Story of the Mrs. Sugar 💕(´ー`('∇^*)*♪   

💑HP内『にゃん亭Cafe』の物語をこちらに引っ越し、途中からこのブログになりました。物語の始まりは2012年でHP『ひつじ庵物語』内の『小さな物語』にあらすじを纏めました。HP入口はプロフィール内です。PCがWIN10から不調?なのか変換ミスなど多くなりUPしてから |)゚0゚(| ホェー!!吃驚。早朝は再確認・編集しているので、早朝に読んでくださる方は宜しくです!m(._.)m

自転車2人乗りの夏休みも今日が最後です。

今朝は程よく雲が多い目で、風も少し吹いているので、又自転車2人乗りで少し遠い方の公園まで散歩に出て来ました。

自転車の2人乗りも、もう程々にしておこうと、セージ君は思っています。
やっぱり、Mrs.Sugarがつかまっていても、腕などの力が弱くなっているようなので危険です。

でもそう言うと、本人はショックだといけないので、理由をサイクルクラブの決まりが出来たという事にしようと思いました。一応禁止にもなっています。

      💑~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20180723122549j:plain

Mrs.Sugar\ここいら辺は、静かだから鳥も居たりして良いわね。もう少し先に行くと森にはいれるんだけれど、早く秋になると良いわねぇ~❤

セージ\紅葉する頃は樹々も綺麗だし、乾いた良い匂いがするよね。今年の夏は結構長く暑いけれど、まぁ後少しだよ。多分ね。

f:id:nyanteicafe:20180723122657j:plain

Mrs.Sugar\好きな季節の時は時間が経つのが早いのに、夏は長く感じるわぁ~。

セージ\Nanの所は早くも、もう夏が終わる雰囲気になっていただろう?

f:id:nyanteicafe:20180723122741j:plain

Mrs.Sugar\今年こそ、一番好きな季節に、事故等に遭わないようにして、楽しまないとね。昨年みたいに、周辺国は大雪が降ったりするのかしらね?

セージ\此処だって、1日限りだったけれど、今までにないくらいの大雪が降っただろう。大雪過ぎて、外で遊べなかったけれどさ。

時期も悪かったから、次の日気温が上がって、又落雪が危なくて遊びに出られなかったしね。

f:id:nyanteicafe:20180723122836j:plain

Mrs.Sugar\今年もどんなお天気になるか判らないから、この間行ってきてよかったわね。

お天気も、その他も安定していて、マリアンヌさんも一緒に行けて喜んでいわね。

西欧の人は、親戚付き合いは気軽にしているのかと思っていたわ。でも一寸は気を使う場合もあるようね。

セージ\その家で事情がある場合も有るんじゃぁないの? 有難い事に俺は、何もそれで困った経験はしないで、済んでいるけれど、代わりにNanにはしっかり注意されたけれどね。

それもさ、勘が良い癖に俺が何時も家族には素っ気無いから、Sugarの事にも、同じように素気ないのでは駄目なのよってね。 

Dad達やミント夫婦など見たいに、しっかり愛し合わないと駄目になってしまうわよってね。

f:id:nyanteicafe:20180723123022j:plain

Mrs.Sugar\あらっ、ちゃんとセージは何時も優しくしてくれているし、何の問題もなく私は幸せなのにね。

でも、ミント達を見ていると、セージと違って、NanにはもっといっぱいKissしているわよ。

セージ\俺は家族であっても、Nanは女だからね。Sugarの前で、相手の調子を合わせてKissはしたくないんだ。

Nanがしつこく抱きしめて来るのは、見なかったふりしてもらうとしてもね。
習慣がない国のSugarは、見ていてきっと嫌な気分になると思うよ。

f:id:nyanteicafe:20180723123216j:plain

Mrs.Sugar\でも、Nanはセージが大好きなお婆さまでしょう?きっとNanもいっぱいセージの事抱きしめて、もっとKissしたかったんじゃぁないかしら?

セージ\いいんだよ。俺はNanのものではないからね。他でも結婚している人に聞くと、やっぱりあんまり仲が良すぎる異性の親子姉妹が、ハグやKissをしていると、嫁は嫌な顔するって聞いたからね。

それに、俺がSugarだったら、いくら婆さんだって、Nanと熱烈なKissしている俺を見たら、嫌な気分になるよ。

だって、俺はDadがSugarをしっかり抱きしめて、Kissしていた時は、嫌だったもの。父親でもね。本当なら、たかがKissなんだけれどね。

f:id:nyanteicafe:20180723123654j:plain

Mrs.Sugar\う~ん、そうねぇ、私も嫌かもしれないわね。セージが目の前でNanやミントやMom等と熱烈にKissしたりしていたら.....。慣れたとはいえ、余りにも文化が違い過ぎているからねぇ。

セージ\だからね、俺はもう10歳くらいになって寄宿舎に入る位になったら、コスメの匂いも好きじゃぁなかったけれど、家族とも軽いハグくらいで、あんまりくっつきたくなくなったんだよ。
もうね、きっとSugarと巡り合う何かを感じていたような気がするんだ。

f:id:nyanteicafe:20180723123900j:plainMrs.Sugar\そうかしらねぇ~。世の中には自分の未来を感じる事が出来る人は居るっていうからねぇ~。超能力者だったりして!

