読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

休みの日はSugarの独り事......

今日はCafeお休み水曜日(^^♪
やっぱりMrs.Sugarには凄く嬉しいお休みです。
今日はお天気も朝はまぁまぁですし、早朝散歩は気持ちが良い時期なのですね。

 

日中はもう日向は暑くなって、日焼け予防しないと出かけたくなくなってきましたが、早朝はまだいいかなぁ~と言う感じです。
ちょっと早い目に家を出て、ゆっくり散歩しながらセージ君を送って行くのが、もう日課になったようです。今日はCafeの前のベンチに座ってお喋り少々です。
           💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

 

f:id:nyanteicafe:20160615112614j:plain

Mrs.Sugar*まだ何時試験か決まらないの?

 

セージ*うん、もうボチボチじゃぁないかってフランツさんと言ってるんだけれどね。早ければ来週くらいかもね。

f:id:nyanteicafe:20160615112645j:plain

 

Mrs.Sugar*まぁ、成る様になるでしょうからね。って言ってもやっぱり緊張する?

 

セージ*う~ん、緊張は程々にした方が良いんだろうけれど、それほどでもないよ。だってね、勉強はこれだけしたら十分なんて思わないじゃない? 何時も判らない事があるから、ある意味面白いんだしね。
ただ、俺の自己都合で受かりたいなぁ~って思うだけだからさ。受かったから即管理人になる訳じゃぁないしね。

f:id:nyanteicafe:20160615112705j:plain

セージ* je n’aime que toi.

 

Mrs.Sugar*Qu'avec toi je n'ai plus peur de vieillir.

f:id:nyanteicafe:20160615112722j:plain

セージ*Enchaînés désormais à tout jamais grandira notre amour.Qui sera pour toujours plus fort qu'au premier jour.💕

 

Mrs.Sugar*J'aurai sa jeunesse et mes plus beaux baisers.Sur sa bouche iront se poserr.

f:id:nyanteicafe:20160615112752j:plain

Mrs.Sugar*今日のは私巧く言えたかしら?

 

セージ*Sugar2人限の時ならどう言ってもいいけれどね。シャンソンもさ、結構下品な歌詞もあるから、外では気を付けるんだよ。意味がよく判っていたら、大胆な事も言えて都合が良いんだけれどね・ムッフ…!


             
              💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

 

f:id:nyanteicafe:20160615112827j:plain

Mrs.Sugar*やれやれ、もうセージったら、私がフランス語は良く判らないと思って、目いっぱい答えたんだけれど、そんな濃厚な事言てるかしらね?もう男性名詞とか女性名詞とかもあるんで、難しいのよねぇ~。

 

f:id:nyanteicafe:20160615112854j:plain


Mrs.Sugar*まぁ誰もいなかったから良かったけれど、確かシャノアールに教わった通り言えたと思ったんだけれどね。辞書でもう一度調べてみましょうっと!

f:id:nyanteicafe:20160615112912j:plain

Mrs.Sugar*ふ~んふふんふ~んふふん(^^♪La la la la ....

f:id:nyanteicafe:20160615112931j:plain

Mrs.Sugar*Tantot l'air est vif est gai~♪。だいたい歌詞なんて、日本の歌謡曲だって、結構気恥ずかしくなるようなエッチな歌詞だって多いんだから!

日本の歌の方がloveソングは多いのよね。

f:id:nyanteicafe:20160615112950j:plain

Mrs.Sugar*でもシャンソンは私の心はヴァイオリンなんて、素敵な題名の歌もあるのよねぇ~

f:id:nyanteicafe:20160615113009j:plain

Mrs.Sugar*さてさて、本当にボチボチ縫物をしたいんだけれど、セージの試験が終わってから始められるように準備しておきましょうっと!

