Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

セージ君はマルの相手を知っていたのでした!

今朝は何時もよりも暗い朝で、小雨が降っている朝になりました。
こんな休日は、1日中グズグズとぼんやりと過ごしたい気分になると言うものですが・・・
そうもいかない、大学院生のセージ君です。
でもこの忙しさもあと僅かで、ちょっぴりゆとりが出てくるかもなのです。
まぁ本当にちょっぴりのよううなのですが! 7月の試験が終わると、多分今の半分は楽になる事でしょうが、試験の結果がよかったらのはしですけれどね。

         💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160424122348j:plain

ZZZ......zzz......💤。。。......

f:id:nyanteicafe:20160424122403j:plain

💤。。。......💤。。。......

f:id:nyanteicafe:20160424122420j:plain

セージ*ン、ん?雨が......う~ん、ま、落ち着いて勉強できるかもね。

f:id:nyanteicafe:20160424122442j:plain

        
セージ*ふあぁ~......ってことで、リーディングでもしようかな。....

f:id:nyanteicafe:20160424122503j:plain

Mrs.Sugar *ん?ン、何これ邪魔なんだけれど…

 

セージ*何だよ?くすぐったいなぁ~。

f:id:nyanteicafe:20160424122527j:plain

セージ*向きを変えるから・・・

 

Mrs.Sugar *💤。。。......

f:id:nyanteicafe:20160424122600j:plain

Mrs.Sugar *あっ、起きなくちゃぁ~。朝だわ‼

 

セージ*今日は日曜で休みだから、まだず~と寝ていても大丈夫だよ。

f:id:nyanteicafe:20160424122627j:plain

セージ*今日は雨みたいだし、ずっと寝ている?

 

Mrs.Sugar*そうはいかないのよね‼まだ元気なうちは、少しは休みでも体動かさないと!

f:id:nyanteicafe:20160424122711j:plain

Mrs.Sugar*取りあえず朝のコーヒーくらいは飲みたいしね?セージは飲みたくないの? 私入れてくるけれど・・・

 

セージ*Sugarが飲むなら、俺だって飲むよぉ~。

f:id:nyanteicafe:20160424122746j:plain

Mrs.Sugar*じゃぁ、私入れてくるわね。セージはゆっくりしていて!

 

セージ*俺も一緒に行くから待っていて・・・

f:id:nyanteicafe:20160424122813j:plain

セージ*Sugar、他人が何と言おうが、思おうが俺は出来るだけSugarの側に居たいんだから...

 

Mrs.Sugar*まぁ、そういうなら一緒に上に行きましょう・笑

f:id:nyanteicafe:20160424122842j:plain

 

セージ*Sugar、今日も仲良く楽しく過ごそうね! 貴重な休息日なんだから・・・

 

Mrs.Sugar*そうね、当たり前みたいな1日だけれど、素敵な朝なのよね(^^♪

f:id:nyanteicafe:20160424122914j:plain

セージ*(とか言って2階に来たら、俺はお湯当番で・・・腹筋でもやろうっと!)

f:id:nyanteicafe:20160424122950j:plain

 

セージ*(休日は出来るだけ密着して過ごそうって思っていても、案外ままならないもんだね。)

f:id:nyanteicafe:20160424123039j:plain

セージ*(でも本は、もう今日で読み終わるよ。後は自分用資料作りして・・・どんなにネットなどが発達しても、俺は手書きの自分資料作らないと、しっかり頭に入らないんだよね。これをやっておくと必要な時には、書いたページが記憶のスクリーンに投影されるんだよ。  実はスゲェ~アナログ人間なのかなぁ? 両方使いこなせば、間は荷物にならなくていいって事なんだよね。)

f:id:nyanteicafe:20160424123138j:plain

Mrs.Sugar*セージ、セージったら、聞こえる?お湯わいたらお茶セット持って降りてきてくれる?

 

セージ*判ったよぉ!(って結局俺は何だったわけ?ここで腹筋しながら、お茶の準備するために場所移動させられただけじゃぁないか!  良いんだけれどさ!全然側に居なかったよね。もうっ、調子いいんだから!)

f:id:nyanteicafe:20160424123330j:plain

Mrs.Sugar*セージありがとう🎶 おかげで部屋をささっと片付けられたわ!

セージ*どういたしまして!何だかSugarに上手い事、操られた気がするんだけれど?

f:id:nyanteicafe:20160424123415j:plain

Mrs.Sugar*そんな事ないわよ。きっとセージの気のせいよ。後何日かですものね♪

 

セージ*本当に!ねぇ、もっとこっちに来てよ!休みの日くらい、もっとスキンシップしないと、俺パワーダウンしちゃうんだから・・・

f:id:nyanteicafe:20160424123456j:plain

セージ*こうしていないと、凄く寂しくなっちゃうんだから・・・

Mrs.Sugar*何で?昨晩から今朝まで一緒に眠っている時だって、くっついていたんだしぃ・・・

f:id:nyanteicafe:20160424123538j:plain


セージ*でもあれはさ、寝ちゃっているから、意識はないんだもの。こうしてわかっていて、スキン
シップがあるのとは違うじゃぁないか。

Mrs.Sugar*へぇ~セージはそうなんだぁ~。私は寝ててもしかり体感しているから、安心して夜よく眠れる
ようになったって思ってるんだけれどなぁ~。

f:id:nyanteicafe:20160424123624j:plain


セージ*最近のSugarって、、時々本当に意地悪く言うんだからね。判っているくせにさ!でも、意識的な割には、寝相が案外悪いのも意識的なのかい?


