Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

途中から読み始めてくださった方へ...物語は2012年にスタートしています物語の始めはにゃん亭CafeのHP「小さな物語」にあらすじが書いてありますので、読んでみてください。プロフィールから入れます。Time killing notebookも暇があったら読んでみてください🎶 

今夜は2人でダンスを~❤

昨日は勉強会の話などもしたりして、Mrs.Sugarはセージ君の話など聞いたり、新しく入ったセルフィーユの話をしたりしながら、一寸試作品の準備をしました。
セージ君も本を読んだり、なにやら作業をやり始めて、午後からはTV見たりして終わりました。

そして、今日は日曜日で、明日は仕事なのですが、軽くワインなど昼から飲んじゃって、2人で夕暮れ時からはダンスパーティです。
こうして、Mrs.Sugarはダンス慣れしておけば、もしパーティなど断れずに出席する事があっても、以前よりはまともに踊れます。

大概はワルツ、タンゴ、フォックストロットなどが多いので、それくらい覚えて置けばよいかと、時々レッスンです。


     ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20170513103007j:plain

セージ\又夢中になってやると、疲れるからね。時々やっていれば良いんだから・・・

Mrs.Sugar\でも前に映画で見たマズルカとかポルカは?

f:id:nyanteicafe:20170513103037j:plain

セージ\あんなのは普通はもうやらないから・・・

Mrs.Sugar\そうなの?見た目が素敵なのにね。じゃぁ私はまずワルツね。

f:id:nyanteicafe:20170513103108j:plain

セージ\そうだよ。以前パーティの時は、靴も履きつけないハイヒールで危なかったから、俺とイリスでぴったり身体をつけてSugarを踊らせちゃったけれど、そういうカップルもいるけれど、普通はやらないんだよ。余りお行儀が良い事じゃぁないからね。

Mrs.Sugar\そうだったのね。私はとにかくコケないように、言われたとおりに必死で、イリスやセージにしがみついて、振り回されて終わったって感じだったわ。特にイリスは素早く踊るんですものね。

f:id:nyanteicafe:20170513103342j:plain

セージ\イリスは俺の気持ちを多分知ってたから、気を使ったと思うよ・笑 後で密着しすぎるって俺が怒るの判っていただろうからね。俺は“チャンス❤”って、皆の前でSugarを抱きしめちゃったけれどさ・笑

やっぱり男ってエッチだよね。
だから、やたらにダンスパーティなどでない方が良いんだよ。

ちゃんと踊る紳士的な人も、もちろん沢山居るけれどね。だから、Sugarはちゃんと踊り方覚えたら、パーティに行く事があったら、身体は一定の距離離して踊るんだよ。

Mrs.Sugar\判ったわ。まぁあの時は私があの靴履いて出たかったんだもの。本当はあの靴もマナー違反よね。可愛いけれどフォーマルじゃぁない靴だものね。

f:id:nyanteicafe:20170513103601j:plain

セージ\あの靴は今はどうしたの?可愛かったけれどね。

Mrs.Sugar\むふふふ、仕舞ってあるわ♪ 本当はね、見飽きたらアンジェにでもあげようかなぁ~って思っていたのよ。

彼女凄く欲しそうだったのよ。なら似合いそうかなぁ~って!
でも、セージを誘惑するなんて、まさかの事で、あげなくてよかったわ。

f:id:nyanteicafe:20170513103816j:plain

セージ\Sugar、アンジェはさ、子供の時に彼女は運動神経が男並だから、一緒に遊んだだけで、まったく男女関係ない相手としての遊び仲間だからね。

Mrs.Sugar\判ってるわ!例え彼女がどう思っていても、セージはそんな話には乗らないって信じているから......

f:id:nyanteicafe:20170513103949j:plain

セージ\もうね、ダンスしながらそんな話は止めよう。こう言う事がフランツさんくらいの歳になると、面倒くさくなって、一人でもいいやになるって言ってたよなぁ~。

Mrs.Sugar\そうなの? そういえばエルダー君も今はまったくシングルでしょう?

f:id:nyanteicafe:20170513104723j:plain

セージ\そうだよ。何が何でもどうしても一緒に居たいって人に、出会っていないから、普通に愛しているくらいじゃぁ、傷つくのも傷つけるのも嫌だし、ずっと一緒に居るって考えると疲れちゃうんだって!

