Story of the Mrs.Sugar

                                     Mrs.Sugarの日々の雑記です@(=^m^=)@ 💕




1/6サイズのバーチャルな物語は、2012年2月3日にスタートしました。
前半は削除してあらすじに簡単にまとめました。 2018年からはそのままにしてあります。それなりにドラマがあり、。今になってみたら |)゚0゚(| ホェー!! 。現在と似たような災害を予想したような状態を書いていました。謎!と吃驚です
2022年2月ではてな利用させてもらって約10年。気ままにその時の出来事をチラッと振りかけて、たわごと物語ですが、続けられるところまでし楽しんで書いていきます\_∩(´∀`❤)@

シャノの店で待ち合わせ

今日はプランテーションの作業は女性だけで、セージ君は久しぶりにサイクルクラブへ行きました。ロードバイクその他の手入れや、カスタマイズ作業を皆でやって、終わったらMmaシャノアールの店で待ち合わせです。

女性だけのプランテーション作業の時は、Mmeシャノアールは都合をつけて出てきます。女性だけの時は芽を摘んだり、不要な枝や葉を積んだりの作業です。
手も動かしますが、口は皆忙しいのです。今日は大使館の女性も参加でした。なので、Mmeシャノアールは話し足りなくて、不完全燃焼になります。

一応上品な言葉で話しますし、個人的な事は話しません。その変わり身の早さぶりはMrsSugarは何時も感心してしまうのです。

💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~💖

 Mmeシャノアール大した仕事じゃぁ無いのに、案外体を使っているのか疲れるし、カーっと暑く成るねぇ。そう言えばプランテーション内は、植物が呼吸しているから沢山酸素が吸えて、体に良いって思わない?

ジャンティそりゃぁ、良いんじゃぁないかなぁ。農園関係の地方の人って、元気で長生きな人が多いみたいじゃぁ無いか?

ルナルそうよね。外でなら日焼けに気を付けないとだけれど、此処のプランテーションは外とは違うから、外程あまり気にする事はないんじゃぁないの。
でも多少は日焼けするとも聞いた気がするのよね。

ジャンティ長生きと言えばUKの女王陛下が、亡くなったけれど、長生きだったよね?もう100歳近かっただろう?でもさ、昨年だったっけ、最愛の夫が先に亡くなったから、ハッピーな死去だったんじゃぁないのかな。きっと迎えに来たんだろうね。

ルナルそうよね。そうそう、何処だったかの国の人だったのよね。以前セージ君が言っていた事があったわね。そう言うのが理想的だって!Sugarさんが”超高齢まで元気で居たら、先に死んでしまっても、自分もそこそこの年齢になっているから、少し早い目に死んだら、1人で居るのが短いから、迎えに来てもらうのが理想なんだけれど...でも夫が残された夫婦の男は短命な人が多いそうなんだよ“って嬉しそうに言っていたわ。

Mmeシャノアールじゃぁ、女王陛下は仲の良い夫婦だったから、女王陛下の方が、追いかけていったのかい?

それとも迎えに来たのかねぇ。でも現実には、急に超高齢化になったけれど、そこそこ昔年齢で死ぬ人も少なく無いだろうからね。90歳過ぎまで生きるのも大変だよねぇ。
セージの所のNanは超高齢で元気だけれど、グランパは先に90歳前に死んだんだろう?それだって、かなりの超高齢だわよ。これから加齢していくものは、どうなるのかしらね?アッ、噂を言えばセージ達が来たよ。

こんな話はこちらからあまり言うんじゃぁないよ。セージが悲しい顔するからね。只のセージの理想の話なんだからさ。不安もあるんだろうよ。

MrsSugarこんにちわぁ、ねぇ、今日は結構暑くない?別に力仕事した訳じゃぁ無いけれど、立ったりしゃがんだりしたから、スクワットした事になったかしら?
だったら、結構カロリー消費したわね・笑

セージ大変な時は言って来たら、直ぐに手伝いに行くからね。サイクルクラブの作業は趣味の事が多いんだから! 話して居るのも手が空いている時は、院内で使っている物のメンテ等、頼まれ作業をやりながらも今は多いんだけれどさ。

MrsSugar今はまったくサイクリングはしていないんでしょう?でも、たまになら外にサイクリングに出ても良いって言われたんでしょう?

