Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

フランツさんに細かくレクチャー

セージ君はやっぱり、リーダーになったフランツさんに、色々と表だった事はお任せしたい気分なので、色々質問される事には、丁寧にレクチャーする事にしました。
ターナー先輩が適任ですが、今はターナー先輩はちょっと忙しくなっているので、取りあえずはリーダーになったフランツが良いかと思たのです。

こんな時はメィスが男だったらなぁ~と思ってしまいますが、でも一応リーダーが代表が良いでしょう。
そんな訳で、朝から適当な時間に教室に出ていくことにしました。
ついでにざっと自分も、初歩に戻って確認です。

      ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

セージ\今日も俺は昼頃までは、プロジェクトの教室に行ってるからね。あっ!朝はプールに行ってそれからね。 夏期講習だった月・木はプールに寄ってから、教室に出て行くよ。

 Mrs.Sugar\じゃぁセージの夏休みはもう終わったのね。

 

f:id:nyanteicafe:20160908090723j:plain

セージ\う~ん、まぁ半分はまだ夏休みで居たいんだけれどね。フランツさんに研究課題を詰め込んでもらって何かの時は、彼がリーダーだから、代表で出てもらいたいと思ってね。

 Mrs.Sugar\セージは自分が研究開発者なのに、人に譲ってしまっても良いの?

f:id:nyanteicafe:20160908090732j:plain

セージ\うん、研究したり開発したりは好きだから、仕事にはしたいけれど、ただそれだけだよ。 俺はSugarと暮せることだけが夢だったんだから、他には何もいらないんだぁ~💕 色々な所に出て行くのも、もう今まで十分に出たからね。
Sugarと2人の今の暮らしが一番目新しくて、当分、いやいや、多分一生飽きずに今

のままで居られたら、凄く幸せなんだ。

 Mrs.Sugar\まぁ、欲がないのね?

f:id:nyanteicafe:20160908090755j:plain

セージ\I feel you dear in every day, and the love continues for a long time all the time.

 Mrs.Sugar\Of course, as for me, love deepens on the faith of you every day.

 

セージ\From the top of the head to the point of the foot, I love all of you.

 Mrs.Sugar\I love you so that I am not defeated by you.


          ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

 

フランツ\悪いなセージ。まだ皆休んでいるって言うのにさぁ~。

 セージ\別に全然悪くないよ。フランツさんには全部覚えてもらわないと、リーダーなんだからね。

f:id:nyanteicafe:20160908090841j:plain


フランツ\俺も気合入れて勉強するからさぁ~。

 セージ\うん、大丈夫だよフランツさんは機械とかが専門だから、直ぐに覚えられるよ。まだスタート地点にたったばかりの研究だからね。

f:id:nyanteicafe:20160908090858j:plain

セージ\俺はもう1回最初から復習して、次の段階に進むからね。一緒にやろうね。取り敢えずもう試作品作り始めたの?

フランツ\あぁ、善は急げって言うからね。この間から作り始めたよ。

 

セージ\まず最初は理屈じゃなく一個作ってみると良いと思うよ。もう理論的な事はフランツさんは一通り勉強は済んだんだから。作り始めたら、自然に資料に書いてあることが判ってくるとおもうよ。

フランツ\まぁ、とにかく作ってみるよ。

f:id:nyanteicafe:20160908091000j:plain

セージ\俺は今頼まれている分の試作品を仕上げちゃったら、又ちょっと考えたいと思っているんだよ。

 フランツ\お前年中考える事が有るやつだなぁ~。

 

セージ\今度は作ったらすぐに実験室で実験できるから、凄く楽しみだよ。結果がすぐにわかるって、何が悪かったとか、気分がホットな内に考えられるじゃぁない?

フランツ\それはそうだよな。今までみたいに、説明をあれこれ書いて、順番を待って実験してもらっては、気が長い話だし、自分の手でやるのとは、随分手ごたえが違っただろうからな。

 

セージ\でも今までは、勉強もあったから、待っている間に勉強してって、感じで良かったんだけれどね。

フランツ\まぁ、来年研究員になるのが楽しみだろう? プロジェクトが出来ちゃっているから、あんまりほかの研究の手伝いとかに関わらなくて良いだろうしね。

f:id:nyanteicafe:20160908091232j:plain

セージ\普通に研究員に採用になったら、やっぱり彼方此方の手伝いからやるんでしょう?
フランツ\そうだよ、使いっぱしりが多いんだぜ。その間にふるい落とされて、何か良いものを研究開発しなければ、ずっと使いっぱしりで終わる研究員も居るんだぜ。

 

