Story of the Mrs. Sugar 💕(´ー`('∇^*)*♪   

1/6サイズの小さな物語です。書いている私は楽しんでいますが、日々のつまらない雑記かも.....🎵 @(=^m^=)@ 💕

💑物語の始まりは2012年2月3日ですが、以前はHPで書いていました。はてなブログを見つけて引っ越してきました。過去のあらすじはHP内『小さな物語』に書いてあります。サイドバー又はプロフィール内にもその他音楽ブログなどのMENUがあります

今日もMrs.Sugarは大事大事で・・・

何時もとても大事にしてくれるセージ君ですが。足首の傷が治るまでは更に大事大事になりました。
昔なら、こんな足首の人工関節などなかったでしょうが、其処は文明の利器で今回は摩耗した所のメンテのようなオペでした。

丈夫なのがあるのですが、アレルギーのあるMrs.Sugarですから、金属のは止めにしたのです。

今は切った所の傷の痛みだけで、あまり痛い様なら、痛み止めをするとなったら、やっぱり入院で電気鍼を巧く使ってになります。

又は痛み止めの薬を飲むかですが、それでは意味がないので、Mrs.Sugarは断りました。


    💑~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💖

f:id:nyanteicafe:20190320155204j:plain

Mrs.Sugar\💤.......💤...。

セージ\(はぁ~。。。。。........)

f:id:nyanteicafe:20190320155245j:plainMrs.Sugar\.......。。。。。.💤

セージ\(やっぱりさぁ、何時も通りにSugarとこうして寝るのが一番だよなぁ~。Sugarもきっと疲れたんだね。よく眠っているよ。)

f:id:nyanteicafe:20190320155556j:plainMrs.Sugar\......💤...。。。

セージ\(だいたいさ、ターナー先輩も“寂しかったら抱いて寝てやろうか?Baby”とか言っちゃってさ、もう馬鹿にして! 

直ぐにグーグー寝ちゃってさ。でも、疲れていたんだよね。たて続けにオペして、時間を空けてSugarのオペしてくれたみたいだからね。)

f:id:nyanteicafe:20190320160017j:plain

Mrs.Sugar\....💤。。。。

セージ\(その後は夕食取りながら、俺の質問にも答えてくれていたし、みんな本当に優しくて、何だか泣けてしちゃうよなぁ~。

俺辛い事には大概耐えられる気がするんだけれど、優しさには弱いんだよなぁ~。でも最近涙もろくなっちゃって、歳取ると涙もろくなるっていうからね!でもそこまで俺は歳取っていないよな?)

f:id:nyanteicafe:20190320160114j:plain

Mrs.Sugar\💤.......💤...。

セージ\(Sugarもさ、本当は病院での方が、良いと思って居たのかもしれないよね。俺が1人が駄目だから、退院してもらっちゃったけれどさ。

痛くても我慢するつもりなんだよね。本当に俺って駄目夫なんだよね。ふぅ~・・・)

   💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💖

f:id:nyanteicafe:20190320160503j:plain

Mrs.Sugar\セージ何時もと反対向きで寝たけれど、よく眠れた?

セージ\もちろんだよ。Sugarの背中の暖かさが最高でさ。でもSugarは俺の我儘で早くに退院しちゃったけれど、傷が痛くて眠れなかったって言う事はなかった?

f:id:nyanteicafe:20190320160610j:plainMrs.Sugar\夜はね、何時もの薬は飲んで寝るから、ちゃんと眠れたわよ。
却って
家の方がやっぱり安心出来て、よく眠れるわ。

どんなに良くしてくれても、入院とセージの傍とは比べられないて、決まってるわ!

セージ\'Cause I wanna hold you.I wanna feel you too.It's love and understanding,positivity.Give me love like never before.

f:id:nyanteicafe:20190320160746j:plainMrs.Sugarï¼¼I'ma stick around.Long as you're holding me down.I'm gon' keep
lovin' you down.

セージ\I'm selfish for you.I'm selfish for you.And it's been a while but I still feel the same, My baby's fit like a daydream.

f:id:nyanteicafe:20190320160932j:plainMrs.Sugar\もう、セージったらだんだんオーバーになって行くんだから!

セージ\別に今に限った事はないだろう?家に居る時は、何時ももっともっと側に寄りたいって思うし、俺の事だけ見ていて欲しいって思うんだもの。

外ではそんな風には言わないだろう。

f:id:nyanteicafe:20190320161044j:plainMrs.Sugar\私、もっとシャノに教えてもらって、フランス語にするわ。意味が全
部解らないけれど、もう少し短い言葉で済むでしょう?

英語だと少しは判るけれど、その分セージは又違った風に色々言って、熱中するんだもの。意味不明になってくるわ。

セージ\だからって“これはこういう意味でも使えるんだよ”とか、自分に言って欲しい言葉の解説しながらなんて、気分が覚めてしまうじゃないか!

Sugarが感じた通りに言って欲しいんだもん。だから、ゲームのペナルティで、英語で愛を伝える言葉を、覚えてくれたら良いだよ。

やっぱり自然だしさぁ・・・少しくらい間違っても通じるしさ。

f:id:nyanteicafe:20190320161252j:plainMrs.Sugar\ま、判ったわ。何かとセージには面倒見てもらわなくちゃぁならない
しね。一生使うんでしょうから覚えるわ。

セージ\一生使うんだから!って、当たり前だろう。愛しているから夫婦なんだからさ!日本じゃぁ愛の言葉を夫婦で囁き合うのに、年齢制限があるのかい?

f:id:nyanteicafe:20190320161439j:plainMrs.Sugar\特に決められていないけれど、まぁ結婚して少ししたら言わなくなる
人が多いんじゃぁないの?

