Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

途中から読み始めてくださった方へ...物語は2012年にスタートしています物語の始めはにゃん亭CafeのHP「小さな物語」にあらすじが書いてありますので、読んでみてください。プロフィールから入れます。Time killing notebookも暇があったら読んでみてください🎶 

日曜日になり、家へ帰る日に・・・

今朝は雲が多い日ですが、太陽もぼんやりと出てきているようです。
昨日はGrannyの所に来て、セージが育ったセージの部屋のベッドで目覚めた今朝です。
広い家なので、部屋はセージ君が家を出て行った後もそのまま保存されているので、何時でも泊まる事が出来ます。
ベッドもとてもしっかりした大きなベッドで、セージが使う前はセージの父親の部屋だった部屋です。

Mrs.Sugarは生まれて初めて、天蓋付きの大きなベッドで眠りました。

今朝目が覚めると、まるで絵本の中の部屋で目覚めた感じがしました。今の時代、こんな家があるなんてさすがにヨーロッパは凄いなぁ~と思いました。

もしかしたら、夢の中かと思いましたが、珍しくまだ隣で寝ているセージを見て、あらぁ~現実だわ‼って感動したのです。

そっと起き出して、窓を開けて庭を眺めていると、セージも起きてきました。
         💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160508174353j:plain

セージ&Mrs.Sugar*おはようございます。

Granny*おや、早起きね! Sugarはよく眠れましたか?  

f:id:nyanteicafe:20160508174420j:plain

 

Mrs.Sugar*はい、お蔭さまで、目が覚めた時には、クラシックなお部屋が見えて、もしかしたら夢の中かと思いましたわ・笑 昔の絵本の中と同じ部屋の様で・・・

セージ*それでね、酷いんだよ Granny、素敵な夢の中かと一瞬思ったんだけれど、隣で寝ている俺を見て”なぁんだぁ~現実だわぁ~”
って思ったって言うんだよ。
”白い馬に乗った王子様のKissで目覚めたんじゃぁなかったわ!”だって・・・グスン。

Granny*女性はね何歳になっても”白い馬に乗った王子様”は憧れですものね!

f:id:nyanteicafe:20160508174819j:plain


Dr.ローソン*おはようございます。何か楽しいお話のようですね?


Granny*えぇ、Sugarがね、朝目が覚めた時に、古い家の中で目が覚めたので、昔の絵本の中にいるような感じがして
夢かと思ったら、隣でセージがグーグー寝ていて、現実に返ってがっかりしたって言うお話していたんですよ・笑
 

f:id:nyanteicafe:20160508174916j:plain

       
セージ*”白馬に乗った王子様でなくて、悪かったよ!”もう酷いんだから・・・ブツブツ・・・

マルベリー*それは又残念だったわねぇ~Sugar。セージの呑気そうな寝顔じゃぁね・AHAHAHAHAゝゝ、、、


Dr.ローソン*女性は何歳になっても白馬の王子様に憧れる物なんですかね?


Granny*もちろんですわよ。ウィリアムってお呼びするのが良いかしら?それともローソンがよろしいかしら?

f:id:nyanteicafe:20160508175027j:plain


Dr.ローソン*皆にはローソンと呼ばれていますので、ローソンと!


マルベリー*Sugarは案外お嬢ちゃんのまんまなのよね・笑 


Mrs.Sugar*いえいえ、そんな事ないんですよ。年齢なりに・・・


セージ*ううん、まんまだよ。でもね、時々意地悪言って、俺泣きたくなる時があるんだけれど、気のせいか凄い嬉しそうな
顔してさ、それ見ると”おぉーChurchill家の嫁だぁ~”って思うよ。

f:id:nyanteicafe:20160508175142j:plain


マルベリー*セージ、それってどういう意味よ!


Granny*そうですよ。Sugarセージが我儘な事言ったりしたら、首根っこ押さえて、鞭でお尻を打っておやりなさい。


Mrs.Sugar*あらっ!そんな事しても良いんですか?


セージ*もうやめてよ! これだからうちは嫌なんだよ。Dr.ローソン、マルベリーと付き合うなら覚悟すると
良いですよ。

Dr.ローソン*AHAHAHAHAHAゝゝ、、愉快な家なんですね。じゃぁ僕も仲間に入れてもらって、セージ君が悪い事した
らそれでお仕置きに参加させてもらいましょうか!

