Story of the Mrs. Sugar          💕 *:・(´ー`('∇^*)・☆:*:・゚    

💑HP『にゃん亭Cafe』の中の物語をこちらに引っ越しました。物語のスタートは2012年です。昔の話はHP内の「小さな物語」にあらすじを纏めました。HPの入口はプロフィール内です。そして、WIN10になってから、PCが不調?変換ミス・誤字脱字など見苦しくなりました。確認してUPしているのですが |)゚0゚(| ホェー!!吃驚です。早朝は再チェックと編集しています。早朝に読んでくださる方は宜しく!m(._.)m

ボチボチ各自が研究開発を!

今朝はすっかり秋めいて、天気は良い朝でしたが何となくひっそり静かに感じる日になりました。
ターナー教室も明るく、良い塩梅に日が入るので、気持ちが良い教室です。
皆、研究員暮らしにも大分慣れてきて、落ち着いてそれぞれのやりたい作業をやったりしています。

ここでの研究暮らしは、とても落ち着いていて、特別な事が無い限りは、時間に余裕が有り、じっくりと取り組めます。
焦らず質の高いものを生み出すのが良しとされています。

もうひとつは、なるべくシンプルに纏めると言う事も、心がけるように言われています。

  ❤~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💕

f:id:nyanteicafe:20170928201307j:plain

エルダー二酸化マンガンリチウム電池をさ、ちょっと考えているんだよ。ドイツやスイスのメーカーでも研究開発しているからさ、フランツに調べて貰っているんだ。

フランツの従兄弟にも問い合わせてくれているんだよ。昔勉強会で会ったよね?

セージあぁ~、そうだったね。何か良いのがありそうなのかい?

f:id:nyanteicafe:20170928201403j:plain

メィスフランツの従兄弟も何か研究開発をやっているの?

フランツ奴は、大学院を出たら、家業の工場をついでいるんだけれどね。でも色々嫌いじゃぁないからやっているんだよ。親しい研究者もいるからね。

f:id:nyanteicafe:20170928201443j:plain

エルダー結局は電池関係とかは、競争相手も多い業界らしいから、ここはオリジナルで、必要に応じて電池を作った方が、コストがグンと安く済むようだから、その度作るのが良いようなんだよ。
MSLに埋め込んだのと同じにね。

セージあれは、エルダーとフランツのオリジナル手作りだったのかい?

f:id:nyanteicafe:20170928201544j:plain

エルダーそうだよ。その方が大げさな機器も何も要らなくて、この研究所内で出来るからね。

新発明でも何でもないんだよ。商品化もされているんだけれど、仕入れる事もなく、必要に応じて作れば良いんだよ。

セージふぅ~んそうなんだ。

メィス特にこの教室でやる事は、此処の病院で、実際に患者さんのみで使うものの開発をするのが、目的ですからね。私たちは小物類チームね!

フランツまだハッキリした指示は無いんだけれど、そうらしい方向みたいなんだよね。

俺達のこの雰囲気でやるには、小回りの利く実用的な物の、研究開発チームにするらしいんだ。

f:id:nyanteicafe:20170928201715j:plain

セージ俺達らしいんだね・笑 でも生活密着型のそういったものは面白いかもしれないよね。

考える方もさ、すぐに結果が判るのは楽しいじゃぁないか!
大きな企業内での、ヒット商品を産むよりも俺は好きだね♪

f:id:nyanteicafe:20170928201849j:plain

エルダー俺達のチームワークと、セージの突然の閃き的玩具風の何かを、治療に使おうと思ったみたいだよ。
そういう病院は、そうそうないだろう? それは此処みたいな特殊な病院だから出来る事だろうしさ。

f:id:nyanteicafe:20170928201947j:plain

メィスそうよね・笑 みんなでオーダーが入ったら“は~い!”て取り掛かって、割合短期間でオーダーメイドの製品を作るのよね。

日頃は、今までセージが開発した物をベースに、その他色々研究して高性能に育てて行くみたいよ。
どんな凄い物でも、最初はそこから始まっているんだからね。

フランツセージ、俺の従兄弟覚えているかい? 初めて教授の勉強会で一緒になったんだけれどさ。
俺は大学に残ったけれど、彼が家業の工場を継いでくれたから、俺は残れたんだよ。

f:id:nyanteicafe:20170928202231j:plain

セージうん、ハッキリは記憶にないし、話もあまりしなかったような気がするけれど、フランツとよく似た感じの人だよね。

エルダーそうそう、俺双子かと思っちゃったら、従兄弟同士だって言ってたよね。確か工場も大きな船舶関係の工場だったよね?車の部品だっけ?

f:id:nyanteicafe:20170928202325j:plain

フランツ色々乗り物関係をやっているみたいだよ。もうすっかりオヤジになっちゃってさ、子供も3人いるそうだし、奴が元気で居てくれたら、俺は此処で好きなことやってくらせるんだよ。

エルダー一家で会社なんだね?