f:id:nyanteicafe:20160615113031j:plain

Mrs.Sugar*あんなに一生懸命勉強しているんだから、やっぱり受かってほしいわぁ~。

f:id:nyanteicafe:20160615113050j:plain

Mrs.Sugar*はぁ~。うーーーーーん。セージには可哀想だけれど、こう言う時間

私は凄く幸せだわぁ~。

f:id:nyanteicafe:20160615113108j:plain

Mrs.Sugar*洗濯も済んだし、お食事の下準備も終わったしぃ・・・こういう時の満足感て、女性特有の物でしょうね。

f:id:nyanteicafe:20160615113127j:plain

Mrs.Sugar*そうそう、セージのお誕生日や試験を頑張ったのとで、お祝いしないとね。 今回は管理人試験受かったら、皆で持ち寄りパーティとかするのはどうかしら?
やっぱりクランベリーさん達とも仲良くしたいし、歓迎会も一緒にと言うので・・・Cafeでやれば良いでしょうしね。

f:id:nyanteicafe:20160615113147j:plain

Mrs.Sugar*セージに相談してみないとね。何か欲しいものがあるかしら?

f:id:nyanteicafe:20160615113215j:plain

Mrs.Sugar*私も同じなんだけれど、形のあるものは欲しいものって、あまりないのよねぇ~。

 

f:id:nyanteicafe:20160615113232j:plain

Mrs.Sugar*きっとセージも又、ただ家でゆっくり2人で過ごす時間が欲しいとか言うのよね。

f:id:nyanteicafe:20160615113259j:plain

Mrs.Sugar*そうだ、何時もの通りなんだけれど、この服と同じシャツが欲しいって言っていたから、確かシャツ1枚分は布が残っていたから、ハイカラ―のシャツでも縫おうかしらね。でも仕事の一部って感じよね!

f:id:nyanteicafe:20160615113315j:plain

Mrs.Sugar*お誕生日パーティって言っても、2人だけのパーティとか言いそうね。

f:id:nyanteicafe:20160615113333j:plain

Mrs.Sugar*でもね、今度はクランベリーさんご夫妻も移住してきたし・・・私は長男の嫁ですしねぇ。離れたかったら、くっついた方が結果的に離れられるのよねぇ。。

f:id:nyanteicafe:20160615113358j:plain

Mrs.Sugar*こういう時は長女のマルベリーさんに相談が良いかしらね。さぁて、ちょっと本でも読みましょうか!ちゃんと座って読めば大丈夫!

f:id:nyanteicafe:20160615113418j:plain

Mrs.Sugar*ふわぁ~・・・あくびばかり出ちゃって・・・

f:id:nyanteicafe:20160615113441j:plain

Mrs.Sugar*こうして座っているのも疲れるし、ちょっと背中伸ばして!

f:id:nyanteicafe:20160615113459j:plain

Mrs.Sugar*う~ん、ちょっとだけ・・・スゥ~......

f:id:nyanteicafe:20160615113517j:plain

Mrs.Sugar*......💤・・・・・

f:id:nyanteicafe:20160615113535j:plain

Mrs.Sugar*はっ‼ いけないいけない!寝すぎは良くないわ。

f:id:nyanteicafe:20160615113554j:plain

Mrs.Sugar*でも、やっぱり、少し転寝した方が、すっきりするわね。
これからの事考えたら、やっぱりセージが言うようにお昼寝して、セージが帰って来たら、寝る時間まで楽しく過ごしたいしねぇ。
試験が終わったら、セージのお勉強時間はどうなるのかしらね?

でもぉ、もう直ぐ終わるのよねぇ~(^^♪

  

           💛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

Mrs.Sugarもやっぱり、試験が終わってゆっくり2人で過ごすときが来るのがとても楽しみです。
何とか、管理人試験も受かってくれたら嬉しいのですが・・・
Mrs.Sugarもセージが自分の為に、地味な暮らしをしたいと言ってくれるのですが、どうしたものかと思う時があるのですが、まぁ気にしてばかりいてもね!

これから青春しても良い歳なのに、凄い歳の差の自分に合わせて、地道な道を選ぶ彼の生き方で良いのかが気になりますが、でもそれは傍から見た考えであって、本人が本当にそれが幸せと思っているのかもしれませんしね。

そこは最終的には、お気楽に好きに生きるのが良いんだから、彼の思うままにと思う事にしてしまうのです。
何が本当に良いのかなんて、簡単に判るものじゃぁないですものね?
たとえ自分の事であっても、明日の事だって判らないのですから・・・・・(結構無責任・笑)