Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

Mrs. Sugar の雑記帳です。大部分がハンドメイドファッションを着ていますので、新しく出来たら着替えます🎶

いよいよあと僅か・・・

これから、試験が終わるまではなるべく閉じこもりです。学校に出て行っている間は
試作品を作っているようですし、家に居るときは資料を読み返したり、書き足したり
色々とやっています。 今日はかなりの量の本を読むようです。
もうベッドの所から動かないつもりのようです。 先日は試作品を見せてくれると言
っていましたが、もうちょっと完成させてからと言う事に変更しました。

何時もになく、かなり慎重にリポートを確認して、書き足したり色々やっているのです。それが終わったら、又本を沢山抱えてベッドの上に戻ってきました。

    ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20170201094850j:plain

セージ\ちょっとごめんね。そちら側に行くから.....
Mrs.Sugar\どうぞ!

f:id:nyanteicafe:20170201094918j:plain

Mrs.Sugar\今日もまた沢山の本を読むのね。速読って言うけれど、セージは本当に
早いわ。後書くのもね。タイプやPCがあるのに、必ず手書きもするのね。
セージ\手書きをすると、よく頭に入るんだよ。

f:id:nyanteicafe:20170201094944j:plain

Mrs.Sugar\字も読みやすくてとても綺麗だわ!英語でもお習字みたいなのがあるの?
セージ\うん、俺は子供の時に爺さんから、ペン字を教わったよ。サインの練習とかね。

f:id:nyanteicafe:20170201095012j:plain

Mrs.Sugar\さて、私は好きにしているから、どうぞゆっくりやって頂戴。独り言言っても返事なんてしなくて良いからね。 何時もの私なんだから・・・
セージ\。。。。。・・・・・・・

f:id:nyanteicafe:20170201095043j:plain

Mrs.Sugar\Lalala,,,lala~♪Woah,

f:id:nyanteicafe:20170201095107j:plain

Mrs.Sugar\Baby, I've been searching♪

f:id:nyanteicafe:20170201095132j:plain

Mrs.Sugar\Yeahh-ehhh Hey! Okay♪

f:id:nyanteicafe:20170201095155j:plain

Mrs.Sugar\I'm down♪ Nobody's...right now♪

f:id:nyanteicafe:20170201095221j:plain

Mrs.Sugar\Make this.... yeah-ehh♪

f:id:nyanteicafe:20170201095244j:plain

Mrs.Sugar\Baby come kiss me quick♪

f:id:nyanteicafe:20170201095306j:plain


Mrs.Sugar\(今回は本当に真剣なのね。巧く行ったら卒業ですものね!嘘みたい
な早い卒業よね♪ 真剣に本を読んでいるセージのまぶたが素敵なのよね~❤)

f:id:nyanteicafe:20170201095347j:plain

Mrs.Sugar\(でも、初めて会った時よりも髪の色が変わってきて、金髪だったのに
ちょっと茶色っぽくなってきたわ。色が変わることが有るって聞いてはいたけれど!そういえば身長や体つきも大きくなって、出会った頃からしたら大きくなって大人になったわね。)

f:id:nyanteicafe:20170201095417j:plain

Mrs.Sugar\(ヨーキーみたいね・笑七色に変わるって言うけれど、セージもそうか
しらね?最後は白くなるんでしょうけれど、それは私は見られないのが残念だわ)

f:id:nyanteicafe:20170201095454j:plain

Mrs.Sugar\(凄い歳の差が有るって言うのは、それが悲しいわね。本当にずっと
変わらず愛してくれていたら、私が死んでもあまり何時までも悲しまないで欲しいわね!ゴーストみたいに、幽霊になって見守る?)

f:id:nyanteicafe:20170201095545j:plain

Mrs.Sugar\(いえいえ、愛情があるなら、年齢に会った素敵な人を見つけて、幸
せな家庭を築いてくれるのが良いのかもね。まぁシッカリしているから、きちんと前を向いて歩いてくれると思うけれどね。それだけは、私考えずにノリでお返事しちゃって、ちょっと気にかかるのよね。思えば私がこの国へ移民してきてから随分経ったのよね。2012年だったから・・・もっと丁寧に記録をつけておけば良かったんですけれど・・・小さな物語として簡単なものはつけてあるのよ。 

http://www.geocities.jp/hitujianmonogatari/2017sugarstory.html

だって、何時終わるか判らない日記みたいな物ですものね。普通で行けば、私が元気な限り続くかもしれないし、明日終わっちゃうか、1ヶ月後か、元気でいるかぎりは続けるつもりだけれど・・・第一ブログって言うのが、何年分表示してくれるのかしらね?まぁ、適当な時期に書き写しておきましょう。なんて言ったら、セージに泣かれても困るから心の中だけで思っているんだけれど、変なところ勘がいいからねぇ~)

セージ\俺のこと忘れて自分の世界に入っている?静かだけれど・・・
ï¼®ext to your heartbeat where I should be.Remember that I love you.

f:id:nyanteicafe:20170201095637j:plain

Mrs.Sugar\Yes, of course.I want to feel your beating, too、

セージ\I love you too much  Need your lovin' too much

Mrs.Sugar\Of course I won't forget you.      
    ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

言われて見れば、物思いにふけっている時は、直ぐ側に居ても心は遠くに行ってしまっているものですね。
Mrs.Sugarはセージ君の事を思っていたのですけれど、現実には直ぐ横にいるのに、自分だけの世界に入ってしまっって、セージ君がMrs.Sugarの事を見つめているのに気がつきませんでした。考えたら可笑しな事なのですが、セージ君は敏感に感じ取っていたようです。
悪い事した訳ではないのに、ちょっと焦ってしまったりして。。。
妄想癖は一人っ子の特徴でしょうかしらね。自分一人の世界も好きなんですね。
でもセージ君はとても寂しくなって、一番嫌がるのです。
今は彼もちょっと敏感になっているので、気をつけなくてはでした。