Story of the Mrs.Sugar

                                     Mrs.Sugarの日々の雑記です@(=^m^=)@ 💕




1/6サイズのバーチャルな物語は、2012年2月3日にスタートしました。
前半は削除してあらすじに簡単にまとめました。 2018年からはそのままにしてあります。それなりにドラマがあり、。今になってみたら |)゚0゚(| ホェー!! 。現在と似たような災害を予想したような状態を書いていました。謎!と吃驚です
2022年2月ではてな利用させてもらって約10年。気ままにその時の出来事をチラッと振りかけて、たわごと物語ですが、続けられるところまでし楽しんで書いていきます\_∩(´∀`❤)@

起き抜けは読書の時間

毎朝セージ君は目が覚めると、暫くぬくぬくした感触をぼんやり楽しむ、特別な時間を過ごします。そしてMrsSugarの様子を見て、本や資料などを暫く読みます。

今日から夏休みなので、そのまま気が向くままにベッドで読書です。日頃は週末以外はMrsSugarが目を覚まさない時は、お湯を沸かしている間に軽く口腔内をブラッシング&濯いで、お茶の準備をしてそっと起こします。

休日は自然に起きるまで、読書しながら起きるのを待っています。朝の読書は短時間でもスッキリ頭に入ってくるのです。
元々セージ君は速読が得意なのです。さて今日はMrsSugarは何時に目が覚めるでしょうか?夜中に一度目が覚めるそうで、早くに寝ても起きるのが少し遅い目です。
    
💑~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💕

MrsSugar💤・・・・・・...........

セージふわぁ~今日から、今年は本当に夏休みだなぁ~。世界では色々な災害とか、争い事があると言うのに、こんな幸せ気分の朝が迎えられるなんてなぁ。

ま、俺は一度は死んだんだけれど、周りは大変だっただろうけれど、俺は傷跡の痛みが少し有っただけで、まったく記憶にないからなぁ。

しかし、あのテロに巻き込まれた時には、何かが始まっていたのかもだよな。今気が付いたんだけれど、感染症にしても、これだけ厳重に色々対策していても、パーフェクトってないんだよな。

MrsSugar・・・.......💤・・・

セージシェルター暮らしと言う、せせこましい所で暮らしているけれど、教授の決断に、感心はしても誰も文句は無く、速やかにシェルター暮らし始めたのも、凄い信頼度だよな。

MrsSugar.......💤・・・・・・.......

セージやっぱり、脳関係の本は面白いけれど、難しいよなぁ~。今度ターナー先輩達に聞いてみようっと!

Sugarは、夜中に一度は目が覚めて暫く起きているから、俺より早く寝ても、起きるのが遅くなるのは仕方がないんだけれど、あまりよく寝ていると、息しているのか心配になるよ。

ま、体が暖かいから、只眠っているだけだって、思うんだけれどね。

MrsSugar.....💤...・・・・........💤

セージそう言えば、脳ってとても興味深い働きもするから、本を読んでいると興味が尽きないよなぁ。脳をだますとか、損傷された脳の機能を他の部分が補ったりするとか...。

脳科学の本は、読めば読むほど面白いよね。結構仕事にも役に立つし、かといって脳専門の医学者や医者になる気はないんだけれどね。

大体俺は勉強って、凄く大好きって訳でもないんだよなぁ~。目的があれば面白く調べまくるんだけれどね。Sugarの事が好きだから、此処の国に来たら、意外と悪くないんで、居ついてしまったんだけれどね。

MrsSugar...・・・・........💤・・・......

セージしかし、最近Sugarはよく寝るよなぁ。具合が悪い訳では無いと思うんだけれど、ぼちぼち寂しいから、起こそうかなぁ。
こうして、横に寝ているだけでも幸せなんだけれど...。寝ている時に本を読めば起きている時は、一緒に話とかゲームして遊べるし!

って俺は子供みたいで、馬鹿みたいだよなぁ。7月26日で24歳になったんだぜ。嘘みたいだよなぁ。それでも、此処の国似れば一番若いとか言われるんだよな。

そうだ、脳と言えば何時か定期健診に行かないとなんだよな。

MrsSugar💤........💤・・・......

セージSugarから何も言われないし、別に今の所俺の脳は高次脳機能障害はなにも症状は出て居ないと思うんだけれどね。

只万が一何か突然後遺症が出て来て、記憶障害や、麻痺したり、性格が変わったりなんて、なったらなぁ~。

性格が変わって、凶暴になったりしたら、Sugarに危害を加えるようだと問題だからね。裸好きだからって、ブレーキが利かなくて、ヌードで外を徘徊したりなんてなたら、アウトだよな。

今はちゃんと家の中だけヌーディストの時があるけれど...やっとSugarも慣れて、気にしなくなったんだからね。

そうなったら、悲しいけれどオランダにでも行って、安楽死するかな。此処の国でも、安楽死しても良い法令を作れば良いんだよな。

自殺なんてしたら、周囲の人達も、凄く傷つけてしまうだろうし、成功率が良いとも言えなくて、未遂で終わって、障害を持って、暮らすのはもっと辛そうだしね。

ま、そうなってもSugarが、俺の事嫌いじゃぁ無いって言ってくれたら、問題行動が多くなったら、lobotomyのオペでもしてもらいたいよな。今では認められなくなったらしいけれど...。

何が残酷かどうかなんて、決められないよな。医療界も色々問題が山積みだよな。

💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~💑

今朝はセージ君は本を読みながら、色々シリアスな事も考えたりもしました。日頃は忘れていますが、脳に大きな損傷を受けているのを、ふと思い出す時が時々あります。

セージ君が一番幸せなのは、MrsSugarと、細やかになるべく何時も一緒に過ごす事なのです。凄い歳の差ですから、順調に行ってもMrsSugarが先に旅立つでしょう。

でも、セージ君はなるべくもっと、歳を取ってからの別れであって欲しいと願っています。歳を取って居たら、きっとそんなに間を置かないで、自分も寿命が来るかもしれません。

そうでなくても、諦めもついて楽しかった日々を思い出しながら、暮らせるような気がしています。何時も明るく何の悩みもなさそうに思われるセージ君ですが、時にはふと胸の奥では、そんな事を思う時もあるのです。

人間が一生なるべく周囲に迷惑かけずに、旅立つ事も難しいものだなぁ~と思ったのでした。数年の間に続けて夫婦で、心肺停止でもう駄目なのかと思った体験をしたのですが、若いセージ君は、人の命は何時終わりが来るか判らないと言う事を、学びました。ですから猶更、毎日のささやかな幸せな時間を、大切に楽しまなくてはと思いました。

                           Storyteller@Sugar