Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

Mrs. Sugar の雑記帳です。大部分がハンドメイドファッションを着ていますので、新しく出来たら着替えます🎶

ゼミが終わりりました🎶

さて、今朝も割合過ごしやすい気温の朝です。
今日の午前中で、ゼミはお終いです。
又その後Mrs.Sugarとセージは待ち合わせて、ランチを食べて少ししたら帰国です。
夕方には、家に帰りつくことでしょう。
今日はあまり彼方此方出歩かないで、Mrs.Sugarは校内の図書館などで過ごそうと思っています。
ダウンタウンは、搭乗時間までの間セージとぶらつく予定です。
        💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160320105202j:plain

セージ*今回はスーツ持ってきたけれど、必要なくてよかったよ。ゼミも教授達がラフなスタイルだったからね。まるっきり普段着は楽でいいよ。

Mrs.Sugar*やっぱり普段着が好きなのね? セージはスーツもよく似合うのにねぇ~

f:id:nyanteicafe:20160320105322j:plain


セージ*スーツ着たら、やっぱり背筋伸ばして、ピッと立たないとならないだろう?俺背があるから、どうしても
人と話すときは目線を合わせる為にかがんで話すから、普段着の方が楽なんだよ。特にスーツ着ちゃうとえらそうに見えてしまうからね。

Mrs.Sugar*そうね、背が高いのも大変なのね。

f:id:nyanteicafe:20160320105449j:plain


セージ*此処は一応初めて来た国だから、知らない人ばかりだし、皆年上みたいだしね。なるべく失礼が無いようにはしているよ。

Mrs.Sugar*でも何処行ったって、セージは大概一番年下でしょう?

f:id:nyanteicafe:20160320105555j:plain


セージ*まぁ多分そうなんだけれど、自分の学校は知り合いが多いから、気にしないけれどね。他所に言ったら、少しは気配りもしないとね。


Mrs.Sugar*でも、出席して良かったゼミで良かったわね。まぁセージの場合は、良い意味で知らない事を知るのは楽しいでしょうから、何処でも楽しめるでしょうけれど!

f:id:nyanteicafe:20160320105820j:plain


Mrs.Sugar*じゃぁ今日は私はなるべく校内の図書館に居るから、まずは覗いてみて! でも一応昨日と同じところで待ち合わせね。

セージ*OK!それでは気を付けてね。又後で・・・

      💛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛
(案外あっさりとセージはゼミの教室に向かっていきました。これならそのうち一人で泊りがけで出かけるようになるのでは?とMrs.Sugarは思いました。
しかし、幸せか不幸か西欧文化の中では、夫人同伴が何かと多いのですね。それでもかまわないのですが、セージはちょっと一緒に居たがりや病ではないかと心配な時があるのです。何時かは彼は一人で暮らさないとならないのですから・・・
Mrs.Sugarは図書館でDVDなど見ていましたが、彼女も野次馬ですから
やっぱりちょっとだけ、待ち合わせ場所近くのお店を覗くことにして出ていきました)

f:id:nyanteicafe:20160320110021j:plain


Mrs.Sugar*あらっ!案外早く終わったのね! もう完全に自由なのね。


セージ*やっぱり出てきていたね・笑お蔭様で、無事終了したよ。

f:id:nyanteicafe:20160320110125j:plain


Mrs.Sugar*今日も楽しいゼミだったの?


セージ*うん、とてもね♪ 俺は来てよかったゼミだったよ。他の色々な研究所の人や、大学院生などとも知り合いに
なれたしね。皆良い人達で色々な情報交換もできたんだよ。

f:id:nyanteicafe:20160320110252j:plain


Mrs.Sugar*本当ならゼミが終わったら、お付き合いで出かけたりしなくてよかったの?


セージ*そういう人もいるけれど、俺は昨日Sugarが待っているから!って言ったからいいんだよ。

f:id:nyanteicafe:20160320110406j:plain

セージ*一緒に!って言われたけれど、Sugarを取られると困るからって断ったよ。

Mrs.Sugar*セージがそれで良ければ、良いんだけれどね。じゃぁ今日はここで又時間を少しつぶして
ランチしたら、街を見ながら飛行場に行けばいいかしら?

f:id:nyanteicafe:20160320110537j:plain


セージ*それで丁度いいんじゃぁないの。特に行きたいところがなければ!


Mrs.Sugar*行きだしたら、どんどん彼方此方になっちゃったりして!今は将来の為に、ちょっとリサーチ
程度でいいと思うわ・笑

f:id:nyanteicafe:20160320110638j:plain


Mrs.Sugar*だからセージも、出たいゼミはまだ学生のうちに受けたらいいと思うわよ。 
大変だって言いながらも、今の方がゼミや研究のためと言えば、自由が利く時でしょう?

セージ*そう言ってくれるなら、Sugarの都合がつく範囲で面白そうなのがあったら行くようにするよ。でも今の所は、これで一段落って思っているんだ。

f:id:nyanteicafe:20160320110811j:plain

Mrs.Sugar*そうなの、若いセージだって、それなりに歳取るんだからね! まだ甘えが許されるうちに動いておいた方が良いと思うのよ。


セージ*Sugar、君は本当に俺の為に生まれてきてくれたような妻だよ。なかなか皆そんな風には
考えてくれないものだよ。ゼミで会った人達にに”いいね”って言われたよ。

f:id:nyanteicafe:20160320111059j:plain


Mrs.Sugar*結果セージが大出世しちゃったら、困るんだけれどね。何だか遠い所の人になってしまう
ようだもの。

セージ*大丈夫。俺は出世なんてしないから!したくもないしね。せっかくSugarと一緒に居る時間をたくさん欲しい
から、選んだ地味な研究をする仕事だよ。ただ、将来プライベートで研究したいことがあるからゼミ受けているだけだからね。

f:id:nyanteicafe:20160320111231j:plain


Mrs.Sugar*そうなの?どんなことがしたいのかしらねぇ~♪


セージ*それはね、Sugarにも今は言えないんだ。その時が来たら、Sugarにはわかるよ。一緒に暮らしている
んだから・・・

f:id:nyanteicafe:20160320111306j:plain


Mrs.Sugar*トップシークレットなのね・笑 かっこいいわね。


セージ*ちょっと映画みたいだろう? でもそんなかっこ良い事じゃぁないんだ。自分の為にだけの研究だからね。

f:id:nyanteicafe:20160320111354j:plain


セージ*その時にはSugarの協力は絶対に必要だし、そんな事考えているなんて、誰にも知られたくない研究だからね。

Mrs.Sugar*誰にも絶対に言わないわよ。

f:id:nyanteicafe:20160320111444j:plain


セージ*将来きっと俺には、絶対に必要な物をつくりたいんだ。絶対にね。


Mrs.Sugar*とても大事な事なのね?

f:id:nyanteicafe:20160320111538j:plain


セージ*うん、将来生きていくために、なくてはならないものなんだよ。


Mrs.Sugar*判ったわ。私の協力がいる時は何時でも言ってね。

f:id:nyanteicafe:20160320111617j:plain


セージ*俺の我儘な気分で付き合わせちゃっているけれど、こうしてSugarと一緒に誰も知らないところへ来るのも、何だか不思議な
気分がするね。 
とても大事な時間を過ごしているんだよ。

Mrs.Sugar*私だって本当に不思議な気分よ。以前にはなかった時間ですものね。

f:id:nyanteicafe:20160320111808j:plain


セージ*こんなにも沢山の人が居るっていうのに、知った人はSugarだけっていうのも、俺はもっと自由に
したいけれど、でもあれもこれも求めたら、すべてを失くしてしまうだろうから、欲張らない事にしたよ。
もうすこし、こうしたいなぁ~って思っているのが良いようだからね。なんでも少しは我慢する事って大事だって判ってきたからね!

Mrs.Sugar*セージってえらいなぁ~。尊敬しちゃうわ!

f:id:nyanteicafe:20160320111949j:plain


セージ*じゃぁ、尊敬されている今ぐらいが丁度いいんだよ・笑 一応夫だから、何か1つ位
尊敬されていなくちゃぁね。かっこつかないじゃない?

 

Mrs.Sugar*本当に!ばかばかしい事も平気で言ってる時あるものね。でも大丈夫、私の勘は当たるのよ。セージが”女性として好きです”って言ってくれた時に”私は幸せになれる”って感じたんだから!だからOKって言ったのよ。理屈じゃぁないわ・・・

それ以前から、とても誠実に接してくれていたしね。

ただ、歳がねぇ~AHAHAHAHAゝゝ、、、あまりにも若かったわ!
以前からのセージを知らなかったら”馬鹿言うんじゃぁないわよ”って思ったわよ。

f:id:nyanteicafe:20160320112153j:plain


セージ*俺もそう言われるんじゃぁないかと思ったよ。だから、ポプリさんがいるところで言う
事にしたんだ。

Mrs.Sugar*それは当たりだったわね。セージは知能犯だわ(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160320112302j:plain


セージ*そういえばさ、ゼミの休憩時間の時に雑談で、これからの世界はどうなるか話したんだよ。
まだたくさん生きなくちゃぁならないでしょう?科学などは、想定以上に発達しちゃっているしね。

Mrs.Sugar*うんうん、で結果はどういう話になったの?

f:id:nyanteicafe:20160320112352j:plain


セージ*一番多くの意見は、やっぱり人工衛星で暮らすようになるんじゃぁないかって話しでね。 
地球を捨てちゃうんじゃぁなくて、一時人工衛星で避難生活しなくちゃぁならない時代が来るんじゃぁないかって事で・・・

Mrs.Sugar*それは、SF映画やコミックに描かれているような世界が今実現しているから有りでしょうね。

f:id:nyanteicafe:20160320112541j:plain


セージ*でもそうなったら、金持ちは個人や同族でコミュニティ作って、そこで暮らすんじゃぁないかとか、
只そうなると、近親婚が増えて結果が悪いだろうとかさ、ノアの箱舟みたいな物が出来るんじゃぁないかとか、そもそもあれは事実で、過去にそうだったんじゃぁないかとかね・笑

f:id:nyanteicafe:20160320112640j:plain

 

Mrs.Sugar*セージはそうなったらどうしたいと思っているの?

セージ*Sugarはどう思うの?

f:id:nyanteicafe:20160320112712j:plain


Mrs.Sugar*私が生きている間にはそんな時代は来ないと思うからねぇ・・・

でも生きていると仮定したら、私は小さな島みたいな人工衛星が良いなぁ~。他の星の人とも適当に交流出来たら、間は距離持っていたほうが気楽じゃぁない?

セージ*俺も同じ考えだよ。 無人島みたいな人工衛星でさ、自給自足しながら気ままに好きな事して暮らすのが楽しそうじゃない(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160320112828j:plain

 

セージ*そう思ったら、今やっている事なんて何の役にも立たずに、ただのサバイバル精神と空中から水を作る事とか、発電が出来たら、後はエコな暮らしで、ミルク用の牛数頭と鶏数羽とか野菜の作り方とか、農学部でバイオなどやっているほうが有利だろうね。生き残っれるよ・笑
まぁ水耕栽培したり色々な機械はあった方が良いかもしれないね。

Mrs.Sugar*じゃぁ今から農学部のある大学に移る?

f:id:nyanteicafe:20160320113028j:plain


セージ*まぁそれは今の研究や、勉強していることが一区切りしたら、将来的に考えるかもね。


Mrs.Sugar*大変だねぇ~セージの年代の人は、勉強することがいっぱいあって!孤独な闘いですねぇ~。

f:id:nyanteicafe:20160320113214j:plain

セージ*何言ってるんだい。その時はSugarも一緒だよ。カプセルみたいな人工衛星で2人で暮らすんだよ。

Mrs.Sugar*私いくらご長寿でも、そこまで長生きはしていないと思うわぁ~AHAHAHAHAゝゝ、、、生きてたら魔女みたいじゃぁないの!面白そう(^^♪

     
         💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

そんな話をしながら、ランチを食べて、宿泊所に荷物を取りにいき、街を少しぶらついてから飛行場に行き、予定通りに暗くなる前に家に帰りつきました。
明日は月曜日ですが、代休を取ったので、1日ゆっくりして火曜日から通常通りです。
それまではゼミの内容を纏めて、更に色々調べ物をしてファイルを作る作業もする休日になるでしょう。