Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

セージ君はいよいよエンジンがかかってきたようです。

 さて、急に卒業試験を早くに受けられる手続きの話が進んで、Mrs.Sugarのみならず皆に乗せられて、追い込まれ来たセージ君は、スイッチON状態に、切り替わりました。
そうです、彼は後が無い状況になると、強いんですね。 今までの試験でも、誰もプレッシャーをかけてこなければ、自ら皆に宣言して、勉強をやり始めて良い結果を出しているのです。 更に、前からですが本番に強いようなのです。

余裕たっぷりと言うのは、エンジンがかからず不発に終わりやすいみたいで。。。
イリス君とは正反対で、イリス君は普段余裕があるときには、本領発揮出来るのですが、いざ試験になると、やたらに緊張して、結果が今ひとつになりやすいのです。と言っても、蓄えが沢山あるタイプですから、他の者からしたら、うらやましいくらいの成績なのですが・・・・・
でも此処の大学、大学院は強者揃いですから、気は許せません。
そんな優秀なメンバーの中に居るからこそ、セージ君は危機感を持って、いつも人よりも沢山勉強しなくてはと思うのです。

      ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20170110120543j:plain

セージ\俺もさぁ、Sugarが店に行く時に、色々実験したり、教室や研究所の実験室でやることをやることにしたから、一緒に出て行くよ。帰りは出来たら一緒に帰ろうね。

Mrs.Sugar\いよいよ、本気出してやる気になってきたのね?

f:id:nyanteicafe:20170110120624j:plain

セージ\う~ん、仕方ないしぃ、それに一人でいる家は寂しいんだもの。でも早く終わったら、その後ゆっくりして良いって、今のところは言ってくれているからさぁ~。

Mrs.Sugar\そうね!セージもずっと走りっぱなしで暮らしてきたから、少しゆっくりするといいわよ。 社会人になる、心の準備とかも出来るでしょう?でも、その一人で居るのが寂しい病は、どうにかしなくちゃぁね。 前は一人でさっさと研究とか出かけて、アクティヴに暮らしていたじゃぁないの。

f:id:nyanteicafe:20170110120724j:plain

セージ\結婚したら、変わっっちゃったんだよ。又新しいブルゾン編んでいるの?

Mrs.Sugar\あっ、そうそう、セージは去年背が伸びちゃったから、袖とか短くなっちゃったでしょう?だから、大きいサイズのを編んでいるのよ。 
小さくなったのは、欲しい人が居たら、上げたら?教室
で作業中に着たりするのには良いんじゃぁないの? じゃぁね。休憩時間まで御機嫌よう。

f:id:nyanteicafe:20170110120909j:plain

セージ\(........・・・・・Simulated Realityを利用して・・・・・)

Mrs.Sugar\(何だか面白い事を考えてリポートを纏めているみたいね・笑 きっとあのゲームとイコールなのかも♪)

f:id:nyanteicafe:20170110121031j:plain

セージ\・・・・・。。。。。.......

Mrs.Sugar\LAlalalalala......lalalalala~♪Baby, I've been searching♪

f:id:nyanteicafe:20170110121107j:plain

Mrs.Sugar\Searching through ..... crowds♪To maybe ..... knows what I'm about♪

f:id:nyanteicafe:20170110121133j:plain

Mrs.Sugar\あぁ~ぁ!はぁーーーーーーっ!

セージ\あまり根を詰めると良くないよ。Sugarも俺以上に、やり始めると止まらないんだからね。

f:id:nyanteicafe:20170110121209j:plain

Mrs.Sugar\そうなんだけれどね! つい限が良い所までやってしまいたくなるのよ。早くセージに着てもらいたいしね♪

セージ\俺も休憩するから、一緒に少しやすもう。

f:id:nyanteicafe:20170110121325j:plain

セージ\あぁ~、忙しくなっちゃったけれど、試験が早く受けられるようになって良
かったよ。勉強もやりだしたら限が無いんだけれど、試験さえ終わってしまえば、本当に暫くは、ゆっくり過ごsるだろうからね。

Mrs.Sugar\そうね。ある程度余裕が有ると言ってたけれど、卒業が決まらないと、落ち着かないから、遊んでも中途半端よね。思いっきり遊びましょう。

f:id:nyanteicafe:20170110121402j:plain

セージ\そうだね。何処か行っても良いし、でもそれは夏休みにゆっくりにして、今
は家で遊び暮らしても良いね。そうだ、Sugarのリハビリはまだやらないと駄目だよ。

Mrs.Sugar\私一人でだってプールに行けるわよ。療法士さんが見てくれているし!セージはお勉強していなさい。

f:id:nyanteicafe:20170110122205j:plain

セージ\何だよ。家で俺だって、合間にストレッチするから、一緒にやれば良いだろ
う。嫌なの?