Nanが凄く勘が良い人だって言っていたでしょう?セージは孫ですもの。
同じところがあっても、おかしくはないわ。

セージ\Sugar、取り合えず出来るだけ一緒に過ごして、くだらない話でもなんでもいっぱい話をしようね。

もう俺なんて、Sugarと知り合った途端に、やたらにお喋り男になっちゃったんだから! ミントに言われたんだよ。呆れる位盛り上がって話していたってさ。

f:id:nyanteicafe:20180723124023j:plain

Mrs.Sugar\あらっ、そうだった? なんの話をしていたのかしらね。

セージ\それは覚えていないんだけれど、ミントに“今日は楽しそうだったわね!夏休み時間が有るなら、アルバイトして行ったら? 雑用はいくらでもあるのよ。

男手があれば、Sugarも頼む事が有ると思うわ”って言われたんだよ。

f:id:nyanteicafe:20180723124218j:plainMrs.Sugar\そうよねぇ~次の日に帰るって言っていて“どうもありがとうねぇ”なんて、あいさつしたと思ったわよ。

セージ\あの時Sugarに出会わなかったら、今頃俺って凄くつまらない人生を送っていただろうなぁ~。

適当に大学を出て、特に何かって思っていなかったから、Dadかなんかに上手い事言われて考古学とかやって、学芸員とかになっていたりしてね。

嫌いではないけれど、今みたいに、元気に楽しくは暮らして居なかったと思うよ。

f:id:nyanteicafe:20180723124316j:plain

Mrs.Sugar\でも案外気に入って、Dadに負けないダイナソー博士になって居たりしてね。他のお勉強は、そこそこにしか興味なかったとしても、それとも医学部に行って、お爺様みたいに医学者になっていたかもしれないじゃぁない?

法医学とかやっていたりしたら、興味深くて面白そうじゃぁない?

セージ\法医学かぁ~意外とそれは面白いかもね。

f:id:nyanteicafe:20180723124424j:plainMrs.Sugar\私なんてミステリーにハマって読んでいた時は、法医学は面白いと思っていたわよ。

今は3Dかなにかで、PCで生前の顔とか精巧に作ってしまうようだけれど、昔は彫刻するみたいね。
頭蓋骨に肉付けして、顔を再生したりしていたって言うから、面白そうだなぁ~って思っていたわ。

セージ\又々、Sugarも変な事好きだからなぁ~。で、結局は国際的事件かなんかで法医学者の俺とSugarは法医学教室で、出逢っていたりしてね。

f:id:nyanteicafe:20180723125123j:plainMrs.Sugar\そううまくいかないで、私がノコノコとロンドンのベイカーストリートを見に行って、犯罪に巻き込まれて、被害者になって殺されちゃって、で、そのボディをセージが、鑑定したりしたって言う出会い方をするって事もあるわよ。
それも又出逢いじゃぁない?

セージ\あのね。もう少しロマンチックに、出逢えないのかなぁ~。まだ考古学者と、Sugarが仕事している法医学教室出会って、俺がはっと一目惚れして、デートに誘ってって言う話の方が俺は良いなぁ~。

生きているSugarと出会えるもの。そしてやっぱり、愛し合って結婚して、今とは少し違った形かもしれないけれど、夫婦になって居るって言うのが良いなぁ。単なるボディは嫌だよ。

f:id:nyanteicafe:20180723125314j:plain

Mrs.Sugar\何真剣な顔して言っているの。例えばって言う話でしょう?

セージ\ I'm crazy for you.And I'll fall for you.
More than just one night together exclusively.Then I'll take care of you,

f:id:nyanteicafe:20180723125440j:plain

Mrs.Sugarï¼¼Your eyes are where I'm lost in.Don't be confused by my smile.
but now you are all I see.

セージ\Like to say to you.You're gonna be the one that saves me.

f:id:nyanteicafe:20180723125541j:plainMrs.Sugar\結局どの道を取っても、今私たちは、此処にこうして居るって言う事なのかしらね?

セージ\俺はそう思うよ。歩いてくる道が違ったとしても、俺とSugarは出逢うんだよ。
多少場所が違うって事は、あるかもしれないけれどね。俺は何時も思う確かな事は、Sugarに出会う為に俺は生まれて来たんだと思うよ。

Momが思い出したように、高齢出産したけれど、一応どこも異常なく育ったしね。
学校と同じで、スキップして早く生まれないとSugarには逢えなかったんだと思うよ。
      💑~~~~~~~~~~~~~~~~~~❤

今日も又、いい加減なお喋りをして、又自転車を2人乗りして、家に帰って行きました。
一応かなり緩いルールがありますし、もう禁止と言われている2人乗りですからね。

今日が最後と言う事で、セージ君はサイクルクラブに自転車を仕舞って、2人は手を繋いで、Mrs.Sugarのいい加減な歌に合わせて、帰って行ったのです。
この暮らしを守るためには、色々と努力や話し合いをちょくちょくするようにしなくてはと、セージ君は思うのです。

ラッキーな事も多いのですが、当たり前だとは思わない様に言い聞かせるのです。