Story of the Mrs. Sugar 💕~(☆´-)(´∇`ゝ

Mrs. Sugar の雑記帳です。大部分がハンドメイドファッションを着ていますので、新しく出来たら着替えます🎶

Cafe2年目の2014年思い出アルバム

 *・゚☆.。.:*・゚£(。・"・)o[†Good Day†]o(・"・。)β。.:*・゚お話はまだまだ続くので、前のほうは

ちょっとあらすじに纏めます。

f:id:nyanteicafe:20161223190526j:plain

にゃん亭Cafeは2012年設立の物語です。最初から読んでくださっている方は、よくご存知でしょうけれど(もう2年経ったので忘れたかもですので・・・)スタートの頃は違うブログで、チョコチョコとドールハウスなど作って、こじんまりとCafeを始めました。

WANNYANWONDERLAND と言う国が新しく出来まして、その国はおおよそ東欧と西欧の上のほうにある高地にある小さな国なのです。四季もあり、冬はそこそこの積雪もあり、夏はカラッと暑くなりますが、非常に過ごしやすい夏でして、最高気温でも30℃くらいです。朝晩は気温が下がって、20℃くらいなのです。
そこの国は、西欧数ヶ国が未来のために、どの様に心身とも健康に暮らせるかを研究するために、医学部・工学部・芸術学部のある国立大学を設立し、未来型大学病院、研究所などが母体の学ぶことが好きな人達の為の国を作ったので。
研究者や学者・芸術家など一生学ぶことが仕事でもある国民を集めた国にしましたが、生活の為にはその他支えてくれる人も必要なので、条件付で移民を受け入れる事にしたのです。日常会話はクィーンズイングリッシュで、生活できる人。もの作りなどが好きな人。ちょっと不便な暮らしを楽しめる人などが条件です。

そこでMrs.Sugarは、多少しか英語は話せないにも関わらず、応募して審査を受けて、移民出来る事になりました。
最初の頃は住人も少なくて、大学病院の北側が居住区で、そこにわずかな土地を買って、こじんまりしたCafeを開店したのです。2階がMrs.Sugarの居室で、1回がCafe,気が向いた時にビスケットを焼いて、お茶を出す気ままなCafeでした。それから、少しずつお客さんも増えて、1年経った頃にはミントさんが移住してきて、ブティックを開きたかったミントさんはCafeにお茶を飲みに来ているうちにMrs.Sugarと仲良くなり、彼女の編むブルゾンやその他ちょっとした服が気に入って、一緒に仕事をするようになったのです。そして、その内ポプリさんがやってきたり、お客さんも増えてきて、Cafeを増築したりしながら、Cafeも変化していきました。

元々は2012年にMrs.Sugarの小さな物語が始まりました。このブログが気に入って、借りるようになり、途中からブログで物語が続いています。と話はアラビアンナイトのように続くので、最初の頃を整理してみましたのでCafeのスタートを見てみてください。

http://www.geocities.jp/hitujianmonogatari/2017sugarstory.html