だって、後は子供が生まれたら、名前で呼ばないで、夫婦なのに『パパ』とか『ママ』とか『お父さん』とか『お母さん』て言う名前に変ってしまうみたいよ。もう一生よ。

セージ\嘘ぉ~。何ていう国なんだろうねぇ。じゃぁ、もう子供が生まれたら、愛の形が変ってしまうんだぁ~。

俺日本に暮らさなくて良かったよ。かと言って、ラテン民族の様に、顕わにはなりにくいんだけれどさぁ~。

だから、フランス人女性はちょっと苦手なんだ。ターナー先輩がローズさんを持て余したはずだよ。

f:id:nyanteicafe:20190320161723j:plainMrs.Sugar\あらっ、セージったら、ターナーさんの所に泊まった時に、ローズさんとの事など、聞いたんだぁ~。ちょっとは付き合って居たのね?

もっと若い時だって言ってたから、流石にあの華やかで綺麗なローズさんには、落とされちゃったのね?それとも反対にに、口説いたのはターナーさん?

前に聞こえちゃった話では、そう言う雰囲気ではなかったんだけれどねぇ?

セージ\あのさ、男同士の話だからね、詳しくは言えないんだけれど、まぁ3回くらい先輩の部屋にローズさんが来て、半ば強引に付き合わされたらしいんだよ。先輩はそんな言い方しなかったけれどね。

むっふ!ターナー先輩もまだ若かったからね。でも全く愛情の対象には考えられないから、ハッキリ断ったんだって!

f:id:nyanteicafe:20190320162130j:plainMrs.Sugar\でも、又此処に戻ってきた時に、誘われて断っている時に私達が行き合
わせちゃったのね。結構ターナーさんらしくなく、険しい顔してきっぱり断っていたものね。

ローズさんは悲しそうだったけれど、諦めるしかなかったのね。メィスもターナーさんの事好きだったでしょう?

ターナーさんの事好きな人結構いるみたいだけれど、告白したって言うのはローズさんだけね。あんなに綺麗な人でも、受け入れるとは限らないのね。

皆、凄く理性的な目でしか見てもらえないから、情熱的なメィスでさえ、何も言えずにずっと何時かって待っていたんですものね。

セージ\幾ら待っていたって、駄目なものは駄目なのがターナー先輩なんだよ。そりゃぁローズさんみたいに歳上で大胆だと、男だからさ負けてしまった時もあったようだけれどさ。

特に決まった相手も居なければ、適当に付き合う奴もいるだろうね。でもきっぱりと断ったのはやっぱりクールで凄いよな。

f:id:nyanteicafe:20190320163618j:plainMrs.Sugar\そう言うものなの?相手が居なかったら、時には口説かれたら付き合
う気が無くても、その場限りの付き合いには応じちゃうの?

セージ\そ、それはさぁ、判んないけれど凄い嫌な相手じゃぁなかったら、そう言う事もあるかもしれないかもって思ったんだよね。ドキドキ、ドキドキ・・・・

f:id:nyanteicafe:20190320163740j:plainMrs.Sugar\むっふ、もうこの話はお終いね。セージの事は虐めないわ。やっぱり
女性って猫的よね。好きなら好きな相手でも、ちょっと意地悪したくなるのよね。

判っているのよ、日本以外の国の人は結構ドライに付き合う事も有るって聞いたわ。違う話にしましょうね。セージとは、凄く若い時から知り合って居たんだから・笑

凄く真面目だって判っているのよ。何かして遊びましょうか?

セージ\そうしようよ!他に話す事はいくらでもあるんだからさ。俺はまず絶対に女性には、近づかないからさぁ~。

だって、話に聞くと圧倒的に女性の強引な誘惑を外すのは、至難の業だって聞いて居るもんね。そう言う風に出来ているんだって!

女性だって同じだそうだよ。でもさ力が弱いから避けきれないから、一般的には被害者
になれるけれどさ。 

男だって結構襲われているんだぜ。それ以来ターナー先輩はドァには鍵かけるようにしたんだってさ。

Mrs.Sugar\判っているわよ。男女の性の差はDr.マリアンヌから聞いたわ。男性は女性程ブレーキが掛けられなく出来ているそうですからね。

決まった相手が居れば、その愛がブレーキになるらしいけれどね。だから、理性とか知性が必要なんだそうよ。

理性とか知性が有れば、もう最初からブレーキが掛けられるそうよ。だからね、あんまり若い時は、なかなか難しいもんらしいわね。

Ahahaha、、、もうセージったら、そんな怯えたような顔しないのよ。なんで自信を持って、きっぱり言わないの?

今のセージなら、もう成人したし、以前のような未熟なセージではなくなって、やたらに絡まれる事は無くなったでしょう?
      
     💖~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💑

セージ君は自分の愛情は、Mrs.Sugarで一杯だと十分よく判っています。でもふと不安定な気持ちになる時があるのです。Mrs.Sugarが消えてしまうような不安です。

今は随分、落ち着いた気持ちに変わってきたのですが....まぁ時間が解決してくれることでしょう。彼は今年の夏で22歳になりますからね。まだ大人一歩手前の事があるようです。

一応ちょっと背伸びしていますが、十分に躾けられたとおりに、ジェントルマンなのです。
周囲の者達には、セージ君のそんなところがとても可愛いし、ちょっと未熟感の残った男っぽさも、魅力的に見えて、親しい間では男女を問わずからかいたくなる所なのです。

そして、そんなセージ君を信頼して頼りにしているMrs.Sugarも、凄い歳の差があるのにも関わらず、可愛くてお似合いの夫婦で素敵に見えるのです。

好意的に見てくれるのは、凄い歳の差だからの特権かもしれません。