Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

バーチャルな世界での Mrs. sugar の雑記帳です🎶

今日はパン焼きにCafeに....

ブティックで忙しかったので、今日はパンが無くなってきたので、パン焼きにCafeに出てきました。
縫い物を手伝って切れたので、エルダーとアニーにも少しおすそ分けとその分も焼くことにしましたし、セージ君はDr.ターナーの分も頼まれています。

パン生地はたくさん作って、冷凍してあるので、それを出して、解凍してちょっと捏ねて焼けば良いだけですから、焼き釜当番ですね。
凄い久しぶりの手伝いのセージ君なので、ちょっと忘れてしまっていました。

     ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20170805204724j:plain

セージ\あれでよかったっけ? 忘れちゃったよ。

ポプリ\大丈夫よ。ちゃんと思い出したじゃぁないの。 まぁあとはのんびりと次々に焼けば良いだけよ。

Mrs.Sugar\セージがここのCafeにくる事自体が、まだ数回しか来た事ないものね。

f:id:nyanteicafe:20170805204808j:plain

セージ\そうだよ。随分大掛かりなCafeになったものだよね。始めて俺がCafeに来た時は花壇とかもなかったものね。建物を組み替えて、途中でちょっとした庭を作って、その後パティオになってって、どんどん変わって行ったんだよね。

今はまるっきり変わっちゃったものね。

ポプリ\セージ君も背も伸びて、すっかり大人になったものね・笑 初めて会った時はまだまだ少年だったわ。

Mrs.Sugar\むふふふ、、、本当にね。そんな感じだったかな?

f:id:nyanteicafe:20170805204926j:plain

セージ\嫌な事言うなぁ~。本当かもしれないけれどさ。自分では此処にアルバイトに来た時だけ、なんとなくゆっくり出来て楽しみだったよ。アルバイトが終って帰ったら勉強していたけれどアルバイトがあるから、夜更かしはしなかったけれどね。

Mrs.Sugar\Ahahahaha、、、私ったら、まったく知らなかったわ。全然セージったらそんな事言わないし、ミントも言わなかったしね。

ポプリ\ミントさんはセージ君の気持ちは、ずっと良くわかっていなかったんじゃぁないの?一番最後に気がついたようですものね。 
だから、マルベリーさんが来た時、セージ君をCafeに住まわせる事に決めたんじゃぁ

ないの?

f:id:nyanteicafe:20170805205141j:plain

セージ\むっふ、そうだろうね。俺は一人で内心チャンス~❤って思ったよ。寄り近くに暮らせるなんてね。その頃はもう俺は、自分の気持ち自覚していたから!
Sugarも気がついていなかったみたいだしね。

凄い幸せだったよ。でもそれが計画を狂わせたんだよなぁ~。卒業して研究員になれたら、プロポーズしようと思っていたんだ。

f:id:nyanteicafe:20170805205252j:plain

ポプリ\Sugarちゃん、お勤め半日にしたら、上とここと何とか両立出来るのかしら大丈夫?

Mrs.Sugar\うん、ブティックのほうも、今回ちょっと忙しく仕事してしまったけれど、アニーにもやり方見てもらったしね。

もう試作品を作るだけにするし、かなり基本パターンの服を作ったから、
後はもうそれの色を変えたり、ちょっと手を加えたり位で良いんじゃぁ無いかしらね。

今秋ちょっとベストを何種類か考えたら、もうおしまいで、後は楽しみながら、自分達が着たいものが必要なときに作れば良いだけだわ。

f:id:nyanteicafe:20170805205408j:plain

ポプリ\まぁ、ちょっとは何かしていた方が、生活に張りが出るし、お休みの日が楽しみになりますでしょうね。何だか今でも嘘みたいな、夢見ているような気がする時があるんだけれど、2人の幸せそうな様子みると、あぁ~よかったわねぇ~って思うのよね。

Sugarちゃんが前以上に、若々しくなりましたものね。それが不思議よね。
まったくお化粧しないし、ヘァカラーもしていないのに、肌につやが出てきて、女性ホルモンのバランスがよくなるって本当なのね。

Dr.マリアンヌの言うとおりだわ。彼女もご夫婦仲がとても良いから、いつも生き生きして、同じ世代だとは思えないですものね。

Mrs.Sugar\でもポプリさんも、本当はもう彼が亡くなって随分経つのに、今でもLoveLove気分だって言うから、若々しいのね。プール行くようになったら、益々じゃぁない?
その他、ごひいきの俳優さんとか、歌手とかが居るの? それでも良いって言ってたじゃぁない?

f:id:nyanteicafe:20170805205720j:plain

セージ\やぁ、おはよぉ~。2人揃ってどうしたんだい?

セルフィーユ\シャノが手伝いに行って来いって言うから・・・そうしたらジャンが一緒に来たいって言うんで、一緒にきました。

ジャンティ\やぁ、セージ一人じゃぁ大変じゃぁないかってね。何でも言ってくれよ。手伝うからさぁ。

f:id:nyanteicafe:20170805205828j:plain

セージ\う~ん、ポプリさん何か頼みます?

