Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

あと一息になってきました。

昨晩から小雪交じりの霙が降っています。気温もグンと冷えてきているようで、一定気温に保たれている部屋も、何となくひんやりした感じがします。
そんな休みの朝は、のんびりベッドの中で過ごしたいものです。早起きのセージ君もうつらうつらしながら、起き出さずにグズグズ過ごしています。

べつに寝坊しても問題は無いのでは?と思うのですが、セージ君は何とか置き様としています。まぁいいか!と思い出したら、ずるずると楽な方に、流れて行ってしまいそうだからです。 まだ試験はこれからですからね。
      ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20170121182237j:plain

Mrs.Sugarï¼¼zzzzz........

セージ\もそもそ。。。。。もそっ。

f:id:nyanteicafe:20170121182332j:plain

Mrs.Sugar\......・・・zzz

セージ\(起きたくないなぁ~。でも、今はそんな時期じゃぁないんだよなぁ~)

f:id:nyanteicafe:20170121182411j:plain

Mrs.Sugarï¼¼.......zzz

セージ\もそもそもそ、、、、、、(う~ン、気持ち良すぎるんだよなぁ。。。よし!でも起きるぞ。)

       ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20170121182455j:plain

Mrs.Sugar\えら~い!セージは大学院生の鏡だわ!

セージ\だってぇ~、俺って意志強固じゃぁないからさぁ~。1回良いとなったら、一応ざっくりは出来上がっているから、まぁいいかって言う日が増えて、立ち直るのが大変な事になりそうなんだもの。

俺イリスみたいに、もともとの知識の蓄えがないから、大変な事になるからね。今が一番危ない時なんだよ。 って、フランツさんに聞いたよ。
まだ大丈夫と思った結果、今の歳になっちゃったんだってさ。

f:id:nyanteicafe:20170121182556j:plain

Mrs.Sugar\そう~。セージは良い先輩がいるから、アドバイスしてもらえて、良かったわね・笑

セージ\そうだね。良い人が多いから、俺は随分助けてもらって居ると思うよ。自分では気がつかないうちにね。だから、なるべくその場で、ありがとうって言うようにしているんだけれどさ、皆お互い様って言うのが気持ちよいんだよね。

Mrs.Sugar\それは正しいわよ。人はちょっとしたことでも、やってあげたって思いやすく、やってもらっている事には気がつかないものよ。セージの年齢で気がつくのは、えら~い!

f:id:nyanteicafe:20170121182701j:plain

セージ\Sugarは直ぐに、そう言って褒めてくれるけれどさ、皆気がついているから、お互い様で言うんだと思うよ。出会ったころからそうだから、その頃は今の俺と同じ歳だったりしたんだからさ。

Mrs.Sugar\むっふ、そうね気がつかない人は、何歳であっても気がつかなくて偉そうですものね。

セージ\多国籍で暮らしている国のものは、もうそれは当たり前の事だからね。まずは何時も相手の立場に立って考えるのが優先だよ。
自分の事はほうっておいても、必ず好きなように
考えるものだろう?

f:id:nyanteicafe:20170121182802j:plain

Mrs.Sugar\うんうん、そうね。自然と自分に都合よく考えているわ。でも気がつくと慌てて考えを修正するけれど、時には自分に都合よく親切にして、有り難た迷惑だったりして! 難しいわよね。
だから私は、何時もお茶を勧めるときも”お代わり欲しかったら遠慮なく声かけてくださいね”って言う事にしているのよ。

セージ\そうだね。要らないから、要りませんって言っているのに、遠慮していると思われたりしてさ。

Mrs.Sugar\さて、私今から又忙しいからね。研究しなくちゃぁならないのよ。

セージ\はい。お邪魔様で・・・失礼致しました。

f:id:nyanteicafe:20170121182942j:plain

Mrs.Sugar\。。。。。。・・・

セージ\(まぁ、真剣な顔しちゃって! あれは本気で勝とうと思っているんだね。俺も短期集中で、今日の分は、早く終わらせるようにしなくっちゃぁね)

f:id:nyanteicafe:20170121183031j:plain

Mrs.Sugar\(もうね、セージが吃驚するくらい腕を上げたんだからね!)

