読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

何もかも大事なことは終わりました。

何といっても一番ホッとしたのはセージ君です。 Mrs.Sugarに沢山フォローしてもらって、結構我儘も言って休みの日はベッタリ傍にくっついて居て貰ったのですから.....
自分でも情けない位、馬鹿な注文をしていると思いましたが、そうして勉強するととてもリラックスして勉強が頭に入るのです。

そして、休憩時間には目一杯スキンシップすると、又やろうと言うパワーが出てくるのです。  Mrs.Sugarは、まったく嫌な顔をしないで、セージ君の馬鹿みたいな希望を聞いてくれていたのです。
と、頭では良く判っているのに、Mrs.Sugarの事となるとセージ君らしくなくなってしまうのです。  それに感謝の気持ちで答えるには、それなりの結果を出さなくてはならないと思っていました。

まぁまぁだったかもしれないけれど、試験結果は悪くはなかったので、ホッとしました。   ですから、珍しく管理人試験も点数の方が気になり、少しは良い点をとらなくちゃぁ~っておもいました。

 

        ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20160624163050j:plain

セージ*ねぇSugar、夏休みになったら、庭木の選定とか俺以前みたいにやるからね。

 

Mrs.Sugar*あらッ!セージがやってくれるの? じゃぁ、おねがいね。 

f:id:nyanteicafe:20160624163122j:plain

セージ*うん、俺子供の時にガーディナーの側で遊んでいたから大体分かるから。。。

前にやったくらいなら出来るよ。


Mrs.Sugar*本当なら跡取りのお坊ちゃまなのにねぇ・笑   私と出会ってしまったばかりに、何でもやらなくちゃならなくなったわね。ハウスキーピングから、何もかも....。

f:id:nyanteicafe:20160624163131j:plain


セージ*良いんだよ。だってSugarの色々な物も、他人に触って欲しくないしぃ。Don't let nobody touch it .  Unless that somebody's me.

 

Mrs.Sugar*本当に可笑しなセージだわ。ねぇ、この子達も大きくなったでしょう? お客様にも大人しく触られるのよ。
ハリモグちゃんが臆病なはずなのに!  あらッ!もう時間だわ。

じゃあ、夕方までごきげんようセージ君。

      ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

 

f:id:nyanteicafe:20160624163328j:plain

セージ*あっ!言うの忘れちゃったよ!

 

エルダー*なんだい?忘れ物?

f:id:nyanteicafe:20160624163338j:plain

セージ*いやっ、Sugarに言わなくちゃって思ってたんだけれどね。

 

エルダー*仕事中だから、言いに行った方が良ければ行って来たら?

f:id:nyanteicafe:20160624163347j:plain

セージ*良いんだ、大した事ないから、ちゃんと行くだろうし。。。

 

エルダー*何処かに出掛けるのかい?

f:id:nyanteicafe:20160624163404j:plain

エルダー*試験が終ったら、気が緩んで忘れっぽくなったか?

 

セージ*いやSugarが、金曜日は点滴受けてから帰る事になってるのに、先週は忘れたとか言っちゃって、エスケープしたんだよ。   新しいナースに変わっただろう?ちゃんとターナー先輩が待っていて居てくれたのにさぁ~。

そう言う所は、子供と変わらないんだよ。

f:id:nyanteicafe:20160624163421j:plain

エルダー*人の好き嫌いがある様には見えないけれどねぇ........あぁ、シュタイナーさんが血圧計ろうとして腕を触ったら凄い鳥肌がが立って、硬直しちゃって、シュタイナーさんガックリしたって話しだね?

 

セージ*うん、シュタイナーさんは凄くショックだったって。痴漢みたいじゃないかってね。 何だかねぇ....。
鳥肌は自分でコントロール出来ないものね。で、先週はきっとナースしか見えなかったんだと思うんだ。   そのまま帰っちゃったんだよ。・笑

                                      ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20160624163440j:plain


Dr.ローソン*今日はMrs.Sugarはちゃんと現れるかな?

