Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

Mrs. Sugar の雑記帳です。大部分がハンドメイドファッションを着ていますので、新しく出来たら着替えます🎶

又今日は小雨模様の休日です。

今日の日曜日も、小雨が降ったり止んだりで、午前中はセージ君は、9月期に必要な資料作りに熱中していました。
Day to do nothingは学生には無理なようで、特にWANNYANWONDERLANDの大学院は、本当に過酷なくらいに勉強や研究しなくてはなりません。 他国からの転入学希望者もかなり多いのだとかで、受け入れ条件を厳しくしているので、内部から上がって行った学生もとても厳しい内容になっています。

 

結果を出せれば、本人の自己管理なので、のんびりしていても問題はないのですが、スキャンダル的な事に関しては品格を落とすと、厳しくされる条件になります。
試験も結果は良かったので、やっぱり昨年度よりかなり楽になりましたが、やる事は一向に減りはしないのです。

 

セージ君今年度は卒業までには、あといくつかの学位論文を作成、提出して修了です。
セージ君が希望するような、ちょっと我儘な研究員になるにはグレードも上げ、最高グレードでなければ我儘は許されないと思ったのです。それはセージ君の拘りです。ですから何時も若干睡眠不足が溜まっているので、今年の夏休みからは、時々Mrs.Sugarと一緒に昼寝です。
       
      💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

f:id:nyanteicafe:20160828095408j:plain

    。。。。。。........スゥー💤。。。。。。。........

 

f:id:nyanteicafe:20160828095424j:plain

      クククゥ~zzzzzスゥー💤。。。。。。。....

f:id:nyanteicafe:20160828095434j:plain

       💤.......zzzzz    。。。。。。....

f:id:nyanteicafe:20160828095445j:plain

Mrs.Sugar*ン? んン。。。?

 

セージ*.......スゥー💤。。。。。。....

f:id:nyanteicafe:20160828095511j:plain

Mrs.Sugar*朝が来たっけ? あらぁ~、セージもお昼寝?

 

セージ*ん~ン、もう少しこのままで。。。........💤

f:id:nyanteicafe:20160828095525j:plain

Mrs.Sugar*私は起きるもんねぇ~。セージは寝ていたらぁ~。

 

セージ*もそもそ、もそ・・・・せっかくいい気持だったのにぃ。。。

f:id:nyanteicafe:20160828095538j:plain

Mrs.Sugar*だって、これ以上寝たら、寝すぎちゃいそうだわ!

 

セージ*うーーーーーぅ。起きるよぉ~.....

f:id:nyanteicafe:20160828095550j:plain

Mrs.Sugar*1日中寝ている日を作ろうって言っていたのにね・笑 もうボチボチエンジンかけないとでしょう?

 

セージ*まだ大丈夫なんだけれどね。正確には9月末頃までに登校すれば良いんだけれどさぁ。。。....

f:id:nyanteicafe:20160828095617j:plain

Mrs.Sugar*でも9月の初めには、セージ達は1度皆集まるんでしょう?

 

セージ*今回はね。正式に客員研究員に成れたって話が合って、ミーティングがあるんだよ。

f:id:nyanteicafe:20160828095632j:plain

Mrs.Sugar*じゃぁ、どうなるか判らないんだから、ね?

 

セージ*大体は、やらなくちゃぁならない事は出来上がったんだよ。

f:id:nyanteicafe:20160828095650j:plain

Mrs.Sugar*昨日も夜遅くまで起きていたでしょう?

 

セージ*そうでもないよ。ちょっとだけだよ。俺寝不足には弱いからさぁ。。。

f:id:nyanteicafe:20160828095703j:plain

セージ*ねぇ、ゲームやろうよ。やっぱりさ、少しは遊ばないとね。

 

Mrs.Sugar*良いわよ。

f:id:nyanteicafe:20160828095717j:plain

Mrs.Sugar*じゃぁ、どちらが先行か決めないとね。 えーと、コインを投げて決めるのよね!私はラフ!

 

セージ*じゃぁ俺はスムース。あっ、俺が先行だぁ~♪

f:id:nyanteicafe:20160828095731j:plain

Mrs.Sugar*まずディバッグの中身を確認して・・・

 

セージ*まずレベル1だから、1週間でバルカン半島一周で、ゴールはスタート地点に戻るって言うコースで!

f:id:nyanteicafe:20160828095745j:plain

Mrs.Sugar*任せなさ~い!今までのゲームで旅のコツを大分覚えたんだから、ポイントでスタンプ押せば良いんでしょう?それはかわらないわよね?