セージライト兄弟みたいなんだね。仲が良かったら兄弟会社なんて、楽しくてよさそうじゃぁない?同じ事が好きでさ!

f:id:nyanteicafe:20170928202436j:plain

エルダー兄弟だと、お互いに自己主張が強くなったら、喧嘩になっちゃうって事もあるかもだけれど、そこのところが難しいよね。
それは親子だって、夫婦だって皆同じだけれどね。

言わなくても良いみたいになってしまうと、不味いよな。何でも水臭いようだけれど、相談しあってやらないとね。

セージゴソゴソ、、、、カタカタ、、、、

f:id:nyanteicafe:20170928202543j:plain

エルダーセージは又、何始めたのかい? 作業台が狭いのか?

セージいや、こういうのはさ、広くしたって何時も狭いって言えば狭いし、狭くても何とかなると言えば何とかなるんだ。
此処で十分なんだよ。邪魔かい?

f:id:nyanteicafe:20170928202637j:plain

エルダーいや、全然大丈夫。 いつもの事だからね。

セージうふっ、ならいいよ。俺の工房は2フロァあるんだよ。机の上と床の上とね。凄い便利なんだぜ!必要な物がすぐ側にある状態だからさ・・・
そういうのが落ち着くんだよ。

f:id:nyanteicafe:20170928202848j:plain

エルダーMSLは、ソフトのデーターをインストールして、実験してみたの?

セージうん、一応ね。でも一応だから、何度も試してみて、オプションで色々付けてみて、どれかに定着させようと思うんだけれどさ。まぁそのうち、もうすこしレベルの高いのが出来たら、実験付き合ってくれよ。

家にも何時も一個は持ち帰って思いついたときに、手を加えたりしているんだよ。俺直ぐに試してみたくなるからね。

f:id:nyanteicafe:20170928203026j:plain

メィスSugarもそれじゃぁ落ち着かないんじゃぁないの?

エルダーまぁ、研究者の家族となったら、その辺りは協力してもらうしかないよなぁ~。

セージうん、なるべく俺はSugarが、やりたい事をやり始めた時に、合わせてやるようにしているけれどね。

一応彼女の予定を、優先に成るようにはしているんだ。今まではずっと、俺のペースに合わせてくれていたんだからさ。
社会人になったら、休みの日はSugar優先って思っていたんだ。

フランツ大体さ、開発品にMSLなんて名前付けられちゃったらね・笑 リヴェール教授も考えたよな。
仕事になっても、常に最愛の妻が側にって感じだろう・笑

f:id:nyanteicafe:20170928203322j:plain

エルダーで、セージの事だから、もうそのまんま、思う壺にはまってしまったんだね。

セージきったないよなぁ~。人の弱みに付け込んだような名前で、俺が一生向かい合うようにしちゃうんだからさ!

フランツもうセージの心の中を、思いのままにだね・笑

f:id:nyanteicafe:20170928203533j:plain

セージ日頃は良いんだよ。仕事をここに選んだんだから、後は必要な時が来たら、在宅が主で仕事させてくれたらね。
“働かないで家に居れば”って、ミントなんかには言われたんだけれど、俺は普通の人みたいに、自分が働いて得たお金で、暮らしを支えて行きたいんだ。

他人からみたら、つまらない拘りかもしれないけれど、せめて俺のSugarへの感謝の気持ちなんだよ。自己満足かもしれないけれどね。

メィス大丈夫。セージの気持ちはSugarに届いているわよ。私はそう思うわ。セージの立場からしたら、とっても素敵な愛情だわ。
良いなぁ~。私も本当に結婚する事考えようっと!
      ❤~~~~~~~~~~~~~~~~💕

此処の皆はセージ君の言動の影響を、受けてしまうようです。
本当に誠実に生きているのが、側にいると伝わってくるので、やはり影響を受けてしまうのです。

一番若いセージ君から、学んでしまうのです。
男の子は特に厳しく、基本を躾けると良いようですね。見た目は明るく呑気に育ったようにしか見えませんが、実際は本当に辛く我慢する事も多かった幼かった日々でもありました。

でも本当の愛は、厳しさも必要なのですね。厳しさだけでも上手く行きませんし、セージ君のお爺さんはとても上手く育てたのです。

彼には愛も、ちゃんと伝わっていたのですから・・・気がつかないうちに、妻にする女性を見分ける目も、育って居たようですしね。
Mrs.Sugarは、セージ君にとっては、これ以上は無い妻だったのです。