          💛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160508175328j:plain

Mrs.Sugar *此処の道は本当に素敵な香りがして、うっとりするわぁ~(^^♪

マルベリー*この庭はGrannyがお嫁に来た時に、祖父が部屋の窓から丁度良く見えるように作った花壇なのよ! 
下だと判らないでしょうけれど、3階の部屋から見るとハート形になっているのが見えるわ。

Dr.ローソン*それは又素敵なプレゼントだね。


セージ*へぇ~そうだったの?俺知らなかったよ。今初めて聞いたよ。第一Granny達の部屋から花壇見た事なんて
なかったもんね。

f:id:nyanteicafe:20160508175430j:plain


マルベリー*セージは小さい時はむこうっ気が強くて、わんぱく坊主だったからね。それに小さい時に聞い
ても忘れちゃってるでしょうし。。。そこ行くと女の子は、共通の思いがあるから話を聞いたのかもね。

Mrs.Sugar*素敵なご夫婦だったのねぇ~。セージはそんな祖父母の血を引いているのね!

f:id:nyanteicafe:20160508175520j:plain


Dr.ローソン*マルベリーはお爺さんの事も良く覚えているんだろうね?


マルベリー*えぇよく覚えているわよ。男っぽくて、ウィットに富んでいて、素敵なお爺様だったわよ。 
でも、わんぱくセージには、やたらに甘いだけの両親に、祖父が代わって教育係をしたから、それは厳しかったのよ。 でも、本当はとてもセージの事を愛してもいたのよ。
セージには多分それは判っていたみたいで、小さかったけれどよく耐えていたわ。

f:id:nyanteicafe:20160508175700j:plain


Mrs.Sugar*そのおかげで、初めて会った頃のセージは、高校生なのに礼儀正しくて、とてもきちんとした学生だったわ。 優しかったし、良く手伝ってくれて、まさかこんな古い家系のお坊ちゃまだとは思わなかったわ。 何でも嫌な顔しないで、手伝ってくれたのよ。

セージ*本当にたまたまちょっと1日行った日だけ、暇だから手伝ったのが、夏休みぎりぎりまでのアルバイト
になってしまったなんてね。

Dr.ローソン*おやそうだったのかい?

f:id:nyanteicafe:20160508175833j:plain

 

セージ*本当に不思議な夏休みだったよなぁ~帰る時には、勝手に体が動いちゃって、大学の入学案内をもらってきたんだ。 それでメィスが進学したがっている大学だって聞いて、後から吃驚しちゃったよ! メィスはスペシャルで優等生だったからね。

Mrs.Sugar*本当に世の中不思議に満ちているわねぇ~♪ だから楽しいのですけれどね。


マルベリー*そうね、私までセージやミントが居る所が、移動先のリストに載っていたんで、躊躇わずに申し込
んでしまって!そうよ、セージが言うように体が勝手に動いてって言う感じだったわ。

f:id:nyanteicafe:20160508180003j:plain

セージ*じゃぁ飛行機の時間に間に合うように、その木の下で待ち合わせね。俺はSugarに見せたい所があるから適当に歩いてくるからね。

マルベリー*判ったわ。 じゃぁ後でね。

f:id:nyanteicafe:20160508180125j:plain

Mrs.Sugar*むふっ!セージは優しいのね。気を利かせちゃって!

セージ*だって、やっぱりさぁ、帰ったらDr..ローソンと、アートのマルベリー先生だろう? 行動には限界が
あるんじゃぁないの。って俺の国の人間は考えるよ。 他の国の人は知らないけれどさ・・・
そこは日本人に近いものがあるよ。

f:id:nyanteicafe:20160508180222j:plain


Dr.ローソン*セージ君は又気を使ったんじゃぁないかなぁ~。


マルベリー*ちょっとね! 自分もSugarと2人になりたかったのもあるでしょうけれど・・・でも変に気を
使うところもあるのよ。根はとても優しい子なのよ。

f:id:nyanteicafe:20160508180308j:plain

 

Dr.ローソン*僕はセージ君のようにひたむきに慣れないかもしれないけれど、あなたとはゆっくりといい関係を築いていきたいですね。

マルベリー*望むところですわ。まだ私たちは多少時間には余裕がありますからね。

f:id:nyanteicafe:20160508180357j:plain


Dr.ローソン*そうですね。セージ君は、やっぱり少し焦るところがあるでしょうね。Mrs.Sugarが
お宅のお婆様みたいに長寿で、元気なら良いんですけれどね。歳の差も年々感覚的には近づいてくるでしょうし。

マルベリー*私は良い時に、あなたに出会えましたわ。

f:id:nyanteicafe:20160508180444j:plain

 

Dr.ローソン*お互いに忙しい働き盛りですけれどね。貴女と知り合えて、僕は何だか人間らしさを取り戻した気がしますよ。 今までは24時間365日Dr.ローソンとして暮らしてきましたからね・笑
お互いにバツイチになったのは、やっぱり若すぎて自分の事だけで精いっぱいだったんでしょうね。

マルベリー*本当に! だから、私は弟自慢になりますが、若いのに情熱に任せたのではなくて、じっくりと見極めてSugarに目を付けた。
セージは大した
ものだと思っているんですよ。 さすが長男だってね・笑
あの子の今はSugarに出会わなければ、なかったって
思うんですのよ。

f:id:nyanteicafe:20160508180643j:plain


マルベリー*お待ちどう。遅刻じゃぁないわよね?


