Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

途中から読み始めてくださった方へ...物語は2012年にスタートしています物語の始めはにゃん亭CafeのHP「小さな物語」にあらすじが書いてありますので、読んでみてください。プロフィールから入れます。Time killing notebookも暇があったら読んでみてください🎶 

フランツさんとバッタリ出会う事に・・・

今朝も日曜日ですが、お天気は朝から青空になって、風はかなりひんやりしてきました。Mrs.Sugarのリハビリも合っていたのか、かなりの回復になりました。今日は家から近くを、車椅子無しで散歩をしに出てきました。
図書館や大学病院の裏側通路です。

 

ここは道が平らで広いので、気をつけながら歩く練習には丁度良いところです。
まだちょっとヨチヨチとペンギン歩きですが、かなり安定して歩けています。でも練習後は、セージがシッカリ支えて、そろそろ帰ろうかと思っていたら、何とフランツさんとバッタリ出合ったのです。

    ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20161113104742j:plain

フランツ\やぁ~。おはよぉ~。

セージ\あれっ、フランツさんおはようございます・笑 

 

Mrs.Sugar\はじめましてでしたかしら?

f:id:nyanteicafe:20161113104908j:plain

フランツ\そうなんですよね。遠目には見かけていましたが、近くで会うのは初めてですよね。夏からプロジェクトに参加させてもらったフランツです。

 

Mrs.Sugar\Sugarと申します。よろしくお願いいたします。

 

セージ\いまさら紹介するのも変だけれど、妻のSugarです。そして、ターナー教室のリーダーのフランツさんだよ。以前リヴェール教授の勉強会に2泊で行っただろう?あの時に一緒に参加していたんだ。

f:id:nyanteicafe:20161113104948j:plain

フランツ\Mrs.Sugarの話はね、もうずっとその帰り道から聞かされていて、なんだかずっと前からの知り合い見たいに思っていたんですけれどね・笑

Mrs.Sugar\スイス大学の大学院からいらっしゃったんですよね?


セージ\初めて会ったときは、キールと言う従兄弟と一緒に来ていたんだよ。本当は家業の工場を受け継ぐはずだったんだけれどね、何故かプロジェクトに.....

f:id:nyanteicafe:20161113105041j:plain

フランツ\あの時は2日間ほぼ徹夜で、参ったよなぁ~。まさか一番若いセージが中心になっての研究会とは思わなくて、聞いて吃驚したんですよ。

Mrs.Sugar\フランツさんも若くても、2日間の徹夜のお付き合いはとてもきつかったでしょうね。


セージ\う~ん、でも軽く皆適当に仮眠は取ったからね。

f:id:nyanteicafe:20161113105117j:plain

フランツ\年齢聞いて、スキップして、ここの大学の大学院生って聞いて、吃驚したけれど、終わって最後の日に搭乗待ち時間に、エルダーとセージの話から、ガールフレンドの話かと思ったら、結婚していて奥さんの話だとわかって、又吃驚したんですよ。

Mrs.Sugar\うふふ、、、そうだったんですか?フランツさんは結婚はなさっていらっしゃらないんですよね?


セージ\独身主義なんじゃぁないの?ガールフレンドもいないんだよ。その時一緒に来ていた、従兄弟のキールって言う人
はその後結婚したそうだけれどね。フランツさんはバチュラーなんだよ。

f:id:nyanteicafe:20161113105203j:plain

フランツ\そういえば、キールのところは、子供が生まれたんだよ。セージに言ったっけ?

セージ\いいや、聞いていなかったよ。そうなんだ!じゃぁフランツは、えーとキールが従兄弟だから
その子供は・・・?

Mrs.Sugar\「はとこ」って言うのよ。

f:id:nyanteicafe:20161113105247j:plain

フランツ\そういうの聞くとさ、一寸焦っちゃうけれどさ、俺は彼女いない暦長いからなぁ~。もう気楽で良いと言うのも半分かなぁ~。

Mrs.Sugar\フランツさんの理想はどんなタイプの方かしら?年齢と共に理想が高くなるそうですからね。

 

セージ\そうそう、聞いたこと無かったよね? まったく好みの人と出会わないの?

f:id:nyanteicafe:20161113105331j:plain

フランツ\そうなんだよなぁ~。前の大学も女性は幾らでも居たんだけれど、特に凄く気の合う友達も居なかったしなぁ~。まったく気になる人も居なかったよ。

Mrs.Sugar\一人でも楽しく過ごしていたらね、きっと望みが高いんですね・笑


セージ\でもさ、俺だって特に理想のタイプは?と聞かれても、まったく思い浮かばなかったものね。
嫌なタイプは居てもさ、近寄らなければよいだけだし。

f:id:nyanteicafe:20161113105407j:plain

フランツ\セージは、お姉さん達が皆凄い美人だからなぁ~基準が高くて、言い表せなかったんじゃぁなかったんじゃぁないの? あっ、でもあれこれう以前にきっとMrs.Sugarに出会っちゃったんだよな。

Mrs.Sugar\本当にそうだわよね。お休みになる度に、Cafeにアルバイトに来ちゃっていたし・・・勉強も忙しそうでしたしね・笑


セージ\だって、なんだか深く考えなかったけれど、休みになったらSugarのところに行けるって言うのが
楽しみでさ。後はもう大学に入るつもりだったから、寮に戻れば補修も受けたり、まるで点取り虫になったみたいに勉強したんだよ。
普通は大学は入学試験なんてないからね。高校時代の成績表提出くらいでさ。

f:id:nyanteicafe:20161113105500j:plain

フランツ\そうだよな、ここが出来る事はリヴェール教授たちが動き回っていたから、知っていたけれど、へぇ~試験があるんだぁ~なんて言ってたんだよね。まさか俺が此処に来るとは思いもしなかったよ。

Mrs.Sugar\でも研究会でセージとご一緒したから、誘われていらしたんでしょう?