セージそうなんだけれどさぁ、少しでも出てしまうと、絶対に外の空気は気持ちよくて、この中に居るのが理屈では解っていても、中の暮らしが嫌になってくるだろうから、止めて置こうって言っているんだ。

完全解除された訳では無く、パンデミック中ではあるんんだろう?なんだか中途半端で気になるからね。万が一ウィルス感染でもしたら、大変な事になるからね。

俺は症状が出なくても、Sugarに移してしまったりしたらさぁ...今のは軽症と言っても感染力が強いそうだしね。サルから見つかったウィルスも話題になって居るだろう。

ジャンティ凄く感染者が減った訳では無いんだよな。ただワクチン接種率が高い国は、まぁある程度感染して回復して、抗体が出来て居る人もデーターをちゃんと取っているしね。何か危険と思ったら、徹底したロックダウンするだろうしね。

又新種とか出ても、受け入れ体制はかなり整っているし、ワクチンとかの研究がUKなどは良い結果を出したって聞いたよ。
流石ジェンナーの国だよね。今までで彼の種痘だけが人為的に感染症を撲滅したんだってね。他は戦争とリンクしたりして、消滅したらしいって聞いた様な?

Mmeシャノアールあんたよく知っていたねぇ。少しはこの国に来て、賢くなったんじゃぁないのかい。

でも、本当に世の中には色々な災害が有る物だよねぇ。私たちはたまたま此処に移住したから、こうして無事に暮らしているけれど、でもいずれもっと多くの人が温暖化で、色々な災害が出てきた時の対策に追われる事になるんだろうね。

ま、パリなんて名前はカッコ良いけれど、セージ達の国の事伝統にばかり拘わって、どんくさいとかって、馬鹿にしている人も居るけれど、古臭い不便な暮らしは悪くないと思うよ。
でも、農作業をやるとは思わなかったけれど、ハーブはベランダで作っていたからね。馴染みはない訳じゃぁ無かったから、良いんじゃぁ無いの。水耕栽培が中心だろう?

MrsSugarそう言えば、植物って人に食べられるだけでなく、色々な役目をしているって、この間ニュースで観たわよ。
エネルギーを生み出して、それは蓄積できるもので、オランダはもう使っているんですって!オランダって凄いわよね。確かかなり温暖化対策を進めている国なようよ。

此処のプランテーションも、それだけでなく何か研究しているみたいよ。

セージこの間観たニュースだろう?あれはね、植物と共存する微生物が生命活動をする時に、土や水の中で放出される電子を利用して発電しているって事だよ。

エルダーやフランツが以前から、研究し始めていたんだよ。今はちょっとストップしているけれどね。

 Mmeシャノアールへぇ。そんな事を植物はやっているんだ。よくそんな事考え着いたよね。まずは、最初に目を付けたのが凄いじゃぁないの!
普通の人は、そんな発想はないよね。やっぱり研究員とかって、並の頭とは少々違うようだね。

ジャンティ此処だって床や階段や色々な所が、発電するように出来て居るだろう?夜廊下速足で歩くと、足元の照明が付く様になっているんだぜ。知っていた?

