Story of the Mrs.Sugar

                                     Mrs.Sugarの日々の雑記です@(=^m^=)@ 💕




1/6サイズのバーチャルな物語は、2012年2月3日にスタートしました。
前半は削除してあらすじに簡単にまとめました。 2018年からはそのままにしてあります。それなりにドラマがあり、。今になってみたら |)゚0゚(| ホェー!! 。現在と似たような災害を予想したような状態を書いていました。謎!と吃驚です
2022年2月ではてな利用させてもらって約10年。気ままにその時の出来事をチラッと振りかけて、たわごと物語ですが、続けられるところまでし楽しんで書いていきます\_∩(´∀`❤)@

新プランテーション作業

今日も先日から始めた、新プランテーションの作業が残ってしまいましたので、セージ君は理事長達の手伝いに出て行きました。

作業はまだ続きそうなので、今は一休みして良いと言われて、Cafeにやってきました。今日は森林管理員と理事長が、相談しながら新しい植え込み棚を壁面に沿って取り付けているのです。

理事長の指示に沿って、棚の取り付けは上の方は、かなり高い所なので、身軽な若いセージ君が手伝いに出たのです。

早くに取り掛かっていたので、この国では全員が、プランテーション作業に慣れてきたので、スペースを広げていますが、西欧では天候異変などで、干ばつなどで、ホースで水やりなどは禁止されているようです。

💕~~~~~~~~~~~~~~~~~~💖

ポプリお疲れ様。終わったのかしら?お茶を入れましょうか?

セージいや、飲み物は飲んできたからいいや。まだ終わらないよ。結構広いスペースを、プランテーションに変えているからね。

部屋ごとに設定温度などを変えて、野菜の種類を増やして居るんだよ。高い所の棚は、梯子を使って登らないとだから、理事長などはもう危ないからね。

今までよりももっと上の方まで、棚を作っているんだよ。

MrsSugar随分本格的になってきたわね。早くから手掛けて良かったわよね。もうヨーロッパは、川が干上がってしまったり、熱波が来たりですし、反対に低温の所もあるんですってよ。

Mrsサフラン乾燥はしているようですけれど、40℃以上になる日も有るようで
すよ。UKもフランス、スペイン、ポルトガルだったかしら?

MrsSugar案外北欧近くの方が、まだそこそこの気温みたいよね。

セージあぁ、それでも今年は何処の国もシェルターを開けたそうだよ。それに西欧の国は、大体石作りの家の壁が凄く厚いんだ。

外気温が上がっても10℃くらいは涼しいし、冬は暖かいんだよ。窓などのドアも閉めたら、外気温が遮断出来るんだよ。エアコンは店舗にはついていても、一般家庭にはついていない所がほとんどだろうね。

ポプリそうですわね、此処ほど完ぺきでは無くても、シェルターは結構あるわ。今回は暑さで、森林などの樹木が枯れたりして、自然発火した火事などが結構あるみたいですしね。

Mrsサフラン《こういう気候の時の冬は今度は大雪と寒波が来やすいのよね。この国は、セカンドカントリーはさらに万が一で、買い足した島で、周囲が海でしょう?

偏西風の事なども考えて、そこそこ災害が少ないだろうと言う所だそうですからねぇ。

MrsSugarそんなに、シェルターとか家も考えて作られていたのね?私はちょこっと旅行で行っただけなので、そう言う細かい事は気が付かなかったわ。

日本は、ごく一部に冠水した時用の、地下貯水池があったり、国会議事堂などが有る当たりには、シェルターが有るらしいって聞いただけよ。

セージオリンピック以来TV観る様になったから、少しわかってきたけれど、毎年台風とか、大きな地震があったりするのに、余り対策は取っていないよね。

Sugarはサバイバルの事など知らないから、吃驚しちゃったよ。結構危機感は無い国民性なようだね。本当は大変なんだと思うけれど、同じ場所に災害に襲われているのに、同じ場所に家建てたりしていない?