ポプリ\そうねぇ~。特にないんだけれど、そうだわ、じゃぁ、又今日結構使うから、パン種作って冷凍して置いてくださる。

f:id:nyanteicafe:20170805205946j:plain

セージ\だってさ、店長命令だよ・笑

セルフィーユ\わかったよ。俺はパンこねるのは好きだからね♪ 笑われるんだけれど、心が落ち着くんだよ。

ジャンティ\俺は何を手伝えば良いかなぁ~。

Mrs.Sugar\貴方は何ができるの?せっかっく来てくれたんだから、出来る事をやって頂戴。 

f:id:nyanteicafe:20170805210041j:plain

セルフィーユ\セージ君せっかくの夏休みなのに、結構忙しそうだね?工学部の研究室に仕事が決まったと言うのに、結構皆研究所などに出て行っている人がいるよね。

ジャンテイ\そうなんだよ。だからさ、うちの店も1週間夏休みだけれど、半分開店だし、もう来週には開店だよ。まぁ交代で店番するだけだけれどね。

セージ\シャノアールの所は、荷物の受け渡しなどもあるからね。
それでも休んじゃえば良いのに、シャノが店を閉められない性分なんだろう? 店閉めたら病気になるって新年2~3日位しか休まないんだよね。

f:id:nyanteicafe:20170805210150j:plain

Mrs.Sugar\むふふ、セージとジャンティと2人限だと、なかなか話が弾まないようだけれど、セルフィーユが居ると、何かと話しているみたいね。同じ年頃なら、幾らでも話は合いそうなのに!

ポプリ\セージ君とジャンティ君はまったく価値観が違うし、今までの人生でもまったくクロスする所が無い2人なのよ。チラッと聞いていてもね。

年頃だから、ボーイズトーク位するかと思ったら、以前下の店で何人かで話しているの聞こえたけれど、まったく考え方が違うのよね。
私男子校で講師をやっていたから、多少の会話には、嫌悪感無しで聞き流せるんだけれどね。

f:id:nyanteicafe:20170805210352j:plain

Mrs.Sugar\えぇ~、もしかして、ボーイズトークってエッチな話ばかりなの?

ポプリ\全部ではないけれど7~80パーセントは12~3歳から20歳前後まではそうなんじゃぁないかしら? 早い子はもう10歳くらいから興味津々の子も居るみたいよ。12~3歳になったら、そんな雑誌の数冊はバイブル以上に大事に持っているようよ。

Mrs.Sugar\へぇ~.....男の子持ったお母さんはショックでしょうね。可愛い息子がって思っているでしょうから! うちの子は違うって思っているって聞いたことあるわよ。

f:id:nyanteicafe:20170805210539j:plain

ジャンティ\に聞いて、倉庫内の重そうなものは、整理もしておきましたよ。

セルフィーユ\小麦粉などは、使い切ってしまってから新しいのが来るように、調整しておきますから!今日はMrs.Sugarは結構パンを作るんでしょう?

Mrs.Sugar\えぇ、届けたい所があるのでね。大丈夫かしら?

セージ\オーブン当番は俺がやるから、パン種はセルフィーユがやってくれるそうだし、焼けた順にミント達の所に届けるのは、ジャンティが届けてくれるって言うから、楽になったよ。

f:id:nyanteicafe:20170805210643j:plain

ジャンティ\仕方がねぇ~よ。セージは結構肉体労働続けていたみたいだったしな。若くたって疲れてるだろうから、そこは年上の俺が見てやらないとな。

セージ\はいはい、お世話になります・笑

セルフィーユ\ジャンなりにセージ君を労わっているつもりみたいだからね・笑 ジャンは肉体労働には昔から、自信があるんだよ。体も大きかったしね。

ポプリ\まぁ、それは心強いわね。

f:id:nyanteicafe:20170805210810j:plain

セージ\何時でも必要な時は声かけてくれってさ! お願いしたらよいじゃぁないの?無理しないでさ、お互い様でね!

ジャンティ\そうそう、遠慮は禁物だよ。うちだって、Mrs.Sugarにはエプロン作ってもらっちゃったり、細かい事では世話になっているからね。じゃぁ俺、届けられる分のパンは届けてくるよ。
セージ君は、Mrs.Sugarの世話でもしながら、オーブン見ていてくれよ。

Mrs.Sugar\まぁ,Ahahahaha、、、ジャンティは傑作な人ね。セージと同じ歳なのよね?

f:id:nyanteicafe:20170805210920j:plain

セージ\それがさ、あいつが言うには数ヶ月年上だから、俺に任せろだってさ!で、俺はお言葉に甘えて、Je t’aime à croquer.Je t’aimerai toute ma vie.

Mrs.Sugarï¼¼Mon sage le plus important.
      ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

特に凄く仲が悪いわけではないジャンティ君とセージ君ですが、何となく空気の違いを感じていた2人です。セージ君は全然気にしてはいなかったようですが、ジャンティ君が、同じ歳なのに、もう結婚もして、何となく輝きの有るセージ君を意識していたようです。

それはジャンティ君は、あんまり真面目に勉強はしてこなかったので、マダムシャノアールからセージ君の話を聞いて、ちょっとコンプレックスを感じてしまったのかもです。

猛勉強の結果此処の大学院まで出たと言うのも、癪ですし、そこまで夢中にさせる愛する人が居ると言うのももっと癪の種だったようです。

自分は今はガールフレンドも居ませんし、女の子には気が散ってばかりの状態です。
アニーには気が引かれていましたが、さっさとエルダーと付き合い始めてしまったようですしね。

やっぱり世の中、タイミングもあるんでしょうね。ジャンティ君だって、なかなかカッコよいのですからね。
後から来た従兄弟のセルフーユも努力無しで、最近デートする相手が出来ちゃったようですしね。

でも、何時までも拘っていても仕方がないし、セージ君が魅力的な性格なのも判っているので、今日は拘りを取るには良いチャンスでした。