ルナル私もあれはびっくりしたわ。あれも多少は蓄電出来るようになって居るのが良いわね。足元が明るいのは良いですものね。

MrsSugar私暗くなってから外に出た事無いから、話だけしか知らないんですけれど。だから、此処は日頃から歩け歩けですし、ジムのエアロバイクとかも、他のマシーンも発電するようになっている物は多いようだわ。

後はセカンドカントリーは地熱も使っていて、此処よりもよく出来て要るそうよ。

セージ植物が育つ土壌や水辺に電極を挿しておくだけで電源がなくても、植物が元気に育つ環境があれば、電力を得ることができるって言うからね。

出来るだけエネルギーは使わない暮らしを考え中で、実行する国が増えてきてるんだ。

ルナルそう言っては何だけれど、アジアの国が電気をいっぱい使って、夜景を売りにした、観光とか多くない?
以前、友達が旅行で上海と、シンガポールに行ったけれど、中心街は物凄い明るくて派手な夜景だったって言っていたわ。ヨーロッパの夜は結構暗いでしょう?

セージそう言えば、昔日本に1泊ツァーで行った時、飛行場とかも凄く照明は明
るい感じだったよね。何度かオリンピック前に日本に行った、教授も都会だけでなくて全体に住宅街もかなり明るいって言っていたよ。

タワーに上って夜景を観たんだってさ。ずっと遠くの方まで、光に包まれて居る様に見えるんだって...。

Mmeシャノアールアジア人の目は濃い茶色が多いのに対し欧米人は青、グレー、ヘーゼル、などと言った薄い色が多いのは、瞳孔の周りにあ虹彩って言う色が濃いのはメラニン色素が多いんだてさ。

南国に住む方たちの方が、皮膚の色も目の色も濃いのはメラニン素が多く強い日差しに強くなっているそうだよ。巧く出来て居るよね。

彼らは明るい光が眩しくないけれど、欧米人にはすごく眩しく感じるので、子供でもサングラスをしているんだそうだよ。

光や色の見え方は、目の色だけでなく男女によっても異うそうだって、以前Drローソンから聞いたよ。

ジャンティやけに詳しく知っていると思って、驚いたよ。まだ聞いたばかりなんだね。そう言えばセルフィーユが、アジア人と国際結婚した友人が“本を読んだりする時には、アジア人の妻はスタンドで、手元を凄く明るくして本を読むんだって”て言ていたって聞いたよ。
Sugarさん達はどうしているんだろうね?って話した事が有ったよ。

ルナルそれは、やっぱり同じじゃぁないの?私達西欧人は髪は黒くても目の色はSugarさん程黒くは無いでしょう。

だから店も薄暗いけれど、以前Sugarさんは慣れるまで、部屋が暗くてスタンドを手元に持ってくるって言ってらしたものね。

それじゃぁ、日本などは、何でも電化だそうですから、沢山エネルギーを消費しないと暮らしていけないのね。何でも電気でなんでしょう?ほとんど自動販売機で買えるそうだってTVでみたわ。便利な暮らしは停電になったら大変ね。

💖~~~~~~~~~~~~~~~~~~💕
そう言われる前から、MrsSugarは、子供の頃からしたら、今はやたらに照明器具も明るいと感じた事があったのを思い出しました。
昔は、今の盛り場ももっと暗くて、だからこそネオンがくっきり明るく見えたのを思い出しました。

「防犯の為と言うけれど、安全な国日本と言うなら、そんなに夜中まで明るく電気を使わないでいたら、かなりの省エネになるだろうに...」と心の中で思ったのでした。
何しろこの国に来る前は、住宅街なのに夜は明るくて、寝る時はアイマスして寝ていたのです。

日本人は最も睡眠時間が短いと言われるのは、一晩中明るいから目が覚めてしまうのかもしれません。そう言えば若くてもセージ君はMrsSugarが休みの日に昼寝すると、一緒になって寝ています。色々な人に聞いても、この国来ている人達の睡眠時間は、2~3時間多く眠っているようです。

セージ君は元々寝るのは好きだし、よく寝ると聞いていましたが、結婚して本当によく眠ると思ったものです。寝る子は育つと言うのは本当だと、立証しているようなものです。西欧人が高身長が多いのは、よく寝るからなのかしら?と思ったのでした。

            Storyteller@Sugar