 

セージ*そうだよ。どちら周りで行くかは任意でね。 そうだ、9月期始まったらさ、あの靴を履いて出かけて欲しいんだ。それと休みの1日と仕事の日1日間は又リハビリスーツ着て過ごしてよ。リポート出さないとならないんだ。

f:id:nyanteicafe:20160828095758j:plain

Mrs.Sugar*判ったわ。でも仕事の日は、上に何か来てアンダーウェァとしてで良いって言ってたわよね?

 

セージ*もちろんだよ! あのスーツ着て人前には出て欲しくはないなぁ~。

f:id:nyanteicafe:20160828095823j:plain

Mrs.Sugar*そうだわ、暑い日だったら、エプロンドレスを上に着ちゃえば良いわね。

 

セージ*あぁ~、それでもいいよ。 気分的には何となく抵抗あるけれどね。

f:id:nyanteicafe:20160828095838j:plain

Mrs.Sugar*何でセージが抵抗あるのよ?

 

セージ*だって、まるで裸でいるみたいに抵抗感が無い感じって言うからさぁ・・・

f:id:nyanteicafe:20160828095857j:plain

Mrs.Sugar*だってそんな感じしなかった? 軽いし、あの素材は肌にピタッと張り付いたみたいな感じがしたんだもの。そうよまるでセージを着ているみたいに。AHAHAHAHAHAゝゝ、、、、。

 

セージ*凄い感じ悪い表現の仕方だなぁ~。。。。

f:id:nyanteicafe:20160828095911j:plain

Mrs.Sugar*凄く判りやすいでしょう? 嫌な感じだとは言っていないんですから、良いじゃぁないの・笑

 

セージ*ま、微妙な気分だけれど、その位Sugarの一部になっていられたら良いんだけれどね。 何時も邪魔にならずに一緒に居られるじゃない?

f:id:nyanteicafe:20160828095923j:plain

Mrs.Sugar*セージって、本当に何でも前向きな考え方が出来るのね。素晴らしいわ!だから、色々な事があっても、次の何かが産まれるのね!

 

セージ*それって、もしかして褒めている?

f:id:nyanteicafe:20160828095936j:plain

Mrs.Sugar*勿論よ!人が褒めているのに、ちょっとだけ疑り深いのよね・笑 その性格がきっと研究者向きなのかもしれないわね。

 

セージ*では褒め言葉として、ありがたく拝聴しました。

f:id:nyanteicafe:20160828095959j:plain

Mrs.Sugar*あらっ!別コース取ったかと思ったら、道がちょっと違うだけで、同じ方向に向かっちゃったわ! 遠回りしちゃったじゃぁないの。私って馬鹿みたい。

 

セージ*まぁ、先の事はまだ分からないからね。時間差で気象条件が変わったり、色々出てくるから....

f:id:nyanteicafe:20160828100014j:plain

Mrs.Sugar*そう言えば、荷物の中にはコンパスとか寝袋とかも入っているって事は、野宿も有りって事?

 

セージ*時にはね。その方が効率よく前に進める場合もあるでしょう?

f:id:nyanteicafe:20160828100030j:plain

Mrs.Sugar*ねぇ、私お洒落もしないし、休みの日はこんなふうな過ごし方嫌いじゃぁないし、それでもセージは幸せな暮らしだって思っている?

 

セージ*勿論だよ。Sugarこそ、俺はこうしてどうってことない話しながら、時々雨とか、青空や、星や月を眺めながら、ゲームやっている暮らしが好きだけれど嫌にならない?  綺麗に着飾って、お茶会とか行ったり、ショッピングに行ったりしたくならない? 行きたいときは行っても良いんだよ。

ただしそれが毎日が好きなら、何時か俺たちの間には、溝が出来てしまうかもしれないって考え
ないとならない時が来るかもしれないけれど・・・そんな悲しい事は考えたくないんだけれど、人の心は変わるものだからね。
      

                  💛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

こんなふうにして、2人は遊んだり、何か気になる事が出てきたら、素直にその時に話し合うようにして暮しています。お互いに譲れるものは譲り合って、努力していかないと、人と暮すのは難しい事だと思って居るからです。 

これが同世代、同じ国同士なら、もっと無神経に暮らしたかもしれませんが・・・

大きな歳の差と、習慣の違いがあるから、とことん話し合って、2人が何時までも幸せに暮らせるようにと決めた事です。
ごく気楽に話しているので、疲れるという事はないのです。この辺りは日本人とは違ってコミュニケーションを大事にする西欧人の素敵な所ですね。

意見が違う時ももちろんありますが、お互いにへぇ~と驚き、譲れる方が譲って、過ごしているのです。

やはり2人で育てて行かないと、愛の灯も巧く燃え続けてはくれないでしょう。