セージ\いつの間にか、ジョルジュさんにくっついて、来るようになったんだよ。

f:id:nyanteicafe:20161113105541j:plain

フランツ\管理人試験受けさせたい学生が居るし、研究所がほぼ出来上がってきたと聞いて、見学がてら見に来たんですよ。セージの大学だなぁ~って思ってね。

Mrs.Sugar\そうだったんですか。。。それで気に入られたのね?


セージ\そうそう、そしたらなんだか、年中ちょくちょく現れて、ターナー先輩達のことも知っていたん
ですよね。皆同じ年頃だしね。30歳って多くないですか?

f:id:nyanteicafe:20161113105623j:plain

フランツ\うん、親しいわけじゃぁ無いけれど、知り合いが色々いて、で何となく居心地がよくてジョルジュに頼み込んで、リヴェール教授に頼んでもらっったんですよ。
丁度ターナーがもうすでに勉強しなくちゃぁならないって判っていたから、代
理のリーダーと言うことで、居座っちまったんだな。 此処は本当に居心地がよい国だからね。

Mrs.Sugar\相性がよかったんですね。辛くてドロップアウトしていく人も居ると聞きましたけれど・・・笑 居心地が良い人もいて!


セージ\でも、プロジェクトにフランツさんが来てくれて、俺は凄く気が楽になったんだ。やっぱり、一寸
年上のリーダーが居て欲しかったもの。

f:id:nyanteicafe:20161113105708j:plain

フランツ\そうかい?ならいいんだけれどな。去年はセージは色々大変だったって、ターナーには聞いていたんだよ。

Mrs.Sugar\そうみたいですよ。


セージ\あれ、Sugar俺何か大変だって言ったっけ?

f:id:nyanteicafe:20161113105744j:plain

Mrs.Sugar\言わなかったけれど、感じていたわ。エルダーさんとイリスが巧くいっていなかったんでしょう?メィスは女性だし、マイペースだから、何かするって事はあまりないでしょうしね。他も忙しそうだったわ。

フランツ\今でも、セージは2人の間で、気を使っているものな。エルダーとセージが仲良くすると、イ
リスはあまり機嫌が良くないみたいだったけれど、最近やっと少し変わってきたよな?

セージ\エルダーも、面倒なことは関わりたくないタイプだからね。でも最近はイリスも、気を使うように
なったから、エルダーも気楽に話すようになってきたよ。

f:id:nyanteicafe:20161113105834j:plain

フランツ\うんうん、だから、イリス個人は彼女の事で、それなりに苦労して、気がついたことがあったんだろう。又今度はMrs.Sugarの事件もあったんで、やっと朝はきちんと早く出てくるようになったんですよ。 朝だけでも皆顔をそろえてスタートするようになって、凄く纏まってきたよ。
まだ一緒に何かと言うところまでは、進んでいないけれどね。


Mrs.Sugar\それはよかったわね。やっぱりそれにリーダーさんが居ると、違うと思いますよ。


セージ\そうだよ。エルダーとイリスと、メィスはほぼ同じ歳だから、纏まりにくかったんじゃぁないの?

f:id:nyanteicafe:20161113105909j:plain

フランツ\俺は歳だけくっているだけだけれどな。

Mrs.Sugar\そんなことないじゃぁないですか?中立で皆を冷静に見ていらして、リーダータイプですよ。
ね、セージ?

セージ\うん、本当にそうだよ。今Sugarが言った通りだよ。フランツさんは偉ぶらないし、何時も中立
で居るリーダーはよいリーダーだよ。
それにさ、話をね聴いてくれるのが、上手なんだよ。 
さて、Sugar疲れるから、帰ろうか? フランツさん、俺達帰るね。又明日・・・

フランツ\おぉ、Mrs.Sugar今朝は会えてよかったですよ。お大事にして、早く治ると良いですね。


Mrs.Sugar\ありがとうございます。 きっともう直ぐ、サンドイッチ作りに、Cafeに出て行けると思う
んですよ。そうしたら、セージに差し入れ渡しますから皆でランチしてくださいね。さようなら。
      ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

今朝はそれとなく、散歩に行く時間と場所を、フランツさんに伝えてあったんです。フランツさんがMrs.Sugarに会いたがっていたからです。
何故かチャンスがなくて、出会ってはいなかったのですね。
フランツさんは、Mrs.Sugarを見るセージ君の眼差しの優しさと幸せそうな様子に、いいなぁ~何時か自分もよい相手を見つけたいなぁ~と思いました。

 

過去には付き合った女性もいますけれど、セージ君みたいな眼差しで、相手を見た覚えはありません。だから、まだ結婚相手には出会っていなかったんだと思ったのです。
物凄い歳の差婚と言われていましたが、不自然さは無く、豊かな愛情いっぱいの夫婦と言う感じでした。