Mrs.Sugar\そうね。その気持ちもよく判るわ。傷つけあったりするなら、寂しくても一人の方が良いって思うものね。

f:id:nyanteicafe:20170513104822j:plain

セージ\Sugarもそうだったの? ずっと長い間一人だったのに?

Mrs.Sugar\そうね。でも生きるのに精いっぱいだったわ。やっと此処へ移民出来て、ゆっくりした暮らしになったわ。
あとは日々高齢に向かって、のんびり暮らせば良いわ(^^♪って思っていたわ。

あのほんの一時、何故か“セージの話に乗ってみようかな?”って思ったのよね!でも結婚するなんて思っていなかったわ。

f:id:nyanteicafe:20170513105248j:plain

セージ\俺は何時か仕事に就いたら、申し込もうと思っていたよ。学生の間は、まだ我慢して待っていようって思ってたのが、急にどんどん風船が膨らむように苦しくなってきたんだ。

だから、予定より早くに“今しかない!”って思って言ってしまった。それでダイヤのイヤリング取に帰国した時に、GrannyNANAに話したんだ。ミント達から聞いていたかもだけれど、話ている間に見抜かれたよ。

そしたら、暫くして両親が珍しく帰国してくるから、一緒に直ぐに来るように言われたんだよ。そのまま結婚するとは思わなかったけれど、俺は結婚して良かった。

Mrs.Sugar\私もあの時、GrannyNANAとお話して“言うとおりにするのが良いわ”って言う気になったのよ。だから、お任せしますっていったのよ。

色々とお話して、すっかりGrannyNANAの魔法にかかってしまったみたいに!
そして、今こうしているのが、もうずっと昔から決まっていたような気がしているのよね。

f:id:nyanteicafe:20170513110003j:plain

セージ\俺もまさか“もう結婚!”って思ったけれど、どちらか聞かれたら、したいに決まっていたから、突然だったけれど“Sugarが嫌じゃぁなかったら、結婚しちゃおう”って気になったんだよね。

でもきっとあのタイミングでよかったんだよ。結婚したら、一緒にいる時間が増えたし、どんどんSugarの事がもっと好きになったもの。

Mrs.Sugar\そうね。私も何時からかセージが愛の言葉を毎日囁いてくれ始めたら、最初は何て答えたら良いか戸惑ったけれど、今は幸せ気分になるわ。

こんな話繰り返して話しているけれど、自分自身に確かめているのかもしれないわ。だって、夢みているみたいなんですもの。

f:id:nyanteicafe:20170513110331j:plain

セージ\It does anything that you want you to do it.

Mrs.Sugarï¼¼ I am happy enough as now.

f:id:nyanteicafe:20170513110415j:plain

セージ\I'm not gonna ever, ever let you leave.Cause without you I can't sleep.

Mrs.Sugarï¼¼And you'll always be my baby.

f:id:nyanteicafe:20170513110605j:plain

セージ\ We learn to live, we learn to give each other.What we need to survive.Together alive.

Mrs.Sugarï¼¼I think you're just too good for me.

f:id:nyanteicafe:20170513110703j:plain

セージ\And I want to tell you so much, I love you ...

Mrs.Sugarï¼¼And we'll never be worlds apart.

f:id:nyanteicafe:20170513110737j:plain

セージ\Just love me.Till you dont know how.

Mrs.Sugarï¼¼Hold you tight to me .By your side.
  ❤ ~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

今日は2人でうっとりしていますが、ダンスって、かなりハードな運動量ですよね。でも、ほとんど音楽に合わせて、抱き合っているだけだから大丈夫でしょうかしらね? 今日は日曜日で、明日仕事がある日だって忘れてしまっているのじゃぁないでしょうね。 ワインなど飲んゃって、いい調子で踊っていますけれど・・・
セージ君が気がつくと良いのですけれどね。
疲れたら、後で筋肉をほぐすマッサージしてもらわなくちゃぁね。