Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

Mrs. Sugar の雑記帳です。大部分がハンドメイドファッションを着ていますので、新しく出来たら着替えます🎶

やっと夫婦らしい部屋に・・・

       💕~~~~~~~~~~~~~~~❤

f:id:nyanteicafe:20150915104333j:plain

MAMA*さぁて!クッションはこれでいいかなぁ・・・沢山あった方がベッドの中でPCTV見る時に楽だしぃ~(^^♪

足りなかったら、また今度作り足せば良いわね。セージの寝間着はこれでよしぃ、、、後はgrannyからのプレゼントのネグリジェ出せばいいだけね。

f:id:nyanteicafe:20150915104359j:plain


もっとシンプルなのが好いんだけれど、せっかく頂いたんだから暫らくは着ないとね。

f:id:nyanteicafe:20150915104429j:plain


セージ*さて、資料取りに行かなくちゃぁね。 ここから移動が一番早いしぃ・・・休み前に掃除したときに
気が付いたんだけれど、こんなに早く利用できるとはね。

f:id:nyanteicafe:20150915104448j:plain

でもこれはCafeが閉まっているときしか出来ないね。お客さんいたら吃驚しちゃうだろうし。。。
又丁度良い所にカウチおいてあるしぃ。。。イリスもこの移動方法気が付いたのかなぁ

f:id:nyanteicafe:20150915104519j:plain

セージ*はーい!Suga 久しぶりぃ❤


MAMA*わぁーーー!なんて現れ方するの? もうセージったらクレィジーなんだから!
危ないでしょう。

f:id:nyanteicafe:20150915104637j:plain


セージ*だって、この方が断トツにはやいんだから。。。この部屋に読まなくちゃぁいけない資料を忘れちゃった
んだよ。ほらね、イリスがそこに置き忘れたんだよ。


MAMA*本当に?でも、そこから来るのはやっぱり危ないと思うのよ。

f:id:nyanteicafe:20150915104744j:plain


セージ*Suga が真似したら絶対に駄目だよ。 
俺は気を付けて移動しているから、大丈夫だけれど。
店が閉まっているときは、凄い便利な方法だよ・笑  Suga 久しぶりだねぇ~❤

 

MAMA*。。。。。(又始まったわ!まぁ新婚だから仕方ないか・・・許すとしようって、私ってロマンチックを何処かに落としてきたみたい・反省)

f:id:nyanteicafe:20150915105134j:plain


セージ*Suga は何も付けていないのに、とても良い匂いがするね。こうしていると、とても安らかな気持ちになるよ。

 

MAMA*そう?ありがとう。セージも清潔な匂いがするわ。素敵よ。

f:id:nyanteicafe:20150915105000j:plain

セージ*ンーーーん。柔らかくてマシュマロみたいな抱き心地だしぃ。。。


MAMA*
(さすがジェントルマン仕込みで、上手な表現するわぁ。)



セージ*俺大至急戻って、やらなくちゃぁならない事済ませるからね! 食事はこの部屋でゆっくり摂ろうね。何作るの?

f:id:nyanteicafe:20150915105256j:plain


MAMA*スモークサーモンとチーズ&オニオンのオープンサンドイッチ作ろうと思うんだけれど! 
それから、ベジタブルを・・・

 

セージ*ナイスだね。シャンパンでも飲もうか?


MAMA*セージシャンパン飲むんだっけ?

f:id:nyanteicafe:20150915105425j:plain



セージ*家とパーティの時にちょっと程度だよ。SUGARはアルコール飲まないんだよね?

MAMA:でもね、アップルシードルなら時々飲むから、それでいかが?ドライがあるんだぁ・・・
セージ*もちろん賛成だよ。それじゃぁ、寂しいけれど又後でね。

f:id:nyanteicafe:20150915105450j:plain


MAMA*Tonight's the night and it feels so right.My heart is saying it to me


セージ*You're the one I've waited for so long

(もうKissでお腹一杯気分だわぁ~。まぁ仕方ないか!愛する夫ですものね)

    

        💕~~~~~~~~~~~~~~~❤

とまぁ、SUGARMAMAは頭では理解していても、実体験となると、やや辟易もする時がありますが、習慣は何時かは慣れる事でしょう。
でも内心、こんなにセージ君に愛されていたことに戸惑いもあります。

今まで長い間、おくびにも出さずに、彼はじっと自分を抑えていたんですね。でもまぁ、周囲の者からみたら、彼の眼は嘘が付けずに、愛が溢れていたと気が付いていたというから、目は正直ものですね。