Story of the Mrs. Sugar 💕(´ー`('∇^*)*♪   

1/6サイズの小さな物語です。書いている私は楽しんでいますが、日々のつまらない雑記かも.....🎵 @(=^m^=)@ 💕

💑この物語の始まりは2012年2月3日ですが、始まりはHPで書いていました。はてなブログを見つけて引っ越してきました。真実も混ざりますが創作もありの仮想世界です。サイドバー又はプロフィール内にもその他音楽ブログなどのMENUがあります。気が向いたら覗いてみてください。

大使館夫人達にミントさんを紹介しました。

大使館の婦人たちをミントさんに紹介する事になりました。今後必要な服を注文して作る時の為に、紹介して欲しいと言われていました。

Mrs.Sugarも何となく忙しなく過ごして居ましたので、今日になってしまいました。大使館の男性たちは、皆ミントさんとは知り合いで、ミントさんはちょっと歳上の憧れのレディだったのです。

今後時には大使館へ行って採寸したりも、ありそうですから、そんな時はミントさんが行くのが良いかもしれません。正式に全員紹介は初めてです。

     💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💖

f:id:nyanteicafe:20190519171421j:plain

Mrs.プリメル(ワイスの婚約者)\ごめんなさいね。お手数をかけてしまって!今後スタジオのほうに行くかどうかわかりませんので・・・。 

Mrs.フェンネル(ライモンの妻)\皆で行ったら、狭いと思いましたしね。夫婦でいく分には良いでしょうけれど、いずれフォーマルもお願いすると思うのですよ。

Mrs.ラモーナ(カールの妻)\この国では、センターポイントにテーラーはあるそうですね?来賓が有る時は、ホテル内に借りてある部屋や、ホールなど使う事にしました。

ライモン様に“来賓はシェルター内には、入ってもらわない方が良いと思う”と言われまして!

f:id:nyanteicafe:20190519171626j:plainMrs.Sugar\よく分かりませんけれど、きっとその方がありがたいかもしれませんね。リヴェール教授は、とても用心深い方ですからね。

ですから、私達は信頼して、お任せして暮らして居られるんですよね。

f:id:nyanteicafe:20190519171707j:plain

ミント\お待たせしました!

Mrs.Sugar\皆さんお待ちかねだったわよ。ミントとは皆が逢っているかと思ったら、Mrs.フェンネルだけが、ライモンさんとお買い物に行って、逢ったんですってね?

f:id:nyanteicafe:20190519171805j:plainMrs.プリメル(ワイスの婚約者)\始めまして、私はワイスの婚約者のプリメルです。一番長くこちらに居ますが、あんまりセンターポイントから出た事は無かったんですよ。 

Mrs.フェンネル(ライモンの妻)\私はライモンと買い物に行った時に、お逢いしましたわね。ライモンの初恋の方だそうで・笑

Mrs.ラモーナ(カールの妻)\私はカールと買い物には行きましたが、いらっしゃらなかったんです。

f:id:nyanteicafe:20190519171935j:plainMrs.フェンネル(ライモンの妻)\こんな風にミントさんとお逢いするとは思いませんでしたわ。学生時代に、さんざん聞かされていたんですよ。

ライモンは本気で好きな初恋の人が居たのに“まるきり無視されて、彼女の弟の遊び友達としか見てもらえなくて、凄く悲しかった!”って言っていましたのよ。

Mrs.Sugar\あらぁ、本当だったのね。でもねぇ、王位継承者じゃぁ、ミントだって困るわよね・笑

ミント\本当よね。私そんなたいそうな人と、付き合う気等ないものね。気楽なのが好きですしね。

ライモンだって適当に楽しんでいたから、完全にジョークだと思っていたわ。

f:id:nyanteicafe:20190519172106j:plainMrs.フェンネル(ライモンの妻)\でも、想像していたよりも、ずっと綺麗な方で、吃驚したんですよ。

Mrs.プリメル(ワイスの婚約者)\本当に、私達の夫達皆が“とっても華やかで、上品で美しい方だ”って言っていましたけれど、想像以上でしたわ。

Mrs.ラモーナ(カールの妻)\えぇ、ですからもう、沢山の男性の憧れの的だったそうですものね。

流石セージさんのお姉様たちは皆さん綺麗な方ばかりで、吃驚しましたよ。

Mrs.Sugar\ですって、ミント!でも確かに、ライモンさんが逢った頃は、一番綺麗な時だったんじゃぁないの?

ちょっと大人でね。7歳違いくらいでしょう?一番憧れるのかもしれないわね?

