だけは上手く作るのを見ていて、マネしてやっているうちにできる様になった
だけだよ。

イリス*もともと素質もあったんだよ。


メィス*でも姉妹でもマルはお裁縫は苦手だって言ってたわね。料理は得意だけれどって・・・ 
早い話が、環境とやる気かもね。セージは両方とも上手よね・笑

f:id:nyanteicafe:20160315184825j:plain


セージ*そうだよ。誰だって訓練すれば、早いか遅いかの差だけで、できる様になるんだよ。 
そういえばエルダーは研究室に行きっぱなし?

メィス*そうよ、何だかねちょっと使い方が今一判らないのがあるから・・・って言ってたわ。

f:id:nyanteicafe:20160315184908j:plain


セージ*さぁて、俺も後で研究室には行かないとね。それまでやることがあったんだ。


イリス*まぁ試験の前って、何時って判っていても落ち着かないよ。

メィス*私は後で図書館に行ってるから・・・そうだ今日の予定メモに書いて貼っておかないとね。

f:id:nyanteicafe:20160315185107j:plain


ターナー*よぉ、セージ家は片付いたかい?


セージ*お蔭様で家も近くなったしぃ、今度の家はなんだかすごく落ち着けるんですよねぇ・・・(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160315185318j:plain


セージ*そういえばイリスは、大丈夫だったのかい?


イリス*取り合えずはね。あの気の強さだからね。多分今彼女も色々と考えているんだと思うよ。

f:id:nyanteicafe:20160315185512j:plain

メィス*イリスも、これからはいつもやっぱりどこかで一本しっかりした意思を主張しておかないと、何かの時には、また同じこと繰り返すと思うわよ。結婚する気なら長男だしね。

ターナー*おや、イリスの所は夫婦げんかか? 大人しいばかりにしていたら、示しがつかないからな! 
男はやっぱり、ナイトで在れ!だぞ。

セージ*ぷっ! ナイトって騎士のナイトですか? うちは何かと紳士であることを言われてきたけれど、
ターナー先輩はナイトなんだぁ~面白い🎶


イリス*俺ブリティッシュでなくてよかったよ。格式ばっているからなぁ・・・

f:id:nyanteicafe:20160315190028j:plain

 

メィス*さて、私はちょっと図書館に行ってこようかな!

イリス*あっ!俺もちょっと本借りてきておこうかな!少しセージみたいに家でもシッカリやれること
やらないとね。


        💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160315190130j:plain

セージ*エルダー昨日はありがとうね。、何か疑問があるとか聞いたけれど判ったぁ?

エルダー*うん少しづつね。 新しい機械もここに入るって知っていた?

f:id:nyanteicafe:20160315190246j:plain


セージ*うん、詳しい事は判らないんだけれど、俺たちが使いそうな物を研究所から、此処に入れてくれるらしいよ。 
お下がり品でも、あると便利だからね。どうしてもの物は新研究所のを使うとしてもね。


エルダー*なんだかほとんど新しい機械にしちゃうらしいんだよね。でも古いのもいるから、今までの研究所においておくらしいけれどね。

f:id:nyanteicafe:20160315190447j:plain


セージ*俺たちは中小企業みたいなものだからね、このまま此処が使えたらラッキーなんだよね。 
作業途中の物が置きっぱなしに出来るだろう?でも、新人が偉そうな事言えないしね・笑

エルダー*そうだよ。お下がりで十分だよ。いちいち空くの待って使わせてもらうよりも、気楽だしね。

f:id:nyanteicafe:20160315190535j:plain

セージ*この何とも言えない狭さが最高なんだよね。

エルダー*今週はね、ジョルジュさんも全然ここには現れないから、どうなったのか判らないんだよ。

f:id:nyanteicafe:20160315190625j:plain

エルダー*それでさ、イリス達とは上手く話し合えたのかい? イリスには聞きずらいから、何も話さなかったんだけれどさ! 

f:id:nyanteicafe:20160315190705j:plain

セージ*うん、多分大丈夫だと思うよ。イリスが今までになくきっぱりとした態度で、彼女に申し渡したからね。 彼女も、吃驚したんじゃぁないかな? うちも今回はSugarがはっきりと、彼女に言ってくれたしね。


エルダー*へぇ~何だって言ったんだい?

f:id:nyanteicafe:20160315190819j:plain


セージ*えへへ・・・セージは私の夫だから、変な事は言わないで!ってさぁ~
(デレデレ)初めてそういってくれたんだよ。

エルダー*お前も、何て顔して言ってるんだよ。声が緩んで溶けてきちゃってるぜ。

f:id:nyanteicafe:20160315190955j:plain

 

エルダー*俺も金・土曜日で、ガールフレンドとは別れたよ。もうずっとあっていなかったし、忙しくて会う時間がないからってね。

セージ*スゲェ~本当に実行したんだ。トラブらなかったの? そうだよね。よっぽど本気じゃぁなかったら、最初から
付き合い方は考えておかないとね。
薄情なようだけれど・・・お互いの為にさ。

運命の人って、最初の時から全然違うんだよ。理屈でなくて、大事にしなくちゃぁいけない人っていう気持ちになってさ・・・
簡単に好きだなんて言えなくて、結構混乱して悩んだりしてね。


        💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

と今日はそれぞれが自分のペースで、穏やかに過ぎていった日になりました。
それでも、一応試験前でもありますから、ちょっと早い目の5時頃には、家に帰って又勉強をすることでしょう。
雨は降ったりやんだりの1日でしたが、さすが3月も中旬なので、昼間は雪にはならずに小雨が煙るように降っていました。