Mrs.Sugar\嫌なわけないでしょう。時間が倍かかるから、少しは私は自分の事自分でしなくちゃぁね!って思うのよ。いい調子でセージに甘えすぎているなぁ~って思って!

f:id:nyanteicafe:20170110122252j:plain

セージ\なんだ、それならいいじゃぁない? だって、俺Sugarのこと色々やるのが
好きなんだから.....こうして、寄り添っていられるのが、凄く心地よいし、肩の力が抜けて楽な気分になるんだもの。

Mrs.Sugar\本当に?私何処までも甘えてしまうかもよ。

f:id:nyanteicafe:20170110122342j:plain

セージ\いいよ。俺も何処までもSugarの側に居たいし、結局は俺が甘えてしまう事が
多いんだもの。親にもこんなに心を開いて、色々な話した事無いし、甘えた事も無いような気がするよ。

Mrs.Sugar\でも、MomだってDadだって、セージの事とても愛しているし、自慢の息子だって思っているわよ。小さい時は十分甘えていたでしょう?

セージ\多分3歳くらいまでじゃぁないかと思うよ。その後は爺さんが朝から晩まで
あれこれ、あれこれ躾と称してやらされたからね。
Momは優しかったけれど、他にもミント達
のMomでもあるし、Dadのものだって思っていたもの。

Mrs.Sugar\まぁ、良い家柄に生まれちゃったものね!お爺様は男同士で、紳士としてきちんとした人間になって欲しかったんでしょうね?嫌いじゃぁなかったんでしょう?

f:id:nyanteicafe:20170110122538j:plain

セージ\うん、男っぽくて、かっこ良い人だったよ。巧く出来ると、抱きしめて褒めてくれたし!でも、叱られる時は半端なくぶっ飛ばすし、悔しかったらかかって来いって言うんだ・笑

Mrs.Sugar\で、セージはかかっていったの?

セージ\そうみたいだよ。まるで格闘技みたいだったんだって!容赦なくやるんだもんね。何時か勝ってやろうって思ってたよ。
でも俺が15歳になるくらいの時に、体も大きくなったし、爺さんが俺の襟首を何時も様に掴もうとしたら、身をよけて爺さんの腕を押さえたら、すごく力が強くなったので、卒業って思ったんだって! 

それに我が家ルールでは15歳になったら、大人になったってことで自立したんだ。もう好きにして良いってね。失敗もするかもしれないけれど、それもまた大人になる前の勉強だって言われていたからね!
だからSugarと出合った
時まで、遊び放題で遊んだし、好きに暮らしていたよ。皆が呆れるくらいね。一生分くらい遊んだような気もするよ。

f:id:nyanteicafe:20170110124145j:plain

セージ\When love becomes full, it is true to say that I sometimes get hard.
I fall in love with you every single day.

Mrs.Sugarï¼¼Of course We can be together forever.

f:id:nyanteicafe:20170110124223j:plain

セージ\All my love I give gladly to you.Before I met you.
Thought I was happy livin' on my own.ButI realize.It was true love.

Mrs.Sugarï¼¼When you move me everything is groovy.May your days be good,
and long upon the earth.
      ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

僅かな休息時間のふれあいで、セージ君はとても元気になれるのです。今では前よりも
思っている事を自由に言うようになりました。多分Mrs.Sugarに100パーセントは届いていないかもしれませんが、返事がかなり満足出来る返事をしてくれるようになってきています。Mrs.Sugarもセージ君との会話は、かなりよく判りますが、知らない人との会話はまだ簡単な事しか解らない時があります。

話し方の癖や、なまりなどがあると、聞き取りにくいのです。そう言うとセージ君は嬉しそうに”いいんだよ、俺の言う事さえ判れば!”とニコニコしています。
まぁ2人が仲良く巧く行けばよいんですけれどね。