ミント\そうかしらね?おだてたって何も出ないわよ。パーティに行けば、幾らでもポッシュで綺麗な人が沢山居たわよ。人は人で好みがありますからね。

f:id:nyanteicafe:20190519172407j:plainMrs.プリメル(ワイスの婚約者)\そう言うあっさりした所が、ライモン様は余計にお気に入りだったんでしょうね。

私は最初はライモン様の婚約者の一人でしたから、お話は聞いていました。“悪いけれど好きな人が居るんだよ”ってね。

それで、ライモン様のお側に上がっている時に、ワイスと出会って、私は仲良くなってきて困っていたんですよ。

Mrs.ラモーナ(カールの妻)\あらっ、そうだったんですか?それは辛かったでしょう?よくライモン様に伝えられましたね?

f:id:nyanteicafe:20190519173220j:plain

Mrs.プリメル(ワイスの婚約者)\いいえ、ライモン様は気が付いていらっしゃって“絶対に君を選ばないから大丈夫だよ。カールと付き合たら良い”って言ってくださったんです。

お母様のエーデルさんは、ライモンさんの婚約者だからって言われて! 

Mrs.ラモーナ(カールの妻)\でも、良かったじゃぁないですか?ライモン様がご自分で動かれて、一気に色々片付いたんですものね。

f:id:nyanteicafe:20190519173502j:plainミント\ライモンも意外と行動的な所があったのね?何だかはっきりしない子に見えたけれど、大人になったのね。

Mrs.フェンネル(ライモンの妻)\でもそうなったきっかけは、Mrs.Sugarに嫌な話をして、不快な思いをさせて、それでセージさんも不愉快な思いをされたのよ。

凄くライモン様は腹を立てた結果のパワーが、ライモン様を決心させて、行動させたみたいよ。“あんなに腹が立った事は無かった!”ていってらしたものね。

Mrs.プリメル(ワイスの婚約者)\あの時は本当に驚きましたのよ。普通はそんな事言わないでしょう?前の方は、もう自分が選ばれたと思って、舞い上がっていたんでしょうね。

贅沢ばかり夢見る方で、お育ちが今一だったんでしょうね。ライモン様のお立場考えても、考えが浅い女性とは、結婚はしないと言う事になったんですよ。

Mrs.Sugar\まぁ、聞いて楽しくはありませんでしたけれど、でもセージが私と知り合う前の話ですからね。ライモンさんも、もう気にする事はないわ。

Mrs.プリメル(ワイスの婚約者)\でも、本人からでなく、他から告げ口の様にして聞いたら気分が悪いですわよね。思い出しても、あの時は血の気が失せたわ。 

f:id:nyanteicafe:20190519174155j:plainミント\あらっ、何?セージのSugarと知り合う前の話ね! ガールフレンドらしき子が何人かいたみたいだけれど、逢う度に違う子だったから、大した相手ではなかったんじゃぁないの? セージも本気だとは思えない感じだったわよ。

異性に興味持つ年齢でしょう?誰も相手がいない方が、不自然だわよ。

Mrs.フェンネル(ライモンの妻)\セージさん、凄くチャーミングですから、モテない訳が有りませんわよ。

私もライモンから聞きましたけれど、皆数回のデートで終わったそうですしね。一番長くても2ヵ月も続かなかったそうですからね。

f:id:nyanteicafe:20190519174356j:plainミント\ま、以前はどうであったか知らないけれど、まったくガールフレンドが居なかった方が、不自然じゃぁないの。恋愛の真似事くらいある年齢でしょう?

もうSugarに対しては、全然違いましたからね。あのバカ助が、あまりにもどうどうと“もう大好きだよ。楽しい人だよねぇ~。凄く可愛くて!”

って平然と言うから“私の仲良しですからね!当然じゃぁないの!”って言っていたのよ。偶然だけれど、私なんて何時もSugarの事は抱きしめて、思い切りほっぺにKissしていたのよ。

だからSugarもハグされる事等などには、結構慣れてはいたんじゃぁないの?

Mrs.Sugar\むっふふふ、、、。最初は吃驚したけれど、その内に慣れたわよ。もうミントは激しいんですもの。

笑いながらKissするから、年中私は笑った形のKissマークがスタンプされていたわ。

Mrs.フェンネル(ライモンの妻)\まぁ、Ohohoho、、、、それではもう将来の事が解っていたみたいじゃぁないですか?

f:id:nyanteicafe:20190519174853j:plainミント\さぁて、それでは私スタジオに戻りますね。よかったら、何時でも気軽に寄ってみてくださいね。

連絡くだされば、採寸など必要なら、伺いますしね。皆が集まっていたら、入れませんけれど、何時もではないので、丁度良い広さなのです。

じゃぁねSugar足は順調なんでしょう?