セージ\(よし、後は学校で試作品を作って、一緒に提出かなぁ? これがちょっと、フルパワーで試作品作らないと説得力がないよね。それが出来たらとりあえずはお終いかな?)

f:id:nyanteicafe:20170121183239j:plain

Mrs.Sugar\ちょっと私、冴えてきたみたいよ。セージの試験が終わる頃には、もっといい感じであがれるようになっているでしょうからね♪ むふふふゝゝ、、、

セージ\じゃぁ、俺も楽しみに、卒業できるって言われるように、ベストを尽くすからね。もゲームはもっと上のレベルになると、楽しい事が沢山出来るからね。ニヤニヤ。。。。。

f:id:nyanteicafe:20170121183353j:plain

Mrs.Sugar\あらっ、何だか怪しい笑い方しちゃて! 気になるなぁ~?

セージ\まぁ、その時のお楽しみだね。って俺だけが楽しんじゃったりして....
うん、でもきっとSugarも
楽しいと思うよ。そのつもりで作ったんだからね。

f:id:nyanteicafe:20170121183454j:plain

Mrs.Sugar\あらっ、失礼。又おしゃべりして邪魔しちゃったわね。
あぁ~根を詰めすぎたわぁ~。少し休憩する
わぁ~。このくらい熱心にほかの事もやれば良いんだけれどねぇ~。はあぁ~

セージ\もう少ししたら終わるから、待っていて! 背中をマッサージするからね!

Mrs.Sugar\まぁ~ありがとう♪ 遊んでいる私がマッサージしてもらっちゃうなんてねぇ。でも気持ちが良いのよね。
ちょっと前までは、マッサージなんて、気持ちが良いとは思いもしなかったのに!

f:id:nyanteicafe:20170121183642j:plain

セージ\はい、おまちどう。クッションをお腹の所に入れて、軽く抱えるようにして。

Mrs.Sugar\は~い。こうして伸び伸びするのも気持ちが良いのよねぇ~。

f:id:nyanteicafe:20170121183751j:plain

Mrs.Sugar\う~ん~!もっと強く押して欲しいけれど、強すぎるのは良くないのよね。

セージ\そうだね。ちょっと物足りないかも知れないけれど、十分血流や体液の流れがよくなっているから、やたらに強くやれば良いってことじゃぁないんだよ。
後から余計に体が痛くなることがあるからね。

f:id:nyanteicafe:20170121183844j:plain

Mrs.Sugar\う、う、う~ん!何だって足のそこが痛いのかしら?痛いけれど、気持ちが良いしぃ~。

セージ\ほらこうして、柔らかく揉み解しているだけで、体も温かくなるだろう?

Mrs.Sugar\今度私がセージをマッサージするからね? セージのマッサージとは違うけれど、リラックスできるわよ。
あぁ~すっかり気持ちよくなったわ。ありがとう。

セージ\どう致しまして・・・

f:id:nyanteicafe:20170121183952j:plain

セージ\You’d be all that I could desire,You taught me how to be someone,you're my only reason.

Mrs.Sugarï¼¼I am very warmhearted and can feel peaceful when I feel your existence.

セージ\Let me love you...You're just too good to be true.I wanna hold you so much.

Mrs.Sugar\I love you.      
       ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤
ちょっとした休憩時間にも、セージ君はMrs.Sugarにどんなに想っているか、伝えずにはいられません。
そして、軽く抱きしめてもらって、Kissをされると、又元気一杯になり、パワーが湧いてくるのです。又続きをやる気が起きてきます。(結構単純です)

本当に後もう少しになってきたのですから、そんなことで元気になって、集中してお勉強などやってくれればMrs.Sugarにはお安い御用です。

今日は夕食後は、ちょっとゆっくりする時間が取れました。外は相変わらずのお天気ですが、心はほっこり暖かです。
Mrs.Sugarも、心の中で”フレーフレーセ・イ・ジ”と何時も応援しているのでした。