セージ*うんまだ時間があるから、良かったらぶらぶら飛行場に向かおうか・・・散歩には最高の天気だし。Grannyにはこのまま帰るっていったんでしょう?

f:id:nyanteicafe:20160508180822j:plain

Mrs.Sugar*本当よねぇ・・・こんなにお花が一杯の世界なんて!きっと天国ってこんな所かもねぇ~♪

セージ*天国だなんて、オーバーだよ。此処はずっと昔からこうだったよ。

f:id:nyanteicafe:20160508180926j:plain


マルベリー*Sugarは東京の近代的な街中で育ったのよね? ここは案外田舎でしょう?


Dr.ローソン*日本の近代化は目を見張る様だからね。

f:id:nyanteicafe:20160508181002j:plain


Mrs.Sugar*近代化って言うと、聞こえが良いんですけれどね。 私個人では素晴らしい文化があるのに、守り切れ
なかった国と言う気がするわぁ~。
私日本大好きなんですよ。でも日本に居るとそれが見えないから、海外で
の暮らしが良いんです。”故郷は遠きにありて思うもの”って言う歌がありますけれど、本当にそうなんですよ。


マルベリー*でも寂しくない?うちとしては大歓迎ですけれどChurchill家の人間になってしまって・・・
Grannyは大満足で、ご機嫌ですけれど・・・
 

f:id:nyanteicafe:20160508181132j:plain

      
Mrs.Sugar*私はセージと結婚した時から、完全に過去から脱皮した感じなのよ。それまでは、最後の日本への旅をして、もうサヨナラって思っていたけれど、まだ日本を引きずっていた気がするのよ。
最後の旅に、セージやイリスカップル達が一緒だったって言うのが可笑しいわよね・笑
まだ、セージとは全く何でもなかったのにね!

マルベリー*あらっ!そうだったの?


セージ*うん、俺とイリスはそのまま飛行場でSugar達と別れて、アメリカに研修と、色々な今後の手続き
に行ったんだよ。

f:id:nyanteicafe:20160508181308j:plain

Dr.ローソン*もうセージ君の中には、今を意識し始めていたんじゃぁないかい?
人間には無意識の中で、脳は将来を見ていると言う説もあるからね。
第六感とか、色々な言いかたをするけれど
多くの症例はあるんだよ。


Mrs.Sugar*そうなんですか?一人予約だったのが急にバスの席がきっちりで取れたんで、4人に変わったんですけれど、部屋は
取れなくて、日本式に4人一部屋で雑魚寝だったのよね・笑  日本式の畳の部屋で、お布団敷いて寝たんだけれど、寒いはずで行ったのに、温暖化で暑くって参ったのよねぇ~。

 

セージ*Sugarがフロントに電話して”暑いので夏の布団か毛布有りませんか!”って、”無いのでエアコンで冷房入れてください”って言われて、冷房入れて寝たんだよね・笑

マルベリー*そんなに暑かったの? 温暖化も困ったものよね。 

           💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛 

f:id:nyanteicafe:20160508181626j:plain


セージ*もう飛行場は近いから、後少しここで時間つぶしてから行こうよ。


Dr.ローソン*セージ君、Mrs.Sugarに出会えて、本当によかったなぁ~。それに結婚まで出来て!
その後気持ちは落ち着いたかい?

f:id:nyanteicafe:20160508181735j:plain


セージ*凄く満足しているんですけれど、でも、泣きたくなるほど悲しくなる時があるんです。 
これって、変ですよね? これ以上何が?って思うんですけれど、毎日研究室に行く時間だけなのに、Sugarと離れると彼女が恋しくて・・・
十分愛してくれているのが判っているのに、もっともっとって思ったり。。。


Dr.ローソン*それもきっと、一緒に居る週末も今は大部分の時間は勉強に追われているから、やっぱり若い
君としては少々欲求不満なんだろうね。独り者は独り者で、孤独を感じながら勉強漬けに耐えているんだよ。
セージ君は、ちゃんと結婚して一緒に暮らしているだけ、恵まれていると思うしかないよなぁ・・・
まぁ今度の試験が終わったら、少し時間的余裕が出てくるから、後もうちょっとで、かなりゆっくり出来るはずだよ。 結果次第だけれどね!