Mrs.Sugar\えぇ、大丈夫よ!ほら、セラピストが何時もついているからね・Ahahaha、、、、

ミント\ホント、煩いセラピストよね。

Mrs.フェンネル(ライモンの妻)\もう素晴らしく優しい旦那様ですわ。ライモン様も何時も言うんですよ。

“セージがあんなになるなんて、信じられない”って!

f:id:nyanteicafe:20190519175057j:plainMrs.フェンネル(ライモンの妻)\さて、後はライモン様がセージさんにお話しすると思いますけれど、本格的に養護院の里親探しが始まりますわ。

何処の国も、少子化していますので、欲しくても子供に恵まれなかったり、産まれても早くに失くしてしまったりの夫婦は少なく無いですからね。

Mrs.ラモーナ(カールの妻)\法律的な事や、調査などの依頼も、し始めているんじゃぁないかしら?

産んだ子供でなくても、巡り合えばそれはもう運命ですからね。東洋では恋人だけでなく縁深くめぐり逢った同士は、赤い糸で結ばれていると言うんですってね。

f:id:nyanteicafe:20190519175232j:plainMrs.Sugar\そうね。よくそう言うわ。東洋の他の国でも言うのかしら?そう思って結婚しても、結局は別れてしまう場合も有りますけれどね。

それはきっと本当に結ばれた相手ではないんだと思うのよ。全然違うのよね。

Mrs.フェンネル(ライモンの妻)\そう言うのはあると思いますよ。私も自分を考えてもライモン様とは仲良かったけれど、絶対に駄目な相手って思っていましたのよ。

まさか婚約も決まった人と別れて、継承権も放棄したら、偶然出会うなんてね!直ぐにお付き合いが再開して、恋していたり、愛していたりしていた訳では無いと思っていました相手なのよ。

それなのに再開した途端に“ライモン様が結婚相手だわ!”って思ったのよ。

ライモン様もそう思ったんですって!それが赤い糸が結ばれていたって言う事だと思うわ。

f:id:nyanteicafe:20190519175501j:plainMrs.プリメル(ワイスの婚約者)\皆色々あったのよね。私も未だにまだ正式には結婚はしていませんけれど、でもそれでも良いと思っているんですよ。

型にはまらないのですけれど、私のパートナーはワイスですもの。 

Mrs.フェンネル(ライモンの妻)\そうね。今皆が幸せなんですから、気の毒な子供達に幸せな家庭を見つけて上げる事に致しましょう。

養子縁組もきっと赤い糸がつながっている両親と子供がいると思うわ。

Mrs.ラモーナ(カールの妻)\えぇ、きっと収まる所に収まると思うんですよ。厳しい世の中ですから、少しでも愛のある家族が出来ると良いですね。

f:id:nyanteicafe:20190519175712j:plainMrs.Sugar\そう言う所は、西欧の人って心が広いと言うか、日本人の愛の形とは全く違う愛があるのは、宗教的な違いかもしれませんね。
皆さんクリスチャンですかしら?

Mrs.フェンネル(ライモンの妻)\えぇ、大使館の者は皆クリスチャンですよ。宗派は違う人も居ますけれどね。

各国内もプロテスタントが多くて、次がカトリック、ユダヤ教も居ますし、少数のその他宗教かしら?

Mrs.ラモーナ(カールの妻)\此処の国の教会は特殊で、何教もお祈り出来るんですよね。

修道院は色々な宗派の神父や牧師がいますしね。皆仲良く助け合って暮らしていますわ。でもそれこそが、神様が願った事だと思うんですよ。


      💖~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💕

Mrs.Sugarは、皆が仲がよかったら、何教であっても全然問題無いと思っています。過去に色々な国で暮らした時には、モスリムもいたし、道教の人やクリスチャンやシークも居ましたが、皆親切にしてくれました。

ですから、今世界中で宗教問題が色々あるのが不思議に思うのです。過激な事を言う人は、ほとんどいなかったのですから・・・
過去の日本の戦争問題がらみでは、不愉快な思いも少ししましたが、兎に角戦争は大反対です。

言葉であれ、行動であれ、暴力は大反対。争いたかったら、オリンピックのように、スポーツで戦えば良いのです。
どちらにしても一人っ子で育ったMrs.Sugarは、祖母からは“負けるが勝ち”と教わって育ちましたから、人を恨んだり、競争したりは苦手なのです。

結果は自然に決まると思っているからです。縁が切れたら別れるのは仕方がない事だと思っているのです。縁があれば、別れる事もないでしょう。人から奪う事も考えません。

そう言う意識には欠けているのですね。それでも、嫌な事は嫌だとハッキリ言いますし、イエス、ノーはハッキリしています。

“どちらでも良い”と答える事も有りますが、それは本当にどちらでも良いのです。中間が有っても、それは自然な事だと思っています。

あとから文句を言う事はありません。本当にどちらでも良い事ですからね。