 

ターナー*俺が待っているからって、セージに言って置いたから来るとおもうんだけれどなぁ...。

f:id:nyanteicafe:20160624163451j:plain

ターナー*むっふふふ! まるで子供みたいだけれど、確かにあの細い血管は逃げちゃうし、注射が苦手な人は嫌な患者だよなぁ~。  注射される方も痛い思いもしてるんだろうけれど、Mrs.Sugarは痛い事は関係ない美容師やマッサージとか、触られるのが嫌だって言うから....色々患者さんと接するのは大変だよなぁー。

f:id:nyanteicafe:20160624163505j:plain

Dr.ローソン*君のお爺さんなど、愛想無いし怖そうなのに、患者さんには人気もあるから、やっぱり君だって愛想は決して良くないけれど、Mrs.Sugarは大丈夫だったし、他の患者さんの評判悪くないぞ!

f:id:nyanteicafe:20160624163519j:plain

ターナー*外来は慣れるまで大変だよなぁ~。Mrs.Sugarみたいな人は、他にもいるだろうし...
細かく考え過ぎたら限ないけれど、基本はやっぱりなるべく寄り添ってでの、治療は忘れちゃいけないだろうし日々勉強だなぁ...

 

Dr.ローソン*でもMrs.Sugarは、実に素直にアドバイスをきちんと聞くし、自分でもこうするのはどうかって質問してくるから、楽な患者さんなんだよ。黙って勝手な事はしないからね・笑    年齢はいってるけれど、素直な女の子みたいだよ。

f:id:nyanteicafe:20160624163533j:plain

ターナー*セージが好きになった気持ちがわかるような人って事だね?・笑

 

Dr.ローソン*まぁ、ちょっと変わったパーソナリティかもしれないけれど、あの家の嫁って言う感じだよ。

f:id:nyanteicafe:20160624163545j:plain

Mrs.Sugar*あのぉ~。こんにちわぁ...。先週は忘れてしまって、ごめんなさいね。

 

ターナー*Mrs.Sugar診療所に来られるときは、ちゃんと僕かDr.ローソンが待っていますからね・笑

f:id:nyanteicafe:20160624163559j:plain

Mrs.Sugar*あらッ!新しいナースさん、貴女の事をどうだとかいう訳では、ないんですよ。

 

ナース*大丈夫ですよ。慣れるまでは皆さん緊張なさりますよね。私も、患者になったら、同じですもの・笑

f:id:nyanteicafe:20160624163611j:plain

ターナー*暑い間は脱水になりやすいからね。点滴はちょっとは違うと思うけれど?

 

Mrs.Sugar*は~い。肌に張りが出たんです。

f:id:nyanteicafe:20160624163622j:plain

ターナー*時間がかかるから、昼寝していて下さい。何か有ったら声掛けて下さい。
多分少ししたら、セージが来ると思いますよ。

f:id:nyanteicafe:20160624163639j:plain

ターナー*気分悪くないですね?

 

Mrs.Sugar*はい。

f:id:nyanteicafe:20160624163650j:plain

ナース*じゃぁごゆっくり休んでいてくださいね。


Mrs.Sugar*ありがとう。

f:id:nyanteicafe:20160624163701j:plain

ターナー*ホラほら、迎えに来たな?


セージ*あれ?Dr.ローソンも、今日は往診が終わったんですか?

 

Dr.ローソン*休憩中だよ。 新しいナースの様子もどうかな?って思ってね。 慣れたら往診の同行もしてもらうからね。

f:id:nyanteicafe:20160624163712j:plain

セージ*(じゃぁ、ちょっと待ち時間は資料を読んで....。 )

f:id:nyanteicafe:20160624163727j:plain

Mrs.Sugar*セージ来てくれたの?


セージ*うん、一緒に帰ろうと思ってね・!

f:id:nyanteicafe:20160624163738j:plain

ナース*旦那さまがお迎えで良かったですね。ゆっくり起きてくださいね。

f:id:nyanteicafe:20160624163752j:plain

セージ*ふらついて落ちるなよ。ホラ靴はいたら椅子に座って!

f:id:nyanteicafe:20160624163804j:plain

Mrs.Sugar*ベッド片付けてくれるの?


セージ*うん、簡単にね。さぁ、帰ろうね。
           

                          💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

それから2人で仲良く、ブラブラ散歩しながら家に帰っていきました。 そんな何でもない事が、セージにはとても幸せな事なのです。
もう後は夏休みになるのを待つだけですが、双子の姉のクランベリー夫妻が引っ越して来たとの連絡がありました。

 

結局は、病院に隣接している職員用フラット(集合住宅 )がセキュリティもシッカリしているので、そこに住むことになりました。
3ベッドルームなので、Mom(母  )が来た時の部屋もあるので、Momは来る時は身一つで来れば良いだけですし、週3~4日メイドを頼んだので、夫婦でフルに仕事しても問題なしですね。