f:id:nyanteicafe:20160508182010j:plain


マルベリー*Sugarありがとうね。貴女も忙しいからゆっくりしたかったでしょうに、セージを誘って
来てくれて、どんなにかGrannyが嬉しかったか・・・きっとあなたが想像できないくらい喜んでいたのよ。
又張り切っちゃって、私は元気にもっともっと長生きして・・・なんて言っていたわ。

Mrs.Sugar*なかなか今の状態だと、前もって決めてが行く事が出来なくて・・・ちょっと行けそうだったんで! だって、Grannyはやっぱりセージの顔見たいでしょう? マルたちの連絡で、セージがMRS1で、注目浴びていい結果出せたんですもの。 可哀想なくらい、お勉強しているんだものね。

f:id:nyanteicafe:20160508182236j:plain


セージ*ねぇSugar、むこうのアイビーの有るあずまや見に行かない? 俺子供の時によく遊んだところ
なんだよ。

Mrs.Sugar*そう?じゃぁマルちょっと見て来るわね。

f:id:nyanteicafe:20160508182311j:plain


セージ*ほら、ここいら辺りは昔のままなんだよ。此処の蔦の木をよく登ったりしてたんだぁ・・・

 

Mrs.Sugar*セージの昔のままって、ちょっと前でしょう?10年も前じゃぁないんじゃぁないの?わんぱくだったって言うから!

セージ*ちぇっ!嫌な感じぃ。。。爺さんの顔が浮かんでくるよ。馬に乗って追いかけてきてさぁ・・・何も
悪い事していないのに!

f:id:nyanteicafe:20160508182427j:plain


Dr.ローソン*良い時期に誘ってくれたよ。素晴らしい景色だし、此処はうちとはかなり離れているけれど
吃驚するような、昔を思い出したりして・笑

マルベリー*でも本当に吃驚でしょう?初めて同行したお産で生まれた早産した子と、知らずして出会っていた
なんて! 

Dr.ローソン*今じゃぁ見降ろされる位育って、妻帯者だとはね。更にその姉と親しく付き合ってるなんてなぁ~。

f:id:nyanteicafe:20160508182534j:plain


セージ*Your love is there to guide me through.Til the end of time my love is yours. 
I'll give you every thing I can.

Mrs.Sugar*Oh,happiness Your words made me.

    
         💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160508182630j:plain

Dr.ローソン*久しぶりに学会に出たおかげで、まるで夢のような週末だったね。何年ぶりかでとても楽しく過ごせたよ。

セージ*又タイミングよく学会があって、マルが一緒に行ったよね。

f:id:nyanteicafe:20160508182752j:plain

マルベリー*だっていくら元気にしていても、明日の事は判らないから、今親しくさせてもらっているので、紹介しておきたかったのよ。安心するでしょう。

セージ*どうみてもまだまだ長生きしそうだよ。最近パワーがみなぎってきたなんて言ってたもの。

f:id:nyanteicafe:20160508182834j:plain


Mrs.Sugar*では、又明日でしょうかしら?


Dr.ローソン*そうですね。Mrs.Sugarも無理しないで、楽しく暮らしていたら、長生きできますからね。 
若い夫を持つことは女性にとって悪い事ではないんですよ。
セージ君がついているんだから、無茶さえしなけれ
ばね。

セージ*俺が見張っているから大丈夫ですよ。

 

マルベリー*何言ってる!今のセージは、もうデレデレしているだけじゃぁないの?


セージ*すげぇ嫌な感じ。行こうSugar。


Dr.ローソン&マルベリー*大当たりぃ~AHAHAHAHAゝゝ、、、又明日ねぇ・・・・・

        💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

と、楽しい1泊のお里帰りになりました。
今度は何時になるか判りませんからね。 セージは心の中でMrs.Sugarに沢山感謝の言葉を言ったのです。

言葉に出して言うと、年中お礼ばかりいう事になるので、Mrs.Sugarに”私達夫婦でしょう?当たり前なのよ!”って
言われて仕舞います。
Grannyに言われたとおりに、これから先何があるか判りませんが、一生大事にしなければって思っています。

時々虐められますが・・・それも仲良し夫婦の証拠ですね。

******

一部の方がなかなかページが開きにくい場合があるようですが、暫く待っていただくと
開くかと思います。画像を軽くしてみましたら、早く開くようですが、画像が汚くなってしまいましたので(写真に自己満足で拘っていますので!)又以前の重さに戻してみましたので、数日後から開くのが遅いかもしれませんが、宜しくお願いいたします。
お星さまをくださる方も、いつもありがとうございます。

これからも宜しくお願いいたします。