セージ\でもさ、そう言う人も居てくれないと困るんだよね。

フランツ\そらぁそうだよ。自分の研究している人だって、一人っきりで何もかもって言うのは大変だからな。 ずっと見ていないとならないものもあったりしたら、交代してくれる人がいなくちゃぁ、飲まず食わずで寝る間も無い事になるだろう。 
それが良いって奴もいるんだけれどね。

f:id:nyanteicafe:20160908091318j:plain

セージ\へぇ~そうなんだ。スゲェタフじゃぁないとやってられないよね。

フランツ\自分の研究を人には触らせたくないって言うんだから、仕方がないよね。 そういう感覚の奴も少なくないけれどね。

 

セージ\研究者は、変わり者が多いっていうものね。

フランツ\お前だって、その研究者の一人になるんだぜ。

セージ\俺は研究開発が出来れば、何の文句もないよ。皆に早く覚えて欲しいよ。誰が見ても良いし、利用して、何か作ってくれたっていいんだよ。良い事に役に立つ物にしてくれればね。 悪い事に利用されなければいいんだ。

f:id:nyanteicafe:20160908091405j:plain

フランツ\それには、此処の研究所は最適じゃぁないか、研究開発した人は研究所のプレートに記されるだけで、権利やその他は、全部研究所の管理下に置かれるんだからな。”よしよし”って理事長達が言ってくれるくらいかな?

 

セージ\個人的に名誉等を得たい人向きじゃぁないよね・笑

フランツ\そうだよ、個人名は出ないからね。気楽っちゃぁ気楽だよな。個人でやる人みたいに、資金の心配しながら研究する事は無いからね。有るのは冬と夏の長期休みと、年俸だけだよ。

f:id:nyanteicafe:20160908091424j:plain

セージ\毎年契約更新するんだろう?

フランツ\そうだよ。基本的にはね。でも此処は研究員になれたら、形式だけ毎年の契約だけれど、終身雇用と同じようなものなんだよ。
よっぽど問題起こさない限りはね。のんびり研究しながら、暮したい奴向きだよ。

 

セージ\やっぱり、俺の希望通りの研究員暮らしだね。

フランツ\お前位のひらめきが有ったら、独立して研究開発した物を企業に売った方が、金になるけれどね。

f:id:nyanteicafe:20160908091513j:plain

セージ\お金は、Sugarと2人暮らしていければ良いんだよ。この国は、公共料金はほとんど無料だし、医療費や教育費も無料だから、贅沢したい人は別だけれど、十分じゃぁないの。

 フランツ\だからさ、お前みたいな若いのにもかかわらず、そんな考えの奴は変わっているんだよなぁ。 じゃぁなければ、セージの国はまだ階級制度が根本には残っているから、お前の家は例外みたいだけれど、働かないでくらしているだろう? お前の家族だって、仕事は好きみたいだけれど、皆呑気じゃぁないか・・・上昇志向がないんだよなぁ~。

f:id:nyanteicafe:20160908091526j:plain

セージ\俺は目的が出来たから、あるところまでは目標達成はするよ。

フランツ\でもより上にって言う気はないだろう?

 

セージ\まぁね。Sugarが昔、真剣に勉強したり、仕事している男が魅力的で好きだって言っているのを聞いたから、俺は考えて今の生き方を選んだんだよ。研究者は元気ならリタイアもしないで、ずっと研究暮らしだろう?

フランツ\そりゃぁそうだ。 好きな事やるんだからな。

f:id:nyanteicafe:20160908091609j:plain

セージ\うちはDadも、今は国に帰って愛する恐竜の研究だけになったけれど、凄く幸せそうだよ。 そんな家だったから、俺は今の仕事が出来たんだけれど、まさにSugarの希望通りの暮らしをする夫になれるだろう?

 フランツ\まぁね。そう言われればそうとも言えるかな?

セージ\フランツさんも、きっと良い相手と巡り合えるよ。もう昔からそう決まっていたように出会うみたいだよ。

フランツ\そうなのかねぇ。。。そういう事にしておくよ。

     💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💛

と、まだ夏休み中でもあるので、のんびりとスタートしたのでした。
セージは9月期からは自分で、今年の自分の目標を作りました。卒業するまでに勉強や研究は急ぐごとなく着実に進めて行けば、問題なく卒業出来て、そして来学年からは正式な研究員になれるでしょう。

 

ですから、体に気をつけ、規則正しく暮らして、後はなるべく大好きなMrs.Sugarと夫婦らしく過ごすようにする事という目標です。夫らしく目いっぱい、彼女を愛して、元気に過ごせる日を長く続けてもらえる様に暮らしたいと思っています。

凄く歳の差があるという事は、共に過ごす日が、他の人より短いという事です。
ですから、万が一不自由な体になったとしても、自分が介護して一緒に暮らすつもりでいます。

彼女が大好きだと言っているように、自宅で仕事も出来れば、一生懸命勉強や研究する姿も見てもらえれば、自分もずっとMrs.Sugarの愛情を、独り占めできるのだと思っているのです。
ですから、目標に向かって歩き続けようと・・・ですから、セージは今目標が定まり満足しています。