ポプリそれは、何処の国もそれぞれの国民性が有りますからね。感染症に対しても早くに解除して、呆れられている国もありますしね。

でもそれには、ワクチンの接種率が凄く高かったり、ロックダウンする時は、もうゴーストタウン化と思う位に、徹底していますからね。

MrsSugar確かに、何時もは私セージなどに、色々な事が日本よりも緩いって言ってしまうんだけれど、緩い所が違うのよね。
日本なんてもう、ゆるゆるよね。結構解決方法が、だらだらしていて、ルール守らなかったり、注意されても言う事聞かない人が沢山いるわよ。

セージま、そう言う部分がSugarは嫌で、若い時から移民する気で居たんだろうけれど、なぜか予定変更して、Sugarのそう言う希望を納得している人と、結婚したら計画は無視されてしまって...
でも、違う国には出て行って、海外では暮らしたんだよね。

MrsSugarそうそう、全然行く気が無い国で、でも気候が暑くて今の日本みたいな気候が1年中だったわ。気候以外は面白かったわ。
国際見本市みたいに、色々な国の人と出会て、色々話す事も有って面白かったわよ。

他の日本人は危険だと言う事で、全く出歩かない人ばかりだったけれど、私は直ぐに独り歩きしてたわよ。

そうそうもう異常気象で海が変だって、30年近く前にすでに南の国の漁師の人は言っていたのよ。だからまずは魚に変化が見られたみたい。

1980年代よ。まったくまだニュースにもなって居なかったわね。ただ地球は氷河期に向かっているって、子供の時学校の理科の先生が言っていたのよ。

その前には過酷に変化する気候変動が起きて、移っていくんですって...。

ポプリそうそう、それで,Sugarちゃんったら“計画通り若い時移民して動物保護官になって居たら、マンモスとかの保護動物出来たかも...”なんて、言っているのよ。絶滅危惧種にならない様に...ってね。

Mrsサフランまぁ、今では私達の方が、絶滅危惧種になりそうじゃぁありませんか。若者はカップルが減ってきて、当然出生率が減って...。

ポプリ私も子供が居ませんけれど、子供が居ない人結構居ますでしょう?それも、傍から見ていると、もし生まれたら良い子が生まれると思うご夫婦達に、子供が居ないんですよね。

セージ仕方が無いんじゃぁないの。うちは絶対に実験台にはなりたく無いし、年齢は後から判ったけれど、Sugarの事好きになったのは、もう何か考えてでなく、最初からずっと好きで、側に居たくなったんだから!

もうさ、今のこの時代、子供が居ても大変だよなぁ。自然に任せるしかないんじゃぁないの? 子育て出来ないレベルの人が子供産んで、差別するわけじゃぁないけれど、本当に養護院は里親見つけて、出しても又すぐに来るんだぜ。

MrsSugar色々な事が重なって来て、やっぱり人類は何時か滅びるのかしら?そう言う映画があったじゃぁ無い。

私は嫌いな作業ではないけれど、まさかこんな早くにシェえルターで暮らして、プランテーション作って、食糧難暮らしには居るとは思わなかったわ。

此処は早くにスタートしたけれど、いずれ彼方此方の国が、此処と同じようにやり始めるんでしょうね。

セージ俺は“そうなったら、仕方がないだろう”って言ってるんだけれど“絶対にヴィーガンにはなりたくないわ”って言うんだよね。

MrsSugarだって、食べ比べたら本物の肉の方がずっと美味しいし、今まで通りのパンの方が美味しいわ。バターたっぷりつけて、カリカリに焼いて...匂いが違うのよね。
でもそれも多分、無神経に便利で、楽する暮らしを続けた結果ですものね。ま、自己満足ですけれど、かなりアナログな暮らしが平気な西欧人文化のこの国に来たから、少しは長くまだ食べられるかしらね。

あらっ、セージまだ作業が残っているんでしょう?早く終わらせて、帰りましょう。セージは汗流して、ゆっくりしましょうね。

美味しいパンとチーズとオリーブなど食べられるうちに食べておかないとね。

💖~~~~~~~~~~~~~~~~~~💕

結構食いしん坊なMrsSugarなのです。もしそれでも健康に問題がなければ、パンとチーズと、オリーブの実と、ソーセージや、ラムチョップなどの食事が大好きなので、そればかりでもよいと思って居る位なのです。

でも現実も認めないとなので、プランテーション作業なども、行けば楽しくやってくるのです。くよくよしても、どうなるものではありませんからね。出来る範囲でエコ暮らし実行するだけです。

                            Storyteller@Sugar