Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

ワルシャワの3月は春だった(^^♪

金曜日の夕方にワルシャワにやってきた2人は、朝の時間少し外の空気を吸ってから朝食を食べにレストランに行き、セージはゼミを受けるために大学内の建物に向かう事にしました。

セージ君は研修などで、彼方此方近隣国など出かけていますが、実は街の中の事などほとんど知らないのです。何時もゼミや研究会だけで時間がいっぱいで、観光する時間はあんまりありません。

ですから、何時か卒業して自由時間が取れたら、印象の良かった国はMrs.Sugarと旅行で行こうと思っています。

         💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160319111953j:plain

Mrs.Sugar*ワルシャワは結構暖かいのね。もっと寒い国かと思ってたけれど・・・

セージ*そうだね。最近此処も暖冬気味らしいけれどね! 案外高層ビルもあって近代的だよね。研修で彼方此方行った所は、俺何も知らないんだよね。朝から晩まで外に出ることなく帰ってきたりがほとんどだからね。

f:id:nyanteicafe:20160319112222j:plain

Mrs.Sugar*それに大学の宿舎と言っても、今までで一番近代的なビルなのね・笑

セージ*この国は世界大戦の時に壊滅的に破壊されたから、新しい建物が多いんだってさ!

f:id:nyanteicafe:20160319112356j:plain


Mrs.Sugar:そうよね、私も昔学校の映画会だったか会社の労働組合の催しだったかで映画をで見たわ。それはもう酷いものだったのよね。


セージ*そうなんだ。俺は歴史の時間に映画見たし聞いたけれどね。 又今はヨーロッパはテロとか不安定になっているけれど、戦争だけは絶対にやってはいけないしとにかく無意味な暴力的な事は嫌だね。 俺は研究している物が人の役に立つ反面、怖いデメリットもあることを忘れちゃぁいけないって思っているんだ。

f:id:nyanteicafe:20160319112640j:plain


Mrs.Sugar*そうよね、セージは何時もそう言うものね。便利ばかりに頼って生きるのは、すごく気になるって!

セージ*そうだよ、色々開発する事を考えるのは、すごく楽しいのだけれど、何時も本当に良いのか
考えてしまうよ。だからせめて、地味でシンプルなものをって思うんだよ。

f:id:nyanteicafe:20160319112907j:plain


Mrs.Sugar*そうね。最低限必要な物だけの方が幸せっていうこともあるわよね。


セージ*うん、でもさ矛盾しているけれど、何かアンテナに引っかかる目新しい事が気になると、猛烈に知りたくなって、こうして
Sugarを引っ張り出して、来てしまったけれどね・笑  じゃぁあそこの大きな木の側の所辺りで12時に会おう。
      💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

(と、セージ君はゼミのある教室に出かけていきました。後姿はちょっとウキウキして見えるのが、Mrs.Sugarには可笑しくてなりません。そんな楽しいなら、一人で来ればよっぽど青春を謳歌出来て良いのにって思うのですが。。。)

f:id:nyanteicafe:20160319113244j:plain

セージ*Sugar待ったせてゴメンネ!お腹空いた?

Mrs.Sugar*ううん、ちょっと前に来て眺めていたところよ。朝食が遅かったから、ランチはもう少し後に
しない?

f:id:nyanteicafe:20160319113327j:plain


Mrs.Sugar*どうだったの?面白かった?


セージ*うん、開発したDRと少し話もできて良かったよ♪ 明日もすごく楽しみなんだ。 
うちの研究室にも興味持ってくれている人達にも出会ったしね。

f:id:nyanteicafe:20160319113432j:plain

Mrs.Sugar*良かったわね(^^♪  セージが生き生きとして話してくれるのは、とても分かりやすく言ってくれるから、興味深いわ。
そして、常に良い事ばかり考えずに、それからともう一つの事も考えるところが
私は好きなのよ。

セージ*それはね、今俺は祖父がとても厳しく躾けてくれたことに感謝するところだよ。 小さい時から、難しい事ばかり言っているって思ったけれど、言われたことが頭の中に残っているんだよね。

f:id:nyanteicafe:20160319113609j:plain


Mrs.Sugar*Granny自慢の旦那様だったんですものね。とても優しくて、素敵な方だったって! 


セージ*俺には本当に厳しくて、何ていう奴なんだって思っていたけれど、その分Grannyはとても優しかった
んだよ。俺はかなりのわんぱくだったらしいしね・笑
 

f:id:nyanteicafe:20160319113657j:plain


Mrs.Sugar*男の子は育てるのが大変だっていうものね。でも良い子に育ったのね・笑

セージ*とりあえずは、表面上は好き嫌いなく、癇癪も起こさなくなったし。。。

f:id:nyanteicafe:20160319113813j:plain


セージ*俺はもともとはSugarみたいに、天然で呑気じゃぁないかもしれないからね。 


Mrs.Sugar*えぇ~。私って呑気かしら? 変なところ神経質なのよ。でもやっぱり、私も祖母に育てられたから
どこかセージと似た考え方する事が多いかもね。

f:id:nyanteicafe:20160319113921j:plain


セージ*そうだね。年寄りはもう沢山経験したうえで躾けるから、あまり感情的に怒ったりはしないかも・・・

祖父は厳しかったけれど、何故そうしなくちゃぁいけないのか説明していたんだよ。小さい時は難しい意味もあまりわからないし、叱られながら、居眠りしちゃってさ・笑

Mrs.Sugar*AHAHAHAHAHAゝゝ、、、、やっぱり、ただ凄い怖いお爺様ではないって判っていたんじゃぁないの?

f:id:nyanteicafe:20160319114119j:plain

 

セージ*かもしれないね。だって凄く懐かしく思い出す事が結構あるからね。今でもこの頭の上辺りで何か言っているような気がするよ。

Mrs.Sugar*私もよ。もうね、格言で育ったようなもんで、でもこの年になったら、いちいち尤もだって
思うのよ。だからセージも、もっと大人になっていくと、言われたこと沢山思い出してくるわよ。

f:id:nyanteicafe:20160319114256j:plain


セージ*そういえばさ、Cafeのアルバイトさん決まったんだって?今回は間に合わなかった
みたいだけれど・・・

Mrs.Sugar*そうらしいわ。アートカレッジを今年卒業する人で、ちょっと前に結婚した人がいるんだけれど、その彼女
が午前中アルバイトしたいって言ってきているんですって!
卒業しても、午後は家でイラストかなんか描くらしくて、私たちはシャノアールの店で会った事ある人みたいよ。

f:id:nyanteicafe:20160319114416j:plain


セージ*じゃぁ若い女性なんだね♪ (男子学生でなくてよかったぁ♪)

Mrs.Sugar*ミントの後輩だから、28歳とかですって! カレッジは年齢は色々な様ですものね。

f:id:nyanteicafe:20160319114556j:plain

セージ*そうだよ。一旦仕事してから、勉強しに入ってくる人は結構多いからね。大学の時の同級生には、かなり年配の人もいたものね。

Mrs.Sugar*来週から来てくれるっていってたから、もしかしたら月曜日に来るかもとも言っていたわ。 
でも月曜日は一応シャノアールの所のルナルが手伝ってくれるって言ってたから・・・

f:id:nyanteicafe:20160319114732j:plain

セージ*こういう広い公園で、ぼんやり遠くなど眺めながら、のんびりするのって、気持ちが良いんだよねぇ~
此処は高層ビルがあるけれど、この公園でせせこましくないものね。

Mrs.Sugar*そうよぉ~。地震とか考えたら、高層ビルも程々にして、緑地帯はちゃんと作ってくれなくちゃぁね。

でも、地震はこの辺りはないのかしら?この公園は、ビル風も起きないようで、穏やかよね。大きな木があるからかしらね?

 

f:id:nyanteicafe:20160319114859j:plain

 

セージ*明日も午前中は、一人で時間つぶししてもらわないとならないんだけれど、大丈夫? 大学の中に図書館とかあるし,PCも使えるそうだよ。
映画のDVDとかも、見られるそうだよ。

Mrs.Sugar*じゃぁ気分次第で、そこに行くかもしれないわ。街の中見るのも、結構楽しいしね♪

f:id:nyanteicafe:20160319114950j:plain


セージ*Sugarがそんな風にしてくれるから、俺は本当に感謝しているよ。一人じゃぁどこも出かけられない
妻だったら、こうしてゼミなど受けには来られないもんね。

Mrs.Sugar*あら、一人でうろうろするのも楽しいじゃぁない?特に知らない国だなんてウキウキしちゃったりするわよ(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160319115043j:plain


セージ*だけどやっぱり、悪いやつもいるから気を付けてね。


Mrs.Sugar*AHAHAHAHAゝゝ、、、そうね。そう言えば私pullされちゃったわ。

f:id:nyanteicafe:20160319115127j:plain

セージ*絶対についていったら駄目だからね!もうニヤついちゃって・・・

Mrs.Sugar*あたりまえじゃぁないの!日本人は小柄だから、若く見られたのか、若い男子にpullだなんて
可笑しくなっちゃったわぁ~むふっ!ちょっとウキウキしたりして(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160319115252j:plain

セージ*Sugar、俺がいる事一瞬忘れたりしなかった?

Mrs.Sugar*だからぁ、一応夫がいるんですって言ったわよ!でもこちらの人って気にしないのかしら? 
暫く話しかけてきていたから。。。メインストリートだから、大丈夫そうだったけれど、結構シツコクついてきたけれど、婦人服の店に入ったら居なくなったわ。
結構観光客風の人もいたけれど、この国の人じゃぁなかったのかしら?

 

f:id:nyanteicafe:20160319115438j:plain

セージ*Even distance cannot keep us apart.I had no idea about the side of my personality until I met you.
I promise I'll make you happy.For you were my thrill

Mrs.Sugar*I adore you.

I’m looking forward to spending the rest of our lives together!

f:id:nyanteicafe:20160319115513j:plain


Mrs.Sugar*I think I like you more than you think.It's fun to be with you.


セージ*I just wanna be deep in your love.Don't let nobody touch it.Unless that somebody's me.

f:id:nyanteicafe:20160319115542j:plain

セージ*Sugarは何でも楽しむのは良いけれど、興味津々で何するかわからないところがあるのが心配だよ。

Mrs.Sugar*大丈夫よぉ~。案外慎重なんだから!

f:id:nyanteicafe:20160319115614j:plain


セージ*俺も似たところあるから、よくわかるんだよ。でも何事もなく今日あるのはラッキーだったんだて
思って、もう慎重になるからね。守らなくちゃぁならない人が出来たんだから!

Mrs.Sugar*私も最近は、セージに心配かけないように、気を付けているのよ。

f:id:nyanteicafe:20160319115725j:plain


セージ*俺も、もう少ししたら、こんな風にゼミとか受けには出てこないようにするしね。
そんな時間も、暫くはないだろうし・・・

Mrs.Sugar*でもセージは、まだまだ興味がわくことはいっぱいの年齢でしょう?

f:id:nyanteicafe:20160319115812j:plain


セージ*一般的にはそうかもしれないけれど、他の人よりも何倍も好きに色々やってきたからね。 
イリス達と話していて判ったんだよ。
ここいら辺りで、一旦落ち着いて研究しなくっちゃぁってね。


Mrs.Sugar*私の事なら、そんなに心配する事ないのよ。遠くにまでは行っていないからね。

f:id:nyanteicafe:20160319115908j:plain


セージ*判っているよ。Sugarが気を使ってくれていることは・・・結婚する前のSugarの方が気ままに
動き回っていたしね。

Mrs.Sugar*私こそもう少しは落ち着いて、セージの奥さんを楽しむわ(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160319115950j:plain


セージ*俺は何もかも恵まれ過ぎているから、少しは考えて暮らさないとねって思ったよ。 
Sugarにも本当に感謝しているよ。

Mrs.Sugar*私は十分今幸せなのよ。今までにないくらい一番幸せなのだと思うのよ。

      💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

と、公園で遠くの人などをなんとなく眺めながら、ゆっくりおしゃべりも楽しんだ2人でした。 お互いに相手の事を思いやって、穏やかに話し合えた素敵な午後でした。

午前中だけで、終わるゼミでしたので、今回は2人で居る自由時間が沢山あって、一番のんびりした研修旅行だったかもしれません。

ランチの後は少し街をぶらついて、夕方は早い目に宿泊所に戻り、シャワーを浴びたら、スーツに着替えるのは面倒なので、夕食はのんびりとルームサービスで食事を済ませたので、セージ君はちょっとご機嫌な1日になりました。