Mrs.Sugar*あらっ、そう? セージだって、本当の所は良く判っているでしょう。


(そうなんです。セージのこの駄々っ子のように甘えた事を言いだしている時は、どうやら、現実逃避して
ストレス発散している時の様なのです。 彼は口で言ってるほど、勉強は嫌いだとは思いませんけれど、あまりにも次々に勉強しなくちゃぁならなくなったり、他の人の分も背負って雑用が有ったりは、かなりのストレスになっているのでしょう。暫くこんな風にした後は、パッと勉強を集中して数時間詰め込みます。少しは気が治まるのでしょうかね。ドロップアウトが多いのは、一人暮らしの学生が圧倒的に多いようですから・・・)

        💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛 

f:id:nyanteicafe:20160424124123j:plain



Mrs.Sugar*ねぇセージ、そういえばこの間マルがお茶のみに来てね、ちょっと時間があったんで皆で
お茶飲みながら話してたんだけれど、マルにはどうやら意中の人が出来たみたいな風だったのよね。
まだ何も言われたわけじゃぁないけれど、その話進めるかどうか考え中みたいな事言って、私たちの時はどうだったか聞かれたわ。 変な相手じゃぁなかったら、悪くないんじゃぁないかと思ったんだけれどね。

セージ*。。。....ン。。。.....

f:id:nyanteicafe:20160424124229j:plain


Mrs.Sugar*ねぇ、セージったら聞いているの? 私は、セージと付き合って、思っていたよりも、ずっと
幸せだから、お付き合いするのも悪くないんじゃぁないかって言ったんだけれどね。 聞いてるの?ちょっと吃驚したでしょう?


セージ*聞いているよ。俺知っていたもん。

f:id:nyanteicafe:20160424124338j:plain

セージ*別に変な人じゃぁないと思うから、良いんじゃぁないの?Sugar達に言ったって事で、付き合う気になったんじゃぁないの・・・

Mrs.Sugar*あらっ、誰にも言ってないって言ってたけれど、セージ知っていたの?何で?

f:id:nyanteicafe:20160424124453j:plain


セージ*何時だったか、帰り道で裏道通ってきた時、Kissしてるの見たもん。


Mrs.Sugar*えぇ~そうなのぉ‼ ショックだったでしょう?特にマルじゃぁ・・・

f:id:nyanteicafe:20160424124546j:plain


セージ*何でショックなんだよ? 別に不倫してるわけじゃぁないんだし、ただ誰かがKissしているなぁ~って
思ったらマルだっただけだよ。

Mrs.Sugar*あはっ、そうよね。セージたちなら、普通はどうってことない事ですものね‼ 
シャノアール達にも言われたんだわ。Kissどころか、最初はハグさえしない私たちの方が、凄く変で目についたってね。

f:id:nyanteicafe:20160424124657j:plain


セージ*即じゃぁなくても、いずれ結婚するかもしれないんじゃぁないのかなぁ~何とも言えないけれどね。


Mrs.Sugar*何でそう思う訳?

f:id:nyanteicafe:20160424124738j:plain


セージ*何となく堅実に付き合っているって感じだったからね・・・2人が一緒の時何度も見ている
けれど、不自然さがなかったもの。 結構前からデート位はしているんじゃぁないかなぁ~。


Mrs.Sugar*そ、そうだったんだぁ~。へぇ~・・・・へぇ~。

f:id:nyanteicafe:20160424124826j:plain


セージ*Sugarだって、2人が一緒に居るの何度も見てるだろう?Kissしてるのは見てなくとも!


Mrs.Sugar*えっ!私見ていたっけ? 嘘ぉ・・・ン?まさか相手はDr.ローソン? そうなの? まさかぁ~そうなんだ! Dr.ローソン
の事は、ただお医者さんとしてしか認識してなかったわ。考えたら彼もまだ若い独身男性ですものね!

f:id:nyanteicafe:20160424124956j:plain

セージ*Oh, My Gosh ! Therefore you do not know it.I think I like you more than you think. I love you more than words can say.

 

Mrs.Sugar*You know I love you, I always will.


           💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

とそんな話で、Mrs.Sugarは、随分セージたちの習慣などにも慣れてきましたが、セージが余りにもマルの愛に関して淡々としてしか見ていないのには、吃驚したのでした。
まぁ個人の問題ですから、よほど問題のある人でない限りは、確かに騒ぐことではないのかもです。

しっかり観察するところはしているようで、堅実に付き合っているなら、結婚もありかもと思っているようですしね。  話を聞いて、ドキドキした私が馬鹿みたいでした。
確かに問題なのは、マルたちの事より、セージが言うように、自分たちの愛情をまだまだ育てなければの方に力を入